2018
Articles
Stephen Wright Horn, Alastair Butler, Iku Nagasaki and Kei Yoshimoto. “Derived mappings for FrameNet construction from a parsed corpus of Japanese.” LREC 2018 Proceedings, International FrameNet Workshop, 11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference, 7-12 May, 2018, Miyazaki, Japan. 28-32, 2018.
長崎郁, アラステア・バトラー, スティーブン・ライト・ホーン, プラシャント・パルデシ, 吉本啓. 「統語解析情報付きコーパス検索用インタフェースの開発」 『言語処理学会第24回年次大会発表論文集』 1123-1126.
鈴木莉子, 高山沙也加, 北川舞, 田中リベカ, 峯島宏次, 戸次大介. 「「NP1のNP2」の意味情報のアノテーション」 『言語処理学会第24回年次大会発表論文集』 424-427.
Prashant Pardeshi. “Transitivity in Japanese from a typological perspective.” In: Handbook of Japanese Contrastive Linguistics (HANDBOOKS OF JAPANESE LANGUAGE AND LINGUISTICS [HJLL] Series, Volume 6), 15-56. Berlin/Boston: De Gruyter Mouton.
Database etc.
鈴木彩香, 窪田悠介, プラシャント・パルデシ. 「NPCMJパターンブラウザ(試行版)」. 2018年3月5日公開.
Bjarke Frellesvig, Stephen Horn, et al. “Oxford-NINJAL Corpus of Old Japanese.” 2018年5月18日公開.
Presentations
Ayaka Suzuki. “Temporal interpretations and tense forms of the toki-clause.” The English Linguistic Society of Japan 11th International Spring Forum, Hokkaido University. 2018年5月13日.
Misato Ido “Licensing of adverbial NPIs beyond clause boundaries.” The English Linguistic Society of Japan 11th International Spring Forum, Hokkaido University. 2018年5月13日.
Nobuyoshi Miyoshi. “Distribution of non-restrictive adnominal clause in different text genres.” The English Linguistic Society of Japan 11th International Spring Forum, Hokkaido University. 2018年5月13日.
Yusuke, Kubota. “Using treebanks for linguistic research.” The English Linguistic Society of Japan 11th International Spring Forum, Hokkaido University. 2018年5月13日.
Ayaka Suzuki. “Corpus-based investigations of the temporal interpretations of the toki-clause.” Workshop on Conceptual and Methodological Alternatives in Theoretical Linguistics, University of Tsukuba. 2018年3月21-22日.
Yusuke Kubota. “Reconsidering the Coordinate Structure Constraint once again: Corpus-based evidence.” Workshop on Conceptual and Methodological Alternatives in Theoretical Linguistics, University of Tsukuba. 2018年3月21-22日.
鈴木莉子, 高山沙也加, 北川舞, 田中リベカ, 峯島宏次, 戸次大介. 「「NP1のNP2」の意味情報のアノテーション」 言語処理学会第24回年次大会, 岡山. 2018年3月13日.
アラステア・バトラー, 長崎郁, スティーブン・ライト・ホーン, プラシャント・パルデシ, 吉本啓. 「統語解析情報付きコーパス検索用インタフェースの開発」 言語処理学会第24回年次大会ポスター発表, 岡山. 2018年3月15日.
Yusuke Kubota. “Treebanks and theoretical linguistics research.” Seminar in Linguistics, University of Tsukuba. 2018年2月22日.
Posters
Stephen Wright Horn, Alastair Butler, Iku Nagasaki and Kei Yoshimoto. “Derived mappings for FrameNet construction from a parsed corpus of Japanese.” LREC 2018, International FrameNet Workshop, 7-12 May 2018, Miyazaki, Japan.
Events
Workshop: Using treebanks for linguistic research. The English Linguistic Society of Japan 11th International Spring Forum, Hokkaido University. 2018年5月13日.
Conceptual and Methodological Alternatives in Theoretical Linguistics. University of Tsukuba, 2018年3月21-22日.
2017
Articles
Ribeka Tanaka, Koji Mineshima and Daisuke Bekki. “Factivity and Presupposition in Dependent Type Semantic.” Journal of Language Modelling5(2): 25-42.
Stephen Wright Horn. 「アノテーション方式とインタフェース」日本語文法学会第18大会発表予稿集. 122-131. 2017年11月25日.
Alastair Butler and Stephen Wright Horn. “Annotating syntax and lexical semantics with(out) indexing.” Proceedings of Logic and Engineering of Natural Language Semantics.
窪田悠介. 「統語構造アノテーション支援ツールの開発」 『国立国語研究所論集』13: 107-125.
窪田悠介. 「ツリーバンク検索への「UNIX 的」アプローチ」 言語資源活用ワークショップ2017発表論文集. 191-202. 2017年9月5-6日.
宮田 Susanne. 「形態素からみた形容詞の獲得 ― 日本語を母語とする幼児の発話データを解析して ―」 『健康医療科学研究』 25-42.
窪田悠介. 「統語構造アノテーション支援ツールの開発」 国立国語研究所論集 13. 107-125.
Stephen Wright Horn, Alastair Butler and Kei Yoshimoto. “Keyaki Treebank segmentation and part-of-speech labelling.” 『言語処理学会第23回年次大会予稿集』 414-417.
周振, Alastair Butler, 吉本啓. 「中国語名詞句の内部構造について」 『言語処理学会第23回年次大会予稿集』 46-49.
Presentations
Susan Pintzuk. “Adding linguistic information to parsed corpora.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Alastair Butler, Stephen Wright Horn and Iku Nagasaki. “Seeding lexical semantics: resources using parsed corpora.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Anthony Kroch and Beatrice Santorini. “Evidence for Two Kinds of OV Word Order.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Yusuke Kubota and Ai Kubota. “A case study on the Coordinate Structure Constraint in Japanese.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Hideki Kishimoto and Prashant Pardeshi. “Parsed Corpus as a source for testing generalizations in Japanese syntax.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Kei Yoshimoto and Akiko Takahashi. “Exploiting coreferential information in NPCMJ for L2 reading of Japanese texts.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
吉本啓 「イントロダクション」 日本語文法学会第18回大会 パネルセッション「統語・意味解析情報をタグ付けした日本語コーパスの開発 ―アノテーションの方法と文法研究への応用―」. 筑波大学, 2017年12月3日.
長崎郁 「ケース・スタディ」 日本語文法学会第18回大会 パネルセッション「統語・意味解析情報をタグ付けした日本語コーパスの開発 ―アノテーションの方法と文法研究への応用―」. 筑波大学, 2017年12月3日.
スティーブン, ライト, ホーン. 「アノテーション方式とインタフェース」 日本語文法学会第18回大会 パネルセッション「統語・意味解析情報をタグ付けした日本語コーパスの開発 ―アノテーションの方法と文法研究への応用―」. 筑波大学, 2017年12月3日.
Alastair Butler, Stephen Wright Horn. “Annotating syntax and lexical semantics with(out) indexing.” Logic and Engineering of Natural Language Semantics 14, Bunkyo School Building in University of Tsukuba, 2017年11月15日.
吉本啓. 「統語・意味解析コーパス NPCMJ のアノテーション」 第85回NINJALコロキウム. 国立国語研究所, 2017年11月14日.
鈴木彩香. 「NPCMJコーパスを用いた研究事例 ―実例から見るトキ節のテンス解釈 ―」「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 神戸大学, 2017年11月4日.
井戸美里. 「NPCMJコーパスを用いた研究事例 ―否定極性項目の節を超えた認可と副詞タイプについて ―」プロジェクト共同研究発表会. 神戸大学, 2017年11月4日.
Yusuke Kubota and Koji Mineshima (2017) From Keyaki to ABC: A treebank conversion project. プロジェクト共同研究発表会. 神戸大学, 2017年11月4日.
Alastair Butler, Stephen Wright Horn, Susanne Miyata, Zhou Zhen and Kei Yoshimoto “Parsed corpus annotation (ad)ventures.” プロジェクト共同研究発表会. 神戸大学, 2017年11月4日.
窪田悠介. 「ツリーバンク検索への「UNIX 的」アプローチ」 言語資源活用ワークショップ. 国立国語研究所, 2017年9月6日. [発表資料] [発表論文]
峯島宏次. 「形式意味論と自然言語処理」 NLP若手の会 (YANS) 第12回シンポジウム. 沖縄, 2017年9月3日.
井戸美里, 鈴木彩香, 窪田悠介. 「NPCMJコーパスの言語研究への活用:展望と課題」 東海意味論研究会. 名古屋学院大学, 2017年7月23日. [発表資料]
井戸美里, 鈴木彩香, 窪田悠介. 「事例研究」 東海意味論研究会. 名古屋学院大学, 2017年7月23日. [発表資料]
宮田 Susanne. 「文法発達段階のランドマーク ―代表的な助詞および動詞活用形の獲得順序から見て―」 日本コミュニケーション障害学会第43回学術講演会 (シンポジウム1「日本語の言語発達のランドマーク」). 愛知淑徳大学星が丘キャンパス, 2017年7月8日.
Toshiyuki Ogihara. “Japanese, English and Polish and the Typology of Tense.” 「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」共同研究発表会・講演会. 国立国語研究所, 2017年6月9日.
Stephen Wright Horn, Alastair Butler and Kei Yoshimoto. “Keyaki Treebank segmentation and part-of-speech labelling.” 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017). 筑波大学, 2017年3月15日. [発表論文]
周振, Alastair Butler, 吉本啓. 「中国語名詞句の内部構造について」 言語処理学会第23回年次大会 (NLP2017). 筑波大学, 2017年3月14日. [発表論文]
プラシャント・パルデシ. 「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 東北大学, 2017年年3月4日.
岸本秀樹. 「教材開発と構造体コーパス:現状と課題」「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 東北大学, 2017年年3月4日. 」[発表資料]
吉本啓. How to annotate what.「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 東北大学, 2017年年3月4日.
Stephen Wright Horn. Grammatical principles for annotation and query.「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 東北大学, 2017年年3月4日.
金城由美子. 「言語資料としての国会会議録」「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 東北大学, 2017年年3月4日.
岸山健. 「NPCMJを活用したWord2Vec語彙学習過程の改善」「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 東北大学, 2017年3月4日.
Stephen Wright Horn. “Constructing and Using the NINJAL Parsed Corpus of Modern Japanese.” Presented at East Asian Language Seminar, Faculty of Oriental Studies. University of Oxford, 31 January 2017.

Posters
Susanne Miyata and Alastair Butler. “Developing a model of typical Japanese grammar development: The role of parsed corpora and parsing programs.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Alastair Butler and Stephen Wright Horn. “Treebank Semantics parsed corpus series.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Yumiko Kinjo and Iku Nagasaki. “The -te aru construction in context: A corpus-based study of Standard Japanese.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Ayaka Suzuki and Misato Ido. “Examples of using the NPCMJ Corpus for theoretical linguistic studies.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Wataru Okubo. “Extracting complex expressions from a parsed corpus through post-processing techniques.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Zhen Zhou. “Analysis of Chinese noun phrase: On the difference between topic and subject.” Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing. 2017年12月9-10日.
Events
ワークショップ:Research Methods for the Penn Parsed Corpora of Historical English (PPCHE). 早稲田大学, 2017年12月12日.
NINJAL国際シンポジウム “Exploiting Parsed Corpora: Applications in Research, Pedagogy, and Processing”. 国立国語研究所, 2017年12月9-10日.
日本語文法学会第18回大会パネルセッション「統語・意味解析情報をタグ付けした日本語コーパスの開発 ―アノテーションの方法と文法研究への応用―」. 筑波大学, 2017年12月3日.
「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 神戸大学, 2017年11月4日.
統語・意味解析コーパス(NPCMJ)チュートリアル. 神戸大学, 2017年11月4日.
統語・意味解析コーパス(NPCMJ)チュートリアル. お茶の水女子大学, 2017年11月1日.
第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会. 愛知淑徳大学星が丘キャンパス, 2017年7月8日.
第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会 シンポジウム1「日本語の言語発達のランドマーク」 愛知淑徳大学星が丘キャンパス, 2017年7月8日.
統語・意味解析コーパス(NPCMJ)チュートリアル. 慶應義塾大学, 2017年7月6日.
「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会・講演会. 国立国語研究所, 2017年6月9日
「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」プロジェクト共同研究発表会. 国立国語研究所, 2017年3月4日.
Database etc.
窪田悠介. 統語構造アノテーション支援ツール「けやきモード」 2017年7月公開.
Stephen Horn and Alastair Butler. “The Man’yoshu97 Parsed Corpus”. 2017年5月18日公開.
Masayuki Yokoyama and Susanne Miyata. “Japanese – Yokoyama Corpus”.
Awards
大伴清, 宮田 Susanne, 白井恭弘. 「動詞の語尾形態素の獲得過程―獲得の順序性と母親からの言語的入力との関連性―」,第26回日本発達心理学会学会賞,日本発達心理学会. 2017年3月26日.
2016
Articles
プラシャント バルデシ. (2016) 「まとめと将来の展望」ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」『日本言語学会第153回大会予稿集』446-447.
バトラー, アラステア, 窪田愛, 窪田悠介 (2016) 「デモンストレーション」ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」『日本言語学会第153回大会予稿集』440-445.
吉本啓. (2016) 「アノテーション方式とコーパスの特色」ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」『日本言語学会第153回大会予稿集』434-439.
バルデシ, プラシャント (2016) 「イントロダクション」 ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」『日本言語学会第153回大会予稿集』 428-433.

Alastair Butler. (2016) From meaning representations to syntactic trees. In: Proceedings of the Thirteenth International Workshop of Logic and Engineering of Natural Language Semantics13 (LENLS13), 147-160.
アラステア バトラー,, 吉本啓, 岸本秀樹, プラシャント パルデシ. (2016)「統語・意味解析情報付き日本語コーパスのアノテーション」 『言語処理学会第22回年次大会 発表論文集』 589-592. 東北大学, 2016年3月9日.

Presentations
吉本啓. 「統語・意味解析情報を伴う日本語コーパスの開発とその日本語教育・学習への応用」 台湾日本語言文藝研究学会第15回定例学会. 長栄大学, 台南, 2016年12月17日.
プラシャント パルデシ. 「イントロダクション」 日本言語学会第153回大会 ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」. 福岡大学, 2016年12月4日.
[発表資料]
吉本啓. 「アノテーション方式とコーパスの特色」 日本言語学会第153回大会 ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」. 福岡大学, 2016年12月4日. [発表資料]
アラステア バトラー, 窪田愛, 窪田悠介. 「デモンストレーション」 日本言語学会第153回大会 ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」. 福岡大学, 2016年12月4日. [発表資料]
プラシャント パルデシ. 「まとめと将来の展望」 日本言語学会第153回大会 ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」. 福岡大学, 2016年12月4日.
[発表資料]
Alastair Butler. From meaning representations to syntactic trees. Presented at Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS 13). Keio University, 15 November 2016.
Alastair Butler, Ai Kubota, Shota Hiyama and Kei Yoshimoto. Treebank annotation of FraCaS and JSeM. Presented at Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS 13). NINJAL, 13 November 2016.
Alastair Butler. Parsed Corpus Semantics. Presented at New Landscapes in Theoretical Computational Linguistics. Ohio State University, USA, 15 October 2016.
Alastair Butler, Shiro Akasegawa, Prashant Pardeshi and Kei Yoshimoto. A parsed corpus of Japanese enriched to reach levels of semantic analysis. Presented at A parsed corpus of Japanese enriched to reach levels of semantic analysis. Brandeis University, Boston, USA, 2 September 2016.
窪田悠介. 「形式意味論と計算言語学の最近の動向」第13回東海意味論研究会. 名古屋学院大学, 2016年7月10日.
Alastair Butler (2016) Deterministic natural language generation from meaning representations for machine translation. Presented at 2nd Workshop on Semantics-Driven Machine Translation. The Sheraton San Diego Hotel & Marina, San Diego, California, 16 June 2016.
Events
国際ワークショップ:Unshared Task on Theory and System analysis with FraCaS, MultiFraCaS and JSeM Test Suites. 国立国語研究所, 2016年11月13日.
日本言語学会第153回大会ワークショップ「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの構築に向けて」. 福岡大学, 2016年12月4日.
Database etc.
Prashant Pardeshi, Kimi Akita. BCCWJコーパス検索ツールNLBにオノマト検索機能を追加. 2016年12月一般公開.
Alastair Butler. 「Keyaki TreebankおよびNINJAL Parsed Corpus for Modern Japanese (NPCMJ)検索・検出用のインターフェース」. 2016年11月公開.
2015
Alastair Butler, Shota Hiyama and Kei Yoshimoto. “Coindexed null elements for a Japanese parsed corpus.” 『言語処理学会第21回年次大会発表論文集』 708-711. 京都大学, 2015年3月18日
プラシャント パルデシ, Alastair Butler, 吉本啓, 岸本秀樹.「統語・意味解析情報付き日本語コーパスの開発」『言語処理学会第21回年次大会発表論文集』, pp.20-23, 京都大学, 2015年3月17日.
2014
Alastair Butler, 方采薇, 檜山祥太, 周振, 小菅智也, 吉本啓. 「統辞・意味情報を付加した日本語コーパスの構築 欅ツリーバンクプロトタイプについて」『言語処理学会第20回年次大会発表論文集』 904-907. 北海道大学, 2014年3月20日.
檜山祥太, 吉本啓, Alastair Butler. 「連体修飾節における曖昧性とその解決策の提案」『言語処理学会第20回年次大会発表論文集』674-677. 北海道大学, 2014年3月19日.
2013
吉本啓, 周振, 小菅智也, 大友瑠璃子, Alastair Butler. 「日本語ツリーバンクのアノテーション方針」『言語処理学会第19回年次大会発表論文集』924-927. 名古屋大学, 2013年3月15日.
2012
Alastair Butler, Tomoko Hotta, Ruriko Otomo, Kei Yoshimoto, Zhen Zhou, and Hong Zhu. “Keyaki Treebank: Phrase Structure with Functional Information for Japanese.” Presented at テキストアノテーションワークショップ. 国立情報学研究所, 2012年8月6~7日.
Related Research Achievements
2016
Alastair Butler. “DynamicPower at SemEval-2016 Task 8: Processing syntactic parse trees with a Dynamic Semantics core.” In: Proceedings of SemEval-2016. The 15th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies. Sheraton San Diego Hotel and Marina, San Diego, California, 17 June 2016.
Alastair Butler. “Deterministic natural language generation from meaning representations for machine translation.” In: Proceedings of the 2nd Workshop on Semantics-Driven Machine Translation. The 15th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies. Sheraton San Diego Hotel and Marina, San Diego, California, 16 June 2016.
Katsuhiko Hayashi, Jun Suzuki and Masaaki Nagata. “Shift-reduce Spinal TAG Parsing with Dynamic Programming”. 『人工知能学会論文誌』31(2).
竹野峻輔, 永田昌明, 山本和英. 「同一指示PROを考慮した空範疇検出の性能分析」 『言語処理学会第22回年次大会予稿集』. 453-456. (2016年3月) YouTube
2015
Alastair Butler. Linguistic Expressions and Semantic Processing: A Practical Approach. Springer. (2015年6月)
Alastair Butler (2015) Round trips with meaning stopovers. Presented at Workshop on Semantics-Driven Statistical Machine Translation, the Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics. China National Convention Center, Beijing, 30 July 2015.
Sho Hoshino, Yusuke Miyao, Katsuhito Sudoh, Katsuhiko Hayashi and Masaaki Nagata. “Discriminative Preordering Meets Kendall’s τ Maximization.” In: Proceedings of ACL-IJCNLP 2015. July 2015.
Shunsuke Takeno, Masaaki Nagata and Kazuhide Yamamoto. “Empty Category Detection using Path Features and Distributed Case Frames.” Presented at EMNLP-2015. September 2015. YouTube
Takaaki Tanaka and Masaaki Nagata. “Word-based Japanese typed dependency parsing with grammatical function analysis.” Presented at ACL-IJCNLP-2015. July 2015.
2014
Alastair Butler, 吉本啓. “Meaning representations from treebank annotation.” 『言語処理学会第20回年次大会発表論文集』1023-1026. 北海道大学, 2014年3月20日.
方采薇, Alastair Butler, 吉本啓. “Parsing Japanese with a PCFG treebank grammar.” 『言語処理学会第20回年次大会発表論文集』432-435. 北海道大学, 2014年3月18日.
田中貴秋, 永田昌明, 松崎拓也, 宮尾祐介, 植松すみれ. 「統語情報と意味情報を統合した日本語句構造ツリーバンクの構築」 『言語処理学会第20回年次大会予稿集』737-740.
2013
A. Butler, R. Otomo, Z. Zhou and K. Yoshimoto. “Treebank Annotation for Formal Semantics Research.” In: Motomura, Y., A. Butler and D. Bekki (eds.) New Frontiers in Artificial Intelligence, Lecture Notes in Computer Science 7856: 25-40. Berlin, Heidelberg: Springer.
Takaaki Tanaka and Masaaki Nagata. “Constructing a Practical Constituent Parser from a Japanese Treebank with Function Labels.” In: Proceedings of 4th Workshop on Statistical Parsing of Morphologically-Rich Languages (SPMRL 2013), 108-118.
2012
Alastair Butler, Zhen Zhou and Kei Yoshimoto. “Problems for Successful Bunsetsu based Parsing and Some Solutions.” 『言語処理学会第18回年次大会発表論文集』951-954. 広島市立大学, 2012年3月16日.
Alastair Butler and Kei Yoshimoto. “Banking Meaning Representations from Treebanks.” In: Linguistic Issues in Language Technology 7. CSLI Publications.