Corpus overview Tags String search Tree search
Credits
日本語
ABC

      About analysis view      Context     

216 aozora_Edogawa-1929  217 aozora_Edogawa-1929  218 aozora_Edogawa-1929

IP-MAT CONJ それからと申すもの PU PP-SBJ NP N P-OPTR IP-ADV-CONJ PP-OB1 NP PP NP PP NP D この N 眼鏡 P-ROLE N P-ROLE IP-REL NP-SBJ *T* ADJI 美しい N P-ROLE VB 忘れ VB2 られ NEG PU PP-SCON IP-ADV NP-PRD IP-REL NP-SBJ *T* ADVP ADV 極々 ADJN 内気 AX N ひと AX でし AXD P-CONN から PU PP-OB1 NP IP-REL NP-SBJ *T* ADJN 古風 AX N 恋わずらい P-ROLE VB わずらい VB2 始め AXD FN AX VB2 ござい AX ます PU それからと申すもの 、 兄 は この 眼鏡 の 中 の *T* 美しい 娘 が 忘れ られ ず 、 *T* 極々 内気 な ひと でし た から 、 *T* 古風 な 恋わずらい を わずらい 始め た の で ござい ます 。 CP-FINAL FRAG PP IP-ADV PP-CONJ IP-ADV PP-SBJ NP PP NP N P-ROLE N お人 P-OPTR VB お笑い VB2 なさる MD かも知れません P-CONN PU IP-ADV-CONJ PP-SBJ NP PP NP D その N P-ROLE N 人間 P-OPTR PU ADVP ADJN AX ADVP-CMPL ADV おっとり VB AXD FN もの AX でし P-CONN PU NP-SBJ *pro* NP-PRD IP-EMB PP-SBJ NP IP-REL NP-SBJ *T* IP-ADV-CONJ PP-OB1 NP IP-REL NP-OB1 *T* NP-SBJ *pro* PP NP N 行きずり P-ROLE NP-ADV N 一目 VB AXD N P-ROLE VB VB0 P-CONN PU VB わずらいつい AXD N P-OPTR など P-OPTR ADJI 多かっ AXD N 時代 AX VB2 ござい AX ます P-CONN から P-FINAL PU 今 の お人 は お笑い なさる かも知れません が 、 その 頃 の 人間 は 、 誠 に おっとり し た もの でし て 、 *pro* *T* *T* *pro* 行きずり に 一目 見 た 女 を 恋 し て 、 わずらいつい た 男 など も 多かっ た 時代 で ござい ます から ね 。 IP-MAT IP-ADV-SCON NP-SBJ *arb* VB 云う P-OPTR までも ADJI-MD なく PU PP-SBJ NP N P-OPTR IP-ADV-CONJ PP-OB1 NP D そんな IP-REL NP-SBJ *T* NP-PRD IP-EMB PP-OB1 NP N ご飯 P-OPTR ADVP ADV ろくろく VB たべ VB2 られ NEG ない N AX PU IP-REL NP-SBJ *T* VB 衰え AX N 身体 P-ROLE VB 引きずっ P-CONN PU CONJ CP-THT-ADV CP-QUE IP-SUB PP-SBJ NP IP-EMB PP-SBJ NP D その N P-ROLE PP-OB1 NP PP NP NPR 観音様 P-ROLE N 境内 P-ROLE VB 通りかかる N こと P-OPTR VB あろ AX P-FINAL P-COMP PP NP IP-REL NP-SBJ *T* ADJI 悲しい N 空頼み P-ROLE から PU NP-TMP Q 毎日毎日 PU PP-CONJ IP-ADV IP-ADV-SCON NP-SBJ *pro* NP-PRD PP NP N 勤め P-ROLE N AX PU PP NP NPR 十二階 P-ROLE VB 昇っ P-CONN P-OPTR PU PP-OB1 NP N 眼鏡 P-ROLE VB 覗い P-CONN VB2 AXD FN AX VB2 ござい AX ます PU *arb* 云う までも なく 、 兄 は そんな *T* ご飯 も ろくろく たべ られ ない 様 な 、 *T* 衰え た 身体 を 引きずっ て 、 又 その 娘 が 観音様 の 境内 を 通りかかる こと も あろ う か と *T* 悲しい 空頼み から 、 毎日毎日 、 *pro* 勤め の 様 に 、 十二階 に 昇っ て は 、 眼鏡 を 覗い て い た 訳 で ござい ます 。