コーパス概要 タグ 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      分析表示について      コンテキスト表示                クエリ作成      SVG 画像 括弧付きツリー XML ツリー

716 aozora_Harada-1960

IP-MAT PP-CONJ IP-ADV PP-SCON IP-ADV CP-THT-OB1 multi-sentence IP-MAT NP-ADV PP NP N P-ROLE N ところ NP;*SBJ* WPRO P-OPTR PP-SBJ NP IP-REL NP-SBJ *T* ADJN 異常 AX N こと P-ROLE VB 起っ P-CONN VB2 いる FN わけ AX P-OPTR NEG ない PU IP-MAT NP-LGS *pro* ADVP ADV ただ PP-SBJ NP IP-REL NP-SBJ *T* NP-PRD CONJP NP NUMCLP NUM CL NP NUMCLP NUM CL AX N 家具 P-ROLE VB 置き変え PASS られる P-OPTR だけ AX PU P-COMP PP-SBJ NP† NPR グレゴール P-OPTR PP-MSR NP NUMCLP WNUM CL P-OPTR PP-OB2 NP† PRO 自分 P-ROLE VB 言い聞かせ AXD P-CONN にもかかわらず PU PP-SBJ NP† PRO P-OPTR ADVP ADJI まもなく IP-SMC NP-OB1 *pro* VB みとめ NEG ない FN わけ P-ROLE P-OPTR VB2 いか NEG なく VB なっ AXD FN AX P-CONN PU NP-SBJ† *pro* PP-SCON IP-ADV IP-ADV-CONJ PP-SBJ NP PRN NP CONJP NP IP-ADV PP-SBJ NP D この N 女たち P-ROLE IP-ADV-CONJ VB P-CONN たり VB 入っ P-CONN たり PU CONJP NP PP NP PRO 彼女ら P-ROLE PNL 小さな N かけ声 PU NP IP-EMB PP NP PP NP N P-ROLE N P-ROLE PP-SBJ NP N 家具 P-ROLE VB きしむ N PU PRO それら P-OPTR IP-ADV-SCON ADVP ADV まるで NP-PRD PP NP IP-REL NP-SBJ *T* PP NP N 四方 P-ROLE から PP-OB1 NP N P-ROLE VB 増し P-CONN VB2 いく N 大群集 P-ROLE N よう AX PP-OB1 NP† PRO P-ROLE VB 働きかけ PU NP-SBJ† *pro* IP-ADV-SCON PP-OB1 NP CONJP NP N P-CONN NP N P-CONN P-ROLE ADVP ADV しっかと VB ちぢめ P-CONN PP-OB1 NP N 身体 P-ROLE PP NP N P-ROLE PP ADVP ADV ぴったり P-ROLE VB つけ P-CONN VB2 AXD P-CONN けれども PU CP-THT IP-SUB PP-SBJ NP† PRO おれ P-OPTR ADVP ADV もう PP-OB1 NP PP NP D こうした N こと P-ROLE Q すべて P-ROLE VB 我慢 VB0 でき NEG なく VB2 なる MD だろう PU P-COMP IP-SMC PP-SCON-CND IP-ADV ADVP-CMPL WADV どう VB P-CONN P-OPTR PP NP† PRO 自分 P-ROLE VB 言い聞かせ NEG ない P-CONN P-OPTR VB2 VB2 られ NEG なく VB なっ AXD PU 実 の ところ 何 も *T* 異常 な こと が 起っ て いる わけ で は ない 、 *pro* ただ *T* 一 つ 二 つ の 家具 が 置き変え られる だけ だ 、 と グレゴール は 何 度 か 自分 に 言い聞かせ た にもかかわらず 、 彼 は まもなく *pro* みとめ ない わけ に は いか なく なっ た の だ が 、 *pro* この 女たち の 出 たり 入っ たり 、 彼女ら の 小さな かけ声 、 床 の 上 で 家具 の きしむ 音 、 それら は まるで *T* 四方 から 数 を 増し て いく 大群集 の よう に 彼 に 働きかけ 、 *pro* 頭 と 脚 と を しっかと ちぢめ て 身体 を 床 に ぴったり と つけ て い た けれども 、 おれ は もう こうした こと の すべて を 我慢 でき なく なる だろう 、 と どう し て も 自分 に 言い聞かせ ない で は い られ なく なっ た 。