Corpus overview Tags String search Tree search
Credits
日本語
ABC

      About analysis view      Context     

838 aozora_Harada-1960  839 aozora_Harada-1960

IP-MAT CONJ ところで PU PP-SCON-CND IP-ADV NP-SBJ *exp* ADVP ADV たとい CP-THT-OB1 IP-SUB IP-ADV-CONJ NP-TMP N PP-SBJ NP NPR グレゴール P-ROLE PP NP PP NP D その N P-ROLE N ため P-ROLE PP-OB1 NP IP-EMB PP-OB1 NP N 身体 P-ROLE VB 動かす N こと P-ROLE ADVP ADV おそらく ADVP ADJN 永久 AX VB でき NEG なく VB2 なっ P-CONN VB2 しまっ P-CONN PU PP-TMP NP PP NP N P-ROLE N ところ P-OPTR PP-OB1 NP IP-EMB NP-SBJ† *pro* IP-ADV-CONJ PP-OB1 NP PP NP N 部屋 P-ROLE N なか P-ROLE VB 横切っ P-CONN VB はい歩く N ため P-ROLE IP-ADV-SCON NP-SBJ *pro* ADVP ADV まるで NP-PRD PP NP IP-REL NP-SBJ *T* VB 年老い AX N 傷病兵 P-ROLE N よう AX PP-SBJ NP IP-REL NP-SBJ *T* ADVP ADV とても ADJI 長い N 時間 P-ROLE VB かかる P-COMP VB いっ P-CONN P-OPTR PRN PUL ―― IP-MAT NP-SBJ† *pro* PP-OB1 NP IP-EMB PP-OB1 NP CP-THT IP-SUB NP-SBJ† *pro* PP-OB1 NP IP-REL NP-SBJ *T* ADJI 高い N ところ P-ROLE VB はい廻る P-OPTR など P-COMP という N こと P-OPTR ADVP-1 ADV とても VB 考える N こと P-ROLE ADVP *ICH*-1 VB でき NEG なかっ AXD PUR ―― PU PP-SBJ NP PP NP† PRO 自分 P-ROLE N 状態 P-ROLE PP NP IP-EMB PP NP D こんな N ふう P-ROLE VB 悪化 VB0 AXD N かわり P-ROLE PU PP NP PP NP† PRO P-ROLE N 考え P-ROLE によれば PP-LGS NP PP NP N つぎ P-ROLE N P-ROLE ADVP ADJN 十分 AX VB つぐなわ PASS れる FN AX PU ところで 、 *exp* たとい 今 グレゴール が その 傷 の ため に 身体 を 動かす こと が おそらく 永久 に でき なく なっ て しまっ て 、 今 の ところ は *pro* 部屋 の なか を 横切っ て はい歩く ため に *pro* まるで *T* 年老い た 傷病兵 の よう に *T* とても 長い 時間 が かかる と いっ て も ―― *pro* *pro* *T* 高い ところ を はい廻る など という こと は とても 考える こと が *ICH*-1 でき なかっ た ―― 、 自分 の 状態 が こんな ふう に 悪化 し た かわり に 、 彼 の 考え によれば つぎ の 点 で 十分 に つぐなわ れる の だ 。 IP-MAT ADVP ADV つまり PU IP-ADV-CONJ NP-LGS *pro* PP-SBJ NP IP-REL NP-OB1 *T* PP-SBJ NP† PRO P-ROLE PP NP ADV つい CONJP NP NUMCLP NUM PU NUMCLP NUM CL 時間 N P-ROLE P-OPTR PP-TMP NP WPRO いつ P-OPTR でも ADVP ADV じっと VB 見守っ P-CONN VB2 AXD PP NP N 居間 P-ROLE N ドア P-ROLE VB 開け PASS られ PU PP NP D その N ため P-ROLE PP-SBJ NP† PRO P-OPTR NP-ADV IP-EMB PP-LOC NP PP NP PP NP PP NP† PRO 自分 P-ROLE N 部屋 P-ROLE N 暗がり P-ROLE N なか P-ROLE VB 横たわっ AX N まま PU IP-ADV-SCON PP NP PP NP N 居間 P-ROLE N ほう P-ROLE から P-OPTR PP-SBJ2 NP N 姿 P-ROLE VB 見え NEG PU PP NP CP-THT IP-SUB NP-SBJ† *pro* IP-ADV-CONJ PP NP PP NP† PRO 自分 P-ROLE N ほう P-ROLE から P-OPTR PP-OB1 NP IP-REL NP-SBJ *T* PP NP PP NP IP-EMB PP-OB1 NP N 明り P-ROLE VB つけ AXD N テーブル P-ROLE N まわり P-ROLE VB 集っ P-CONN VB2 いる N 家族 PRN NP;* Q 全員 P-ROLE VB P-CONN たり PU CONJ また IP-ADV-SCON NP-LGS *pro* ADVP ADV いわば VB 公認 PASS VB2 P-CONN PP-OB1 NP PP NP PRO 彼ら P-ROLE N P-ROLE PP NP IP-EMB PP NP N 以前 P-ROLE P-OPTR ADVP ADV まったく VB ちがっ AX N ふう P-ROLE VB 聞い P-CONN たり VB2 P-CONN P-OPTR ADJI-MD よい P-COMP という N こと P-ROLE VB なっ AXD FN AX だっ AXD PU つまり 、 *pro* *T* 彼 が つい 一 、 二 時間 前 に は いつ でも じっと 見守っ て い た 居間 の ドア が 開け られ 、 その ため に 彼 は 自分 の 部屋 の 暗がり の なか に 横たわっ た まま 、 居間 の ほう から は 姿 が 見え ず 、 *pro* 自分 の ほう から は *T* 明り を つけ た テーブル の まわり に 集っ て いる 家族 全員 を 見 たり 、 また *pro* いわば 公認 さ れ て 彼ら の 話 を 以前 と は まったく ちがっ た ふう に 聞い たり し て も よい という こと に なっ た の だっ た 。