コーパス概要 タグ 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

essay_aobascientia21_Sakanoi2014のコンテキスト表示

タイトル ハワイに惑星大気観測専用望遠鏡T60観測施設を開所
Title Hawai ni wakusee taiki kansoku sen'yoo booenkyoo tii rokujuu kansokushisetsu o kaisho
筆者 坂野井健
author Sakanoi, Takeshi
年/year 2014
出典 aoba scientia 2014.12
source Aoba scientia 2014.12
genre essay
subcorpus Academic Essay


 1ハワイ に 惑星大気観測専用望遠鏡T60観測施設 を 開所
 2惑星プラズマ・大気研究センター
 3惑星分光観測研究部門
 4准教授
 5坂野井健
 6惑星プラズマ・大気研究センター は 、 1999 年 より 福島県 飯舘村 において 、 国内唯一 の 惑星大気観測専用60cmカセグレン・クーデ望遠鏡 を 用い た 観測 と 教育活動 を 実施 し て き まし た 。
 7しかし 、 2011 年 3 月 11 日 の 震災 に 伴う 原子力発電所事故 により 、 空間放射線量 が 毎時 6.5 マイクロシーベルト に 達し 、 長時間滞在 を 要する 望遠鏡観測 が 困難 と なり まし た 。
 8この ため 、 望遠鏡 の 代替地 を 検討 し 、 ハワイ ・ マウイ島 ハレアカラ山頂 が 最適 と 判断 し まし た 。
 92011 年 11 月 、 これ を ハワイ大学 に 打診 し た ところ 、 震災復興 の 助け に も なれ ば 、 と 快諾 を 得 まし た 。
 10ハレアカラ山頂 の 有利 な 点 は 、 標高 3000 m の 高山 に あり 水蒸気量 が 小さい こと 、 晴天率 が 約7 割 あり 計画的 な 観測 が 可能 で ある こと です 。
 11一方 で 、 山頂付近 は 州立公園 の 環境保護地区内 に ある ため 、 新しい 建物 の 建築 は 困難 です 。
 12この ため 、 既存 の ハワイ大学 の 建物 を 提供 し て もらい 、 これ を 改築 する 方針 と なり まし た 。
 13以来 、 望遠鏡 を 飯舘村 から ハレアカラ山頂 へ 移設 する プロジェクト を 開始 し まし た 。
 14工事許可 を 得る ため に 予想外 の 困難 に も 直面 する など 、 紆余曲折 が あり まし た が 、 その 都度 東北大学スタッフ に加えて ハワイ大学 や 現地 の 業者 と 協力 し て 問題 を 克服 し 、 移設プロジェクト を 推進 し て き まし た 。
 15本年 9 月 、 ハレアカラ山頂 において 工事 が 完了 し 、 新た な 「 惑星大気観測専用望遠鏡(T60)観測施設 」 を 用い て ファーストライトデータ を 取得 でき まし た 。
 169 月 8 日 に は 、 ハレアカラ山頂 において T60観測施設 の 開所式 が 催さ れ 、 東北大学理学研究科 から 早坂研究科長 、 石田事務部長 、 小原惑星プラズマ・大気研究センター長 はじめ 多く の 教員 と 事務スタッフ が 臨み 、 また ハワイ大学 から ヘイシンガー天文研究所長 や マクラーレン同副所長 、 東北大学退職 の のち 現在 ハワイ大 に 勤務 さ れ て いる 岡野先生 、 設計・建築工事業者 など 約30 名 の 関係者 が 集い まし た 。
 17式 は 、 先住民代表 デーン氏 の 詠唱 による 儀式 に 始まり まし た 。
 18式 に は 古来 より ハワイ で は お祝いごと に 使わ れる ティ の 葉 と 神聖 な 水 が 用い られ 、 辺り は 厳か な 雰囲気 に 包ま れ まし た ( その 葉 は 今 も 大切 に 望遠鏡設備 に 保管 し て あり ます ) 。
 19その 後 、 早坂研究科長 と ヘイシンガー所長 の スピーチ が あり 、 さらに 観測施設見学 が 行わ れ まし た 。
 20加えて 、 同日 午後 に 科学協力合意書 の 署名式 が ハワイ大学・天文学研究施設・マウイ先端技術研究センター にて 行わ れ まし た 。
 21早坂理学研究科長 と ヘイシンガー所長 により 合意書 に 署名 が さ れ 、 固い 握手 が 交わさ れ まし た 。
 22今回 の 開所式 と 署名式 に は 、 ユーザー の 研究者 のみ なら ず 多く の 関係者 に ご協力 を いただき 、 無事 かつ 楽しく 執り行う こと が でき 、 大変 感謝 し て おり ます 。
 23私 自身 、 震災後 に 稼働 を 停止 し た 飯舘 の 望遠鏡 が 、 ハレアカラ山頂 の ぴかぴか の 観測ドーム に 移設 さ れ た 姿 を 目の当たり に し 、 再び 観測 を 開始 し た こと に 深く 感じる もの が あり ます 。
 24飯舘村 の 方々 と の つながり を 今後 も 大切 に し つつ 、 ハレアカラ に 移設 さ れ た 望遠鏡 を 用い て 新た な 研究成果 を 創出 する こと を 目指し 、 今後 は 装置開発 や 観測 に 力 を 注い で いこ う と 決意 し て い ます 。