コーパス概要 タグ 語の依存関係 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

fiction_DICK-1952のコンテキスト表示

title:translation of "The Gun" by Philip K. Dick
date:2017
genre:fiction
source title:The Gun
source author:Philip K. Dick
source date:1952
source:Planet Stories September 1952 edition; Project Gutenberg, June 15, 2009. Produced by Greg Weeks, Stephen Blundell and the Online Distributed Proofreading Team (http://www.gutenberg.org/ebooks/29132)
terms of use:Creative Commons license


 1大砲
 2フィリップ・K・ディック 著
 3何一つ 動か ず 、 ぴくりと する もの も なかっ た 。
 4すべて が 静か で 、 死ん で い た 。
 5大砲 だけ が 生命 の 兆し を 現わし て い た 、、、
 6そして 侵入者たち は 常に それ を 破壊 し た 。
 7お宝 を 回収 する ため の 復路 は 、 朝飯前 だ と 、 彼ら は 微笑ん だ 。
 8キャプテン は 望遠鏡 の レンズ を 覗き込ん だ 。
 9彼 は 焦点 を 素早く 調整 し た 。
 10「 我々 が 見 た の は 原子核分裂 だっ た の だ な 、 わかっ た よ 。 」 と やがて 彼 は 言っ た 。
 11キャプテン は ため息 を つき 、 レンズ を 押し遣っ た 。
 12「 見 たい 人 は どうぞ 、
 13あまり いい 眺め で は ない が ね 。 」
 14「 私 に も 」 と 、 考古学者 の テンス は 言っ た 。
 15彼 は 屈み 目 を 細め て レンズ を 覗い た 。
 16「 あぁ なんて こと だ ! 」
 17彼 は 激しく 飛退き 、 後ろ に い た チーフナビゲーター の ドール を 突き飛ばし て しまっ た 。
 18「 どうして 我々 は 、 わざわざ ここ まで やって来 た ん だ よ ? 」
 19ドール は 仲間 を 見回し て 尋ね た 。
 20「 着陸 し て も 意味 が ない 。
 21すぐ に 戻ろ う 。 」
 22「 多分 、 彼 は 正しい 」 と 生物学者 は そっと つぶやい た 。
 23「 だが 、 自分 の 目 で 確認 さ せ て もらい たい の だ が 、 いい かね 」
 24彼 は テンス を 押しのけ て 、 覗き込ん だ 。
 25彼 は 、 茫漠 と し て 、 惑星 の 端 まで 、 どこ まで も 続く 灰色 の 地表 を 見 た 。
 26最初 、 彼 は それ が 水 だ と 思っ た が 、 すぐ 彼 に は それ が 、 突き出 た 岩 の 小山 によって 周期的 に 砕か れ た でこぼこ な 溶解鉱滓 だ と 解かっ た
 27ぴくりと 動く もの でさえ 何 も なかっ た 。
 28全て は 静寂 で 、 死ん だ よう で あっ た 。
 29「 なるほど 」 と 、 生物学者 の フォーマー は レンズ から 離れ ながら 言っ た 。
 30「 まあ 、 あそこ で は 、 豆 一 粒 も 見つかり っこない 。 」
 31彼 は 笑お う と し た が 、 唇 は 動か ない まま だっ た 。
 32彼 は 少し 離れ て 、 一人 立ち 、 仲間 の 向こう先 を 見つめ て い た 。
 33「 大気中 の サンプル は 何 を 示す だろう 」 と テンス が 言っ た 。
 34「 私 が 推測 する に 」
 35キャプテン は 答え た 。
 36「 大気 の ほとんど は 毒 さ れ て いる 。
 37だが 、 我々 は 、 これ を すべて 予想 し て い なかっ た って ?
 38だから 、 なぜ そんな に 驚い て いる の か わから ない よ 。
 39我々 の システム と 同様 に はるか 昔 の 核分裂 は 、 恐ろしい こと に 違い ない 。 」
 40キャプテン は 、 威厳 は ある が 無表情 な 様子 で 、 廊下 を 大股 で 歩い て 行っ た 。
 41彼ら は キャプテン が コントロールルーム に 消え て いく の を 見送っ た 。
 42キャプテン が ドア を 閉める と 、 若い 女性 が 振り向い て 言っ た 。
 43「 望遠鏡 が 見せ た の は 、 良い こと ?
 44悪い こと な の かしら ? 」
 45「 悪い こと だろう ね 。
 46恐らく 、 生命体 は 存在 し ない だろう から 。
 47大気 も 汚染 さ れ 、 水 は 気化 し 、 土壌 は すべて 熱 で 熔解 し て いる 。 」
 48「 彼ら は 、 地下 に 身 を 隠し た の だろう ね ? 」
 49キャプテン は 、 船窓 を ずらし た 、
 50すると 船下 の 惑星 の 地表 が 見え た 。
 51彼ら の 内 の 二人 が 、 じっと 見下ろし た が 、 声 も 出 ず 、 動揺 し た 。
 52破壊 さ れ て い ない まま の 廃墟 が 何 マイル も 何 マイル も 続き 、 黒い 溶岩 、 でこぼこ と し た 穴 、 えぐれ た 細長い 溝 、 そして ところどころ に 岩山 が ある 。
 53突然 、 ナシャ が 飛び上がっ て 言っ た 。
 54「 見 て !
 55あそこ 、 あの 端 !
 56見える ? 」
 57彼ら は 見つめ た 。
 58何 か が 起き上がっ た 、
 59岩 で は ない 、
 60偶然 出来 た 形成 の もの で も ない 。
 61それ は 丸く 、 点 が 集まっ て 丸い 形 と なっ た 、 惑星 の 死ん だ 肌 の 上 に ある 白い 小さな 球状 の もの だっ た 。
 62都市 か ?
 63何 か の 建造物 か ?
 64「 船 の 向き を 変え て 」 と ナシャ が 興奮 し て 言っ た 。
 65彼女 は 顔 から 黒髪 を 掻き上げ た 。
 66「 船 の 向き を 変え て 、 あれ が 何 か を 確かめ ましょ う ! 」
 67船 は 向き を 変え 、 コース を 変更 し た 。
 68船 が 白い 点 の 集まり に 近づく と 、 キャプテン は 船 を 、 低く 、 思い切り 低く 飛行 さ せ た 。
 69「 桟橋 だ 。 」 と 彼 は 言っ た 。
 70「 石 か 何 か の 桟橋 だ 。
 71おそらく 人工石 を 注い だ もの だろう 。
 72都市 の 残骸 だろう 。 」
 73「 なんて こと 。 」
 74ナシャ は 呟い た 。
 75「 なんて 恐ろしい こと ! 」
 76彼女 は その 廃墟 が 視線 から 消える まで 見つめ て い た 。
 77半円形上 の ところ に 、 白い 四角 の 形 を し た もの が 溶岩 から 突き出 て 、 亀裂 が 入り 、 まるで 欠け た 歯 の よう に 見え た 。
 78「 生き て いる もの は 何 も ない 。 」 と ついに キャプテン は 言っ た 。
 79「 すぐ に 帰還 し よう 。
 80ほとんど の 乗組員 も そう 望ん で いる はず だ 。
 81政府受信局 に 連絡 し 、 我々 が 発見 し た もの を 伝え て おくれ 、
 82我々 が ----」
 83キャプテン は よろめい た 。
 84原子爆弾 の 破裂弾 の 一 発 が 船 を 打撃 し 、 その 衝撃 で 船 は 回転 し た 。
 85キャプテン は 床 に 倒れ 、 その 拍子 に コントロールテーブル に 激突 し た 。
 86テーブル の 上 に あっ た 書類 や 器具 など が 彼 の 上 に 降っ て き た 。
 87彼 が 立ち上がり 、 歩き 始め た 時 、 二 度目 の 攻撃 が き た 。
 88天井 が 割れ て 開き 、 支柱 や 梁 が ねじれ て 、 折れ た 。
 89船 は がたがた と 激しく 揺れ 、 急下降 し 、 その 後 自動操縦制御 に かわり 、 軌道修正 を し た 。
 90キャプテン は 壊れ た 制御盤 の そば の 床 に 横たわっ た 。
 91部屋 の 隅 で は 、 ナシャ が 破片 の 間 から 身体 を 抜く の に もがい て い た 。
 92外 で は 男たち が すでに 、 船内 の 隙間 から の 漏れ を 防ぐ 作業 を し て い た 。
 93その 隙間 から 、 貴重 な 空気 が 激しく 流れ出 て 、 空中 に 消散 し て い た 。
 94「 助け て ! 」
 95ドール は 叫ん で い た 。
 96「 火 が ここ まで 来 て 、 配線 に 火 が 点い て しまっ た 」
 972人 の 男達 が 走っ て き た 。
 98テンス は 何 も 出来 ずに 見 て いる だけ だっ た 、
 99というのも 彼 の 眼鏡 は 壊れ て 曲がっ て い た から だ 。
 100「 ここ に 命 が ある から 」
 101彼 は 半分 は 自分 に向かって 言っ た 。
 102「 しかし 、 一体 どう すれ ば ---- 」
 103「 手 を 貸し て 」
 104フォーマー は 、 急い で 通り過ぎ ながら 言っ た 。
 105「 手 を 貸し て 、
 106私たち は 船 を 着陸 さ せ なけれ ば なら ない の だ よ 。 」
 107夜 で あっ た 。
 108わずか な 星 が 頭上 に 輝き 、 惑星 の 地表 から 吹き上げ られ て 浮遊 し て いる 泥土 の 間 で きらめい て い た 。
 109ドール は 顔 を しかめ て 、 じっと 見上げ て い た 。
 110「 なんて 場所 に とらわ れ て しまっ た ん だろう ! 」
 111彼 は 再び 仕事 に 取り掛かり 、 屈曲 し て しまっ た 金属製 の 船体部分 を もと に 戻す ため 、 ハンマー で 打ちつけ た 。
 112彼 は プレッシャースーツ を 着 て い た 。
 113いまだ 多く の 小さな 漏れ が あり 、 大気 から 放出 さ れ た 放射性粒子 は すでに 船内 に 流れ込ん で い た 。
 114ナシャ と フォーマー は コントロールルーム の テーブル に 座っ て 、 顔色 は 青白く 神妙 な 面持ち で 、 在庫リスト を 調べ て い た 。
 115「 炭水化物 が 少ない な 」 と フォーマー は 言っ た 。
 116「 貯蔵 し て いる 脂肪 を 何 か に する こと が できる だろう けど 、 」
 117「 外 で 何 か を 見つける こと が できる かしら 。 」
 118ナシャ は 窓 の 方 に 行っ た 。
 119「 なんて 嫌 な 眺め な ん でしょう ! 」
 120彼女 は そわそわ と 行っ たり 来 たり し た 。
 121彼女 は 細身 で 小柄 で あっ た が 、 疲労 で 顔色 が 悪かっ た 。
 122「 調査グループ は 何 を 見つける と 思う ? 」
 123フォーマー は 肩 を すくめ た 。
 124「 あまり 見つけ られ ない と 思う 。
 125たぶん 、 あちこち の 亀裂 で 成長 し て いる ほんの 少し の 雑草 程度 じゃ ない かな 。
 126利用 でき そう な もの は 何 も ない と 思う 。
 127この 環境 に 適応 する もの は どれ も 毒性 が ある か 、 死 に 至る よう な もの ばかり よ 。 」
 128ナシャ は 作業 の 手 を 止め て 、 彼女 の 頬 を こすっ た 。
 129そこ に は 深い 傷 が あり 、 まだ 赤く 腫れ て い た 。
 130「 それなら どう 説明 する の ?
 131君 の 理論 によれば 、 住人 は まるで 芋 を 揚げる よう に 、 皮膚 を 焼き揚げ られ て 死ん で いっ た に 違い ない 。
 132じゃ 一体 誰 が 我々 を 射撃 し た の ?
 133誰 か が 我々 の 存在 を 感知 し 、 決断 を 下し 、 砲撃 を 向け た の だ 。 」
 134「 そして 射程距離 を 測定 し た 。 」 と キャプテン は 、 部屋 の 隅 の ベッド から 弱々しく 言っ た 。
 135キャプテン は 彼ら の 方 に 向い た 。
 136「 我々 を 悩まし て いる の は そこ なん た 。
 137第一 砲弾 は 、 我々 の 任務遂行 を 妨げ 、 二 回目 の 砲弾 は 、 我々 を 、 ほぼ 破壊 し た 。
 138彼ら は 狙い を うまく 、 そして 完全 に 定め た 。
 139私たち は それ ほど 簡単 な ターゲット で は ない 。 」
 140「 その 通り です 。 」
 141フォーマー が うなずい た 。
 142「 まあ 、 我々 が ここ を 出る 前 に は 、 答え が わかる だろう 。
 143なんて 奇妙 な 状況 な の だろう !
 144我々 の 総推論 は 、 生命 は 存在 せ ず 、 惑星 全体 は 燃え 果て 、 大気 そのもの も なくなり 、 完全 に 毒 に 侵さ れ た 状態 で ある という こと だ 。 」
 145「 弾丸 を 発射 し た 大砲 は 生き残っ た のに 、 なぜ 人 は い ない の ? 」 と ナシャ は 言っ た 。
 146「 人間 と 大砲 は 同じ で は ない よ 。
 147金属 は 、 呼吸 する ため に 空気 を 必要 と し ない 。
 148金属 は 、 放射性粒子 から 白血病 を 起こさ ない し 。
 149金属 は 、 食べ物 も 水 も 必要 と し ない よ 。 」
 150沈黙 が あっ た 。
 151「 パラドックス 。 」
 152ナシャ は 言っ た 。
 153「 とにかく 、 午前中 に 、 調査グループ を 送る べき だ と 思う わ 。
 154そして 一方 、 帰還 できる よう に 船 の 修理 も 継続 する 必要 も ある と 思う の 。 」
 155「 離陸 する まで に は 数 日 かかる だろう な 」 と フォーマー は 言っ た 。
 156「 全員 を ここ で 働か せ て おく べき だ よ 。
 157調査グループ を 送る 余裕 は ない 。 」
 158ナシャ は 少し 微笑ん だ 。
 159「 最初 の グループ で あなた を 送り出す わ 。
 160おそらく 、 あなた は 発見 する こと が できる でしょう ―
 161えっと 、 あなた が 、 興味 が ある の は 何 だっ た かしら ? 」
 162「 マメ科植物 。
 163食用豆類 。 」
 164「 多分 、 あなた は 食用豆類 を いく つ か 見つける こと が できる わ よ 。
 165ただ ー 」
 166「 ただ 何 ? 」
 167「 ただ 気を付け て !
 168彼ら は 私たち が 誰 な の か 、 また なぜ 私たち が ここ に 来 た の か も 知る こと も なく 、 一 度 は 私たち に 発砲 し た の だ から 。
 169彼ら は 互い に 戦い 合っ た と 思う ?
 170おそらく 彼ら は どんな 状況下 で も 、 自分 以外 の もの が 友好的 で ある と 想像 する こと は 出来 なかっ た の よ 。
 171なんて 奇妙 な 進化 の 特性 な ん でしょう !
 172種間 で の 争い 。
 173同族内 で の 戦い ! 」
 174「 朝 に なれ ば わかる だろう 。 少し 眠ろ う 」 と フォーマー が 言っ た 。
 175太陽 が 昇っ た 、
 176寒く て 、 平穏 な 朝 だっ た 。
 1773 人 の 人間 、 二人 の 男性 と 一人 の 女性 が ポート から 出 て 、 堅い 地面 に 飛び降り た 。
 178「 なんて 日 な ん だ ! 」
 179ドール は 不機嫌 に 言っ た 。
 180「 もう 一 度 堅い 地面 を 歩け れ ば 、 どんな に うれしい だろう と 言っ た けど 、 」
 181「 来 て 」
 182ナシャ は 言っ た 。
 183「 私 の そば に 来 て 。
 184ドール 、 あなた に 言い たい こと が ある の よ 、
 185ドール と 二人 で 話 を し て も いい ? テンス 」
 186テンス は むっつり と し て 頷い た 。
 187ドール は ナシャ に 追いつい た 。
 188彼ら は 並ん で 歩き 、 メタル製 の 靴 で 地面 を ざくざく と 踏み進ん で 行っ た 。
 189ナシャ は ドール を ちらりと 見 た 。
 190「 聞い て 。
 191キャプテン が 死に そう な の 。
 192この こと は 私たち の 2人 以外 は 誰 も 知ら ない の 。
 193この 惑星 の 一 日 が 終わる まで に 、 彼 は 死ん で しまう わ 。
 194ショック で 彼 の 心臓 が どうにか なっ て しまっ た の よ 。
 195キャプテン も 、 もう 60 歳 でしょう 。 」
 196ドール は 頷い た 。
 197「 最悪 だ ね 。
 198僕 は 彼 を 大いに 尊敬 し て いる 。
 199もちろん 君 は 彼 の あと 船長 に なる だろう 。
 200君 は 今 、 すでに 副キャプテン な ん だ から さ 。 」
 201「 だめ よ 。
 202私 以外 の 誰 か が キャプテン に なっ た 方 が いい わ 。
 203あなた か 、 フォーマー か 。
 204この 状況 を ずっと 考え て い た ん だ けど 、 私 は あなた達 と 同じ 立場 で ある べき だ と 思う の 。
 205あなた達 の どちら か は キャプテン に なり たい と 思っ て いる でしょう 、
 206それなら 私 は 責任 を 委ねる こと が できる 。 」
 207「 まあ 、 僕 は キャプテン に なり たく ない けど ね 。
 208フォーマー に さ せ て やっ て くれ 。 」
 209ナシャ は ドール を 観察 し た 、
 210彼 は 金髪 で 背 が 高く 、 プレッシャースーツ を 着 て 彼女 の そば を 大股 で 歩い て いる 。
 211「 私 は むしろ あなた を 気に入っ て る の 」 と 彼女 は 言っ た 。
 212「 少なくとも 、 一 度 は それ を 試し て み て も いい かも しれ ない 。
 213でも あなた の 好き な よう に し て 。
 214見 て !
 215僕たち は 何 か に 近づい て る よう だ よ 。 」
 216二人 は 、 テンス が 追いつく よう に 、 立ち止っ た 。
 217彼ら の 前 に は 、 廃墟 の 建造物 か の よう な もの が 現れ た 。
 218ドール は じっくり と 周り を 見渡し た 。
 219「 見える ?
 220この 場所 全体 は 自然 の 鉢 、 巨大 な 谷 の よう 。
 221岩 の 形態 の 様子 を 見 て !
 222岩 は すべて の 側 で 鋭く 立ち上がり 、 谷底 を 守っ て いる よ 。
 223多分 、 ここ は 何 発 か の 爆発 から 免れ た かも しれ ない 。 」
 224彼ら は 廃墟 を 歩き回り 、 小石 や 欠片 を 拾い集め た 。
 225「 ここ は 農場 だっ た ん じゃ ない かな 。 」
 226テンス が 木片 を 調べ ながら 言っ た 。
 227「 この 木片 は 風車小屋 の 一部 だっ た もの だ 。 」
 228「 本当 ? 」
 229ナシャ は 棒状 の 木片 を 取り 、 裏返し て 調べ た 。
 230「 興味深い わ 。
 231でも もう ここ を 出 ましょ う !
 232時間 が ない わ ! 」
 233「 ほら 、 」
 234ドール が 突然 指差し て 言っ た 。
 235「 あそこ の 、 ずっと 先 の 方 、 何 か ある だろう ? 」
 236ナシャ は 息 を のん だ 。
 237「 白い 石 」
 238「 えっ 何 ? 」
 239ナシャ は ドール を 見上げ た 。
 240「 白い 石 は 、 砕か れ た 巨大 な 歯 よ 。
 241キャプテン と 私 は コントロールルーム から 見 た わ 。 」
 242ナシャ は ドール の 腕 に 優しく 触れ た 。
 243「 あそこ から やつら が 撃っ て き た の よ 。
 244私たち が あの 近く に 着陸 し た と は 思わ なかっ た 。 」
 245「 なに か あっ た ? 」
 246テンス が やってき た 。
 247「 めがね が ない と ほとんど 何 も 見え ない ん だ よ 。
 248何 が 見える ん だ よ ? 」
 249「 都市 よ 。
 250あそこ から 攻撃 し て き た の よ 」
 251「 ああ ! 」
 252三 人 と も 並ん で 立っ て い た 。
 253「 さあ 、 もう 戻ろ う 。 」
 254テンス が 言っ た 。
 255あそこ で 発見 する もの なんて 何 も ない よ 。 」
 256ドール は テンス に しかめっ面 を し た 。
 257「 待っ て 。
 258我々 が 、 何 に 巻き込ま れ て いる の か 分から ない けれど 、 彼ら は 監視 し て いる に ちがい ない 。
 259それに 彼ら は 、 おそらく もう すでに 私たち の 存在 に 気が付い て いる 。 」
 260「 やつら は おそらく 我々 の 船 自体 を 見 た だろう 」 と テンス は 言っ た 。
 261「 船 を どこ で 見つけ られる か 、 どこ で 吹き飛ばせる の か 、 おそらく 今 で は 把握 し て いる だろう 。
 262だから いまさら 、 彼ら に 近づこ う が 、 近づく まい が そんな こと に 違い が ある の か ? 」
 263「 確か に 。 」
 264ナシャ が 言っ た 。
 265「 もし 彼ら が 私たち を 捕え よう と し たら 、 私たち に は 逃げる チャンス は ない わ 。
 266私たち に は 軍事力 は 全く ない もの 。
 267そう でしょう 」
 268「 ハンドガン なら 持っ て る よ 」
 269ドール が 頷い た 。
 270「 じゃ 、 それなら 行こ う よ 。
 271テンス 、 君 が 正しい と 思う よ 、 」
 272「 でも 、 ここ に とどまろ う よ 。
 273ナシャ 、 きみ は 急ぎ すぎ だ よ 」
 274テンス は いらいら し ながら 言っ た 。
 275ナシャ は 振り向い た 。
 276彼女 は 笑っ た 。
 277「 夜 に なる 前 に あの 場所 に 着こ う と する なら 、 急い で 行か なくっ ちゃ 」
 278彼ら は 午後 の 中ごろ に 、 都市 の はずれ に 到着 し た 。
 279黄色い 太陽 は 冷たく 、 色 の ない 空 から 彼ら の 頭上 に 迫っ て い た 。
 280ドール は 市街 を 見渡せる 尾根 の 頂上 で 立ち止まっ た 。
 281「 ほら 、 そこ だ よ 。
 282何 が 残さ れ て いる の かな 。 」
 283そこ に ほとんど 何 も 残っ て い なかっ た 。
 284彼ら が 見 た 巨大 な コンクリート の 歩道橋 は 実は 歩道橋 で は なく 、 廃墟 と なっ た 建物 の 基盤部分 の 残骸 で あっ た 。
 285それら は 灼熱 で 焼か れ 、 真っ黒焦げ に なっ て ほとんど 地面 に つき そう な ほど 傾い て い た 。
 286白い 四角形 の 集合体 が 直径 約4 キロ の 変形 し た 円 に なっ た もの 以外 何 も 残っ て い なかっ た 。
 287ドール が あきれ て 言い放っ た
 288「 これ 以上 は 時間 の 無駄 だ 。
 289死し て 骸骨化 し た 都市 、 それ だけ だ 。 」
 290「 しかし 、 攻撃 し て き た の は ここ から な ん だ よ 、
 291それ を 忘れ て は いけ ない よ 。 」
 292テンス が 小声 で 言っ た 。
 293「 とびぬけ た 視力 と 経験豊富 な 誰 か によって ね 。 」
 294ナシャ が 付け加え た 。
 295「 さあ 、 行き ましょ う ! 」
 296三 人 は 廃墟 と なっ た 都市 へ と 足 を 踏み入れ 、 残骸 と なっ た 建物 の 間 を 歩い た 。
 297三 人 とも 無言 で あっ た 。
 298彼ら は 黙々 と 歩き 、 自分たち の 足音 の 反響 する 音 だけ を 聞い て い た 。
 299「 気味 が 悪い な 。 」
 300ドール が 低い 声 で 言っ た 。
 301「 廃墟化 し た 都市 を み た こと は ある が 、 その 都市 は 長い 時 を 生き ぬい た 末 に 、 風化 し 死ん で いっ た もの だ 。
 302しかし これ は 殺戮 だ 、
 303焼か れ て 死ん で しまっ た の だ 。
 304この 都市 は 死ん だ の で は ない 、
 305殺さ れ た の だ 。 」
 306「 この 都市 の 名前 は なん と いう の かしら ? 」
 307ナシャ が 言っ た 。
 308ナシャ は 横 に 向き を 変え 、 建物 の 基盤 の 一部 で あっ た 階段らしき 残骸 の 上 を 登っ て 行っ た 。
 309「 道案内版 を 見つける と 思う ?
 310金属版 か 何 か 。 」
 311ナシャ は 廃墟 を きょろきょろ と 探し回っ た 。
 312「 そこ に は 何 も ない よ 。 」
 313ドール が もどかしげ に 言っ た 。
 314「 こっち に 来い よ 。 」
 315「 待っ て 」
 316ナシャ が 屈ん で 、 コンクリート の 石 を 触っ た 。
 317「 ここ に 何 か 刻ん で ある わ 。 」
 318「 それ は なん だい ? 」
 319テンス が 急い で 促し た 。
 320彼 は ごみ や ほこり の 積もっ た 地面 に 座り込ん で 、 石 の 表面 の 上 に 手袋 を し た 手 を 走ら せ た 。
 321「 文字 だ よ 、 確か に 。 」
 322彼 は プレッシャースーツ の ポケット から ペン を 取り出し 、 紙 の はしきれ に その 文字 を 写し た 。
 323ドール が テンス の 肩越し に のぞい た 。
 324その 文字 は ― フランクリンアパートメント
 325「 それ は この 都市 の 名前 よ 」
 326ナシャ は 静か に 言っ た 。
 327テンス は その 紙 を ポケット に 仕舞い込み 、 三 人 は 先 に 進ん だ 。
 328「 ナシャ 、 君 は わかっ て いる ん だろう 、 我々 は 見張ら れ て いる ん じゃ ない か と 思う よ 。 でも 見回す な 。 」 と 少し 経っ て 、 ドール が 言っ た 。
 329ナシャ は 体 を 強張ら せ た 。
 330「 えっ ?
 331どうして そう 思う の ?
 332何 か 見 た の ? 」
 333「 見 て ない よ 、
 334でも 感じる ん だ よ 。
 335君 は 感じ ない かい ? 」
 336ナシャ は 少し 微笑ん だ 。
 337「 何 も 感じ ない わ 、
 338でも たぶん 私 は 、 あなた より 見つめ られる こと に なれ て いる の だ けど 。 」
 339ナシャ は 顔 を 少し 横 に 向け た 。
 340「 まあ ! 」
 341ドール が 携帯武器 に 手 を のばし て い た 。
 342「 何 ?
 343なに が 見える ? 」
 344テンス は わだち の 中 で 急 に 立ち止っ た 、
 345口 は あんぐり と 開い て い た 。
 346「 大砲 よ 、
 347あれ は 大砲 」
 348ナシャ が 言っ た 。
 349「 サイズ を 見 て 、
 350あの 大きさ を 」
 351ドール は ゆっくり と 携帯武器 を はずし た 。
 352「 そう だ 、
 353大砲 だ よ 。 」
 354大砲 は 巨大 だっ た 。
 355完全 な 状態 の 巨大 な 大砲 は 空 に 向き 、 鉄 と ガラス の 巨大 な 塊 として コンクリート の 石板 に 設置 さ れ て い た 。
 356彼ら が 見 た とき 、 旋回台 の 上 で 、 底 の 方 で ブーン という 音 を さ せ ながら 大砲 が 動い て い た 。
 357細い タービン が 風 で 回り 、 高い ポール の 先端 で ロッド が 枝状 に 張っ て い た 。
 358「 生き て いる わ 」
 359ナシャ が 囁い た 。
 360「 私たち の 話 を 聞い て 、 監視 し て いる の よ 」
 361大砲 は 再び 動き 、 今度 は 時計回り に 動い た 。
 362大砲 は 台 に はめ込ま れ て い た ので 、 その まま くるり と 一周 する こと が 出来 た 。
 363砲身 は 少し 下 を 向き 、 また 元 の 位置 に 戻っ た 。
 364「 でも 一体 誰 が 発射 する ん だ ? 」
 365テンス が 言っ た 。
 366ドール は 笑っ た 。
 367「 誰 も !
 368誰 も 発射 し ない よ 。 」
 369テンス と ナシャ は ドール を 凝視 し た 。
 370「 どういう 意味 ? 」
 371「 自分 で 発射 し て る ん だ よ 。 」
 372ふたり は ドール の 言っ て いる こと を 信じる こと が 出来 なかっ た 。
 373ナシャ が ドール に 近づき 、 眉 を ひそめ て 彼 を 見上げ た 。
 374「 理解 でき ない わ 、
 375どういう 意味 な の ?
 376自分 で 発射 し て いる って 」
 377「 見 て ごらん 、
 378証明 し て あげる よ 、
 379動か ない で ! 」
 380ドール は 地面 から 小石 を 拾い上げ た 。
 381彼 は ちょっと 躊躇 し た のち 小石 を 高く 宙 に 投げ上げ た 。
 382石 は 大砲 の 前 を 通り過ぎ た 。
 383途端 、 巨大 な 砲身 が 動い た 。
 384タービン が 収縮 し 、 小石 が 地面 に 落ち た 。
 385大砲 は 静止 し 、 再び 台 の 上 で 穏やか に 、 ゆっくり と 回転 し 始め た 。
 386「 ほら ね 」
 387ドール が 言っ た 。
 388「 僕 が 小石 を 投げ上げる と すぐ に 、 あいつ は それ に 気が付い た 。
 389地面 の 上 で 何 か が 飛び上がっ たり 、 動い たり する こと に対して の 警告 な ん だ よ 。
 390恐らく 我々 が 惑星 の 重力圏内 に 入る と すぐ に 、 あいつ は 我々 に 気づく の だ 。
 391あいつ は 最初 から 我々 に 照準 を 定め て い た ん だ よ 。
 392我々 に は チャンス は ない 。
 393あいつ は 我々 の 宇宙船 について すべて を 知っ て いる ん だ 。
 394我々 の 再離陸 を 待ちわび て いる ん だ よ 。 」
 395「 小石 に関して は 理解 出来 た わ 」
 396ナシャ が 頷き ながら 言っ た 。
 397「 大砲 は 小石 に は 気が付い た けれど 、 私たち に は 気が付い て なかっ た 、
 398だって 私たち は 地面 に 立っ て い た わ 、
 399地面 より 上 に い なかっ た もの 。
 400大砲 は 空中 に ある もの を 攻撃 する よう に 設計 さ れ て いる の よ 。
 401宇宙船 は 離陸 し ない 限り 安全 よ 。
 402すぐ に 決着 する わ 。 」
 403「 じゃ 一体 この 大砲 は 何 の ため に ある ん た よ ? 」
 404テンス が 口 を 挟ん だ 。
 405「 ここ に は 、 生き て いる もの は だれ も い ない よ 、
 406みんな 死ん で しまっ た ん だ 。 」
 407「 機械 が 生き て いる よ 。 」
 408ドール が 言っ た 。
 409「 そして 任務 を 遂行 する よう に 作ら れ た 機械 が 、 任務遂行中 さ 。
 410あいつ が どうやって 爆発 を 生き抜い た か 僕 は 知ら ない が 。
 411あいつ は 作動 し 続け 、 敵 を 待っ て いる 。
 412恐らく 彼ら は ロケット か 何 か に 乗っ て やってき た ん だ 。 」
 413「 敵 」
 414ナシャ が 言っ た 。
 415「 彼ら 自身 の 民族 。
 416信じ 難い こと に 、 彼ら は 自分たち を 爆破 し 、 自分たち に 向かっ て 狙撃 し た の よ 。 」
 417「 まぁ 、 それ も もう 終わり だ よ 、
 418ただし 我々 が 立っ て いる ここ 以外 の ところ で 、 だ が ね 。
 419この 大砲 は 今 も 警告 し て いる 。
 420殺す 用意 が 出来 て いる と 。
 421それ は 機能 し なく なる まで 続く だろう 。 」
 422「 その 時 まで に 私たち は 死ん で いる でしょう ね 。 」
 423ナシャ は 苦々しく 言っ た 。
 424「 この よう な 大砲 が 何百 も あっ た に 違い ない 。 」
 425ドール は 囁い た 。
 426「 照準器 、 大砲 、 銃 、 ユニフォーム など の 見慣れ た 風景 だっ た に 違い ない 。
 427おそらく それ を 自然 な こと として 受け入れ て い た の だ よ 、
 428食べる こと や 寝る こと の よう な 生活 の 一部 として 。
 429教会 や 政府 の よう な 組織 。
 430男たち は 戦い の ため 、 軍 を 率いる ため に 訓練 し た 。
 431軍隊 は 一般的 な 職業 で 、 また 軍人 は 名誉 で あり 、 尊敬 も さ れる 。 」
 432テンス は 大砲 の 方 に ゆっくり と 歩み寄り 、 近視 の 目 を 凝らし て 大砲 を 見上げ た 。
 433「 かなり 複雑 だ ね 、 タービン と チューブ の 構造 は 。
 434これ は 望遠鏡 か 何 か の よう だ ね 。 」
 435テンス は 手袋 を はめ た 手 で 長い チューブ の 端 に 触れ た 。
 436途端 に 、 大砲 は 方向転換 し 、 砲身 は 後戻り し た 。
 437大砲 は 上下左右 に 動い た 。
 438「 動く な 」
 439ドール が 叫ん だ 。
 440砲身 は 彼ら が 立っ て いる ところ に 合わせ て 動き 、 彼ら は 硬直 し 、 その まま 動か なかっ た 。
 441恐ろしい 一瞬 、 大砲 は 彼ら の 頭上 で 躊躇 し 、 カチ と 音 を 立て 、 そして ブーン と うなり声 を あげ 、 位置 に つい た 。
 442その 時 音 は 消え 、 大砲 は 静か に なっ た 。
 443テンス は ヘルメット の 中 で 、 気 の 抜け た よう に 微笑ん だ 。
 444「 私 が レンズ の 上 に 指 を 置い た に 違い ない 。
 445もっと 気を付ける よう に する よ 。 」
 446彼 は 円形 の 石板 に 上がっ て 、 大砲 本体 の 後ろ に 慎重 に 潜り込ん だ 。
 447テンス は 視界 から 消え た 。
 448「 テンス は どこ に 行っ た の ? 」
 449ナシャ が イライラ し て 言っ た 。
 450「 彼 は 私たち を 殺そ う と し て る ん だ わ 」
 451「 テンス 、 戻っ て こい ! 」
 452ドール が 叫ん だ 。
 453「 どう し た ん だ ? 」
 454「 ちょっと 待っ て 。 」
 455長い 沈黙 が あっ た 。
 456やっと 考古学者 は 姿 を 見せ た 。
 457「 私 は 何 か を 見つけ よう だ 。
 458こっち に 来 て 、
 459お見せ し よう 」
 460「 なん だ よ ? 」
 461「 ドール 、 大砲 は 敵 から 守る ため に ここ に 配備 し て いる って 言っ た ね 。
 462彼ら が どうして 敵 を いれ たく ない の か その 理由 が 、 わかっ た と 思う 。 」
 463ドール と ナシャ は 訳 が 分から なかっ た 。
 464大砲 が 守っ て いる はず の もの を 、 私 は 見つけ た と 思う 。
 465一緒 に 来 て 、 手 を 貸し て くれ 。 」
 466「 了解 。 」
 467ドール は 不承不承 に 言っ た 。
 468「 行こ う 。 」
 469ドール は ナシャ の 手 を 握っ た 。
 470「 さぁ 、 テンス が 見つけ た もの が 何 か を 確かめ よう 。
 471これ と 似 た こと が 起こる かも しれ ない と 思っ た 、
 472大砲 が 何 で ある か 分かっ た とき ― 」
 473「 どのような こと ? 」
 474ナシャ は ドール の 手 から 手 を 抜い た 。
 475「 何 の 話 を し て いる の ?
 476あなた は まるで 、 テンス が 発見 し た もの を 知っ て いる か の よう に 行動 し て いる わ 。 」
 477「 そう だ よ 。 」
 478ドール は ナシャ に 微笑ん だ 。
 479「 こんな 伝説 を 思い出さ ない か 、
 480あらゆる 民族 に は 、 隠さ れ た 財宝 や 、 ドラゴン の 神話 、 そして 財宝 に 誰 も 近寄ら ない よう に 、 見守る 蛇 の 神話 が ある ん だ 。 」
 481ナシャ は 頷い た 。
 482「 それで ? 」
 483ドール は 大砲 を 指差し た 。
 484「 あれ が 」
 485ドール は 言っ た 。
 486「 その ドラゴン だ よ 、
 487さあ 、 行こ う 。 」
 488三 人 で 大砲 の カバー を ようやく 引っ張りはがし 、 わき に 置い た 。
 489ドール は 作業 を 終える と 、 汗 で ぐっしょり に なっ て い た 。
 490「 それ は 、 価値 は ない ね 」 と ドール は 不満 を もらし た 。
 491彼 は 、 あくび の 時 の 大きな 口 の よう な 穴 を 覗き込ん た 。
 492「 あるいは こっち かなあ 」
 493ナシャ は 手提げランプ の スイッチ を 入れ て 、 階段 を 照らし た 。
 494階段 は 埃 と 石 の 破片 で 厚み を 増し て い た 。
 495底 に 、 鉄 の 扉 が あっ た 。
 496「 来い よ 」
 497テンス が 興奮 し て 言っ た 。
 498テンス は 階段 を 降り 始め た 。
 499ドール と ナシャ は 彼 が 扉 に 到着 し 、 揚々 と 扉 を 開け よう と する の を 見守っ た が 、 扉 は 開か なかっ た 。
 500「 手 を 貸し て ! 」
 501「 了解 ! 」
 502二人 は 注意深く テンス の もと に やってき た 。
 503ドール は 扉 を 調べ た 。
 504扉 の 鍵 は 、 ボルト で 締め られ て い た 。
 505扉 に 何 か 文字 が 刻ま れ て い た が 、 ドール は 解読 でき なかっ た 。
 506「 ねえ 、 何て ? 」
 507ナシャ が 言っ た 。
 508ドール は ハンドガン を 取り出し た 。
 509「 下がっ て 」
 510「 この 方法 しか 思い浮かば ない ん で ね 。 」
 511彼 は スイッチ を 押し た 。
 512扉 の 下 の ほう が 赤く 発光 し た 。
 513やがて 光 は 消え 始め た 。
 514ドール は ハンドガン の スイッチ を 切っ た 。
 515「 これ で 入る こと が できる と 思う よ 、
 516さあ 、 やっ て み よう 」
 517扉 は 簡単 に バラバラ に なっ た 。
 518彼ら は 、 バラバラ に なっ た 扉 の 破片 を 数 分 で 運び 、 階段 の 一 段目 に 積ん だ 。
 519三 人 は 行き先 を ライト で 照らし ながら 、 先 を 進み 続け た 。
 520彼ら は 地下貯蔵庫 に い た 。
 521埃 が あたり 一面 に 、 あらゆる ところ に 、 2 、 3 センチ 積もっ て い た
 522木箱 が 壁際 に 並ん で い た 、
 523大きな 箱 、 木枠 、 小荷物 、 コンテナー が あっ た 。
 524テンス は 目 を 輝か せ て 、 物珍し そう に あたり を 見回し た 。
 525「 一体 これら 全部 は 何 な ん だ ? 」
 526テンス は つぶやい た 。
 527「 いくら か 価値 の ある もん だろう な 。 」
 528テンス は 丸い 缶 を 拾い上げ 、 ふた を 開け た 。
 529フィルム が 床 に 落ち 、 黒い リボン が ほどけ た 。
 530彼 は それ を 光 に 照らし て 、 調べ た 。
 531「 これ を 見 て くれ ! 」
 532ドール と ナシャ は テンス の そば まで やってき た 。
 533「 写真 だ わ 。 」
 534ナシャ が 言っ た 。
 535「 小さな 写真 だ わ 。 」
 536「 何 か の 記録 だ ね 。 」
 537テンス は フィルム を 缶 に 再び しまっ た 。
 538「 見ろ 、
 539何百 も の 缶 が ある 。 」
 540テンス は あたり を ライト で 照らし た 。
 541「 それと 木箱 、
 542ひと つ 開け て み よう 。 」
 543ドール は すでに 覗い て い た 。
 544木製 の 部分 は もろく 、 乾燥 し て い た 。
 545彼 は なんとか ひと つ 引っ張り出し た 。
 546写真 が あっ た 。
 547青い 服 を 着 た 、 楽しげ に 微笑み 、 じっと 正面 を 見つめる 、 若く て 、 ハンサム な 少年 が 写っ て い た 。
 548少年 は まるで 生き て いる よう で 、 手提げランプ の 光 に 照らし出さ れ た 彼ら の 方 へ 、 今 に も 向かっ て き そう な ほど で あっ た 。
 549少年 は 、 零落 し た 民族 、 滅亡 し た 民族 の ひとり で あっ た 。
 550長い 間 、 三 人 は 写真 を 見入っ て い た 。
 551ようやく ドール が もと に 戻し た 。
 552「 他 の 木箱 の 中 に も 、 」
 553ナシャ が 言っ た 。
 554「 もっと 写真 が ある わ よ 。
 555それに これら の 缶 、 箱 の 中身 の
 556何 かしら ? 」
 557「 これ は 彼ら の 宝物 だ よ 。 」
 558テンス が 、 ほとんど 独り言 の よう に 言っ た 。
 559「 彼ら の 写真 や 記録 が ここ に は ある ん だ 。
 560おそらく 彼ら の 著述書 の 全て が ここ に ある 。
 561彼ら の 物語 、 神話 、 宇宙 について の 思想 。 」
 562「 そして 彼ら の 歴史 。 」
 563ナシャ が 言っ た 。
 564「 私たち は 彼ら の 進歩 を たどる こと が 出来る でしょう 、
 565そして 何 が 彼ら を 彼ら で あら しめ た の か が わかる でしょう 。 」
 566ドール は 地下室 を 歩き回っ た 。
 567「 変 だ な 。 」
 568彼 は 呟い た 。
 569「 最後 の 時 でさえ 、 戦い を 始め た 後 でさえ 、 彼ら は 心 の どこ か で 、 彼ら の 本当 の 宝物 は 、 本 、 写真 、 神話 で ある こと を わかっ て い た 。
 570彼ら の 大都市 や 建物 、 産業 が 破壊 さ れ た 後 でさえ 、 おそらく 彼ら は ここ に もどれ ば 、 この 宝物 を 見つける だろう と 希望 を 持っ て い た 。
 571たとえ 他 の 物 全て が 消え て しまっ て も 。 」
 572「 私たち が 家 に 帰っ た 時 、 ここ へ の 任務 を アピール する こと が 出来る 。 」
 573テンス が 言っ た 。
 574「 ここ の 全て を 船 に 積ん で 持ち帰る こと が 出来る よ 。
 575我々 は 出発 する だろう よ 、
 576およそ ― 」
 577テンス は 言う の を 止め た 。
 578「 そう だ 、 」
 579ドール が 淡々 と 言っ た 。
 580「 我々 は 今 から 約三 日間 で ここ から 離れる こと に なる 。
 581船 を 修理 し 、 それから 出発 だ 。
 582そう すれ ば 、 もう すぐ に 家 だ よ 、
 583つまり 、 何 も 起こら なけれ ば 、 あれ によって 撃ち落とさ れる よう な こと が なけれ ば ね 。 」
 584「 もう 、 やめ て ! 」
 585ナシャ が 我慢 でき ずに 言っ た 。
 586「 彼 を ほっ とい て あげ て 。
 587彼 は 正しい わ 。
 588ここ に ある 全て を 、 遅かれ早かれ 、 持っ て 帰る の でしょう 。
 589そして 私たち は 大砲 の 問題 を 解決 する でしょう 。
 590私たち に 選択肢 は ない わ 。 」
 591ドール は 頷い た 。
 592「 それなら 、 君 の 解決 って の は 何 だい ?
 593地面 から 離れ た 途端 、 撃ち殺さ れる ん だ よ 。 」
 594ドール の 顔 は かすか に ゆがん だ 。
 595「 彼ら は 上手 すぎる 方法 で 宝物 を 守っ て き た ん だ よ 。
 596それ は 、 状態 は 維持 さ れ ない ので 、 朽ち 果てる まで 、 ここ に あり 続ける だろう 。
 597かれら に 奉仕 し て いる ん だ よ 。 」
 598「 どういう こと ? 」
 599「 わから ない かい 。
 600これ が 唯一 、 彼ら が わかっ て いる こと 、
 601つまり 大砲 を 組み立て 、 やってくる 全て に対して 攻撃 できる よう に 照準 を 定める 。
 602彼ら は 全て が 敵 で あり 、 敵 とは 彼ら の 所有物 を 奪い に 来る もの だ と 確信 し て い た ん だ 。
 603こうして 彼ら は 彼ら の 運命 を 保つ こと が できる ん だ 。 」
 604ナシャ は 深く 考え込ん で しまい 、 心 が ここ に なかっ た 。
 605突然 ナシャ は 息 荒く 言っ た 。
 606「 ドール 」
 607「 私たち は どういう 状況 に いる の ?
 608私たち に は 何 の 問題 も ない わ 。
 609大砲 の 脅威 も ない わ 。 」
 610男性 二人 は ナシャ を 見つめ た 。
 611「 脅威 が ない だって ? 」
 612ドール が 言っ た 。
 613「 一 度 我々 は すでに 撃た れ て いる ん だ よ 。
 614「 それに 再び 離陸 する や否や ― 」
 615「 わから ない の ? 」
 616ナシャ は 笑い だし た 。
 617「 かわいそう な まぬけ な 大砲 よ 、
 618完全 に 害 は ない わ 。
 619私 ひとり で も 対処 できる わ 。 」
 620「 君 が ? 」
 621彼女 の 瞳 が 輝い て い た 。
 622「 バール 、 ハンマー 、 棒 が あれ ば ね 。
 623さあ 、 船 に 戻っ て 、 仕事 よ
 624もちろん 空中 で は 、 私たち は 彼ら の 手中 に いる わ 、
 625そう する よう に 仕向け られ て いる から ね 。
 626大砲 は 空 に 向かっ て 発射 し 、 飛ん で いる もの なら なん でも 撃ち落とす わ 。
 627でも それ だけ の こと よ ! 」
 628地上 の もの に対して 、 防御 し ない の よ 、
 629でしょう ? 」
 630ドール は ゆっくり 頷い た 。
 631「 ドラゴン の 泣き所 。
 632伝説 で は 、 ドラゴン の 甲冑 は ドラゴン の 腹部 を 防御 し て い ない 。 」
 633ドール は 笑い だし た 。
 634「 確か に !
 635確か に 完全 に 正しい よ 。 」
 636「 さあ 、 行き ましょ う 」
 637ナシャ が 言っ た 。
 638「 船 に 戻り ましょ う 。
 639ここ で する こと が ある から ね 。 」
 640三 人 が 船 に 到着 し た の は 、 翌早朝 で あっ た 。
 641夜 の 間 に キャプテン は 亡くなっ て い た 、
 642そして クルーたち は 慣例 に 従い キャプテン を 火葬 し た 。
 643彼ら は 最後 の 残り火 が 消える まで 、 厳粛 に 立ち 続け て い た 。
 644彼ら が 仕事 に 戻ろ う と し て い た とき 、 女性 ひとり と 男性 二人 が 姿 を みせ た 。
 645三 人 は 汚れ て 、 疲れ て 、 しかし 興奮 冷め やら ぬ 様子 だっ た 。
 646まもなく 船 から 一 列 に 並ん だ 人たち が やってき た 。
 647おのおの 手 で 何 か を 運ん で い た 。
 648行列 は 灰色 の 岩滓 を 横切り 行進 し た 、
 649そこ は 熔解 し た 金属 が 永遠 に 広がっ て い た 。
 650彼ら が 兵器 まで 到着 する と 、 ただちに 大砲 に 向かっ て 行っ た 、
 651バール 、 ハンマー など 重く て 硬い もの なら なん でも 手 に し て い た 。
 652望遠つき の 照準器 は 粉々 に 砕け て い た 。
 653配線コード は 引っ張り出さ れ て 、 バラバラ に なっ て い た 。
 654繊細 な ギア は 打ち砕か れ 、 凹ん で い た 。
 655ついに は 、 弾頭 は 奪わ れ 、 撃針 は 外さ れ た 。
 656大砲 は 打ち壊さ れ た 、
 657巨大兵器 は 破壊 さ れ た 。
 658人々 は 地下 に 降り 、 宝物 を 調べ た 。
 659鋼鉄 で 武装 し た 監視者 の 死 を 持っ て 、 危険 は もはや 無くなっ た 。
 660彼ら は 写真 、 フィルム 、 本箱 、 宝石 の つい た 王冠 、 杯 、 像 など を 調査 し た 。
 661ついに 、 太陽 が 、 惑星 の 中 を 漂い 灰色 の 霧 の 中 に 現れ た 時 、 彼ら は 再び 階段 を 上っ た 。
 662数 分間 、 彼ら は 、 割れ た 大砲 の 動か なく なっ た 外殻 を 見 ながら 、 その 周り に 立っ て い た 。
 663それから 、 彼ら は 船 に 戻り 始め た 。
 664船 で は する こと が 山 ほど あっ た 。
 665船 は ひどく 傷つけ られ 、 多く の 被害 を 受け 、 多く を 失っ た 。
 666肝心 な こと は 、 船 を 飛びたてる よう に 、 できるだけ 素早く 修復 する こと で あっ た 。
 667全人力 を かけ た ので 、 船 が 宇宙 に 適応 する よう に なる のに 、 もう 5 日間 要し た だけ だっ た 。
 668ナシャ は コントロールルーム から 、 惑星 が 船 の 下方 に 消え て いく 姿 を 見 て い た 。
 669彼女 は 腕組み を し て 、 テーブル の 端 に 座っ て い た 。
 670「 何 を 考え て いる ん だ ? 」
 671ドール は 言っ た 。
 672「 私 ?
 673何 も 。 」
 674「 本当 に ? 」
 675「 あの 星 が 全く 違っ た 様子 の 時代 が 、 生命 が 生存 し て い た 時代 が きっと あっ た ん じゃ ない か と 考え て い た の 。 」
 676「 僕 も そう 思う よ 。
 677我々 の システム を 持つ 船 が 、 こんな 遠く まで に 来 なかっ た こと が 不幸 な こと だ 。
 678でも 宇宙空間 で 核分裂 の 放つ 光 を みる まで 、 知的生命体 の 存在 を 疑う 理由 は なかっ た から ね 。 」
 679「 もう 遅 すぎ た わ 。 」
 680「 いや 、 まだ 遅 すぎ ない よ 。
 681結局 彼ら の 所有物 で ある 、 音楽 、 本 写真 、 すべて が 生き 抜く だろう 。
 682我々 は それら を 地球 に 持っ て 帰り 、 研究 する ん だ よ 、
 683そして それら が 我々 を 変える ん だ 。
 684我々 は もう 昔 と 同じ じゃ ない 。
 685彼ら の 彫刻技術 は 特に 、
 686頭 と 腕 の ない 巨大 な 翼 を 持つ 生き物 を 見 た かい ?
 687頭 と 腕 は 砕か れ た ん だろう ね 。
 688でも その 翼 は 、 きっと 古い もの だろう ね 。
 689それ は 我々 を 大いに 変え て くれる だろう 。 」
 690「 あの 星 に 戻っ て も 、 私たち を 待ち構え て いる 大砲 は もう ない わ 」
 691ナシャ が 言っ た 。
 692「 次 の 時 に は 、 大砲 は 私たち を 撃ち落とす ため に ある ん じゃ ない 。 」
 693彼女 は ドール を 見上げ て 、 微笑ん だ 。
 694「 あなた が 私たち を あの 星 に 率い て いく の よ 、 立派 な キャプテン として 」
 695「 キャプテン ? 」
 696ドール は にやり と し た 。
 697「 君 が 決め た ん だ ね 。 」
 698ナシャ は 肩 を すくめ た 。
 699「 フォーマー は 私 と よく 議論 する の 、
 700やっぱり あなた の 方 が いい と 思う わ 。 」
 701「 行こ う 、
 702地球 に 帰ろ う 。 」
 703ドール が 言っ た 。
 704船 は エンジン音 を 上げ て 、 廃墟 の 都市 の 上空 を 飛行 し た 。
 705船 は 大きく 弧 を 描き 、 宇宙空間 を 目指し 、 惑星 の 地平線 から 飛ん で 消え た 。
 706船 の 下方 、 廃墟 の 都市 の 中心部 で 、 一 枚 の 半壊 し て いる 探知機 の 翼 が かすか に 動き 、 船 の エンジン音 を 捕え た 。
 707巨大 な 大砲 の 台座 は 、 痛々しく 鼓動 し 、 懸命 に 回転 し よう と もがい て い た 。
 708瞬間 、 赤い 警告ライト が 、 破壊 さ れ た 内部 の 下方 で 光 を 放っ た 。
 709都市 から はるか かなた 100 マイル 離れ た 位置 、 地下深い ところ で 別 の 警告ライト が 光っ た 。
 710その 動き は 自動的 に 連続 し て い た 。
 711ギア は 回り 、 ベルト は キイキイ と 鳴き声 を 上げ た 。
 712金属 の 鉱滓 が 滑り落ち た 地面 に ランプ が 現れ た 。
 713少し たっ て 小さな カート が 正面 に 向かっ て 走っ て き た 。
 714その カート は 都市 へ と 方向転換 し た 。
 715次 に 来 た カート は 最初 の カート の 背後 に 現れ た 。
 716二 番目 の カート に は 配線ケーブル が 積ま れ て い た 。
 717その 後ろ 、 三 番目 の カート は 望遠鏡 の 円筒状 の 照準器 を 運ん で い た 。
 718そして 後 から 後 から カート が やってき 、 継電器 を 積ん で いる もの や 、 発射制御装置 を 積ん で いる もの 、 また ツール と パーツ 、 スクリュー と ボルト 、 ピン と ナット を 積ん で いる もの も あっ た 。
 719最後 の カート に は 原子弾頭 も 含ま れ て い た 。
 720カート は 第一 番目 の カート を 先頭 に 整列 し た 。
 721先頭 の カート が 動き だし 、 凍結 し た 地面 を 小さく 跳ね ながら 横切り 、 残り の カート が それ に 続い た 。
 722カート は 都市 を めざし 、 破壊 さ れ た 大砲 へ と 進行 し た 。