コーパス概要 タグ 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

fiction_POTTER-1902のコンテキスト表示

title translation of "The Tale of Peter Rabbit" by Beatrix Potter
date 2017
genre fiction
source title The Tale of Peter Rabbit
source author Beatrix Potter
source date 1902
source Frederick Warne & Co., 1902; Project Gutenberg, January 30, 2005. Produced by Robert Cicconetti, Ronald Holder and the PG Online Distributed Proofreading Team (http://www.gutenberg.org/ebooks/)
terms of use Creative Commons license


 1ピーターラビット物語
 2ビアトリクス・ポター
 3昔々 、 4 匹 の 子ウサギ が い まし た 。
 4名前 は フロプシー 、 モップシー 、 コットンテイル そして ピーター です 。
 5彼ら は 、 とても 大きな モミ の 木 の 根下 に ある 土盛 の 中 で 、 母うさぎ と 一緒 に 住ん で い まし た 。
 6「 さあ 、 子供たち 、 」
 7ある 朝 母ウサギ が 言い まし た 。
 8「 野原 に 入っ たり 、 小道 を かけ たり し て も よい けれど 、 マクレガーさん家 の 庭 に は 決して 入っ て は いけ ませ ん よ 。
 9あなたたち の お父さん は ね 、 そこ で 災難 に あい 、 マクレガー夫人 に パイ の 具 に さ れ た の です よ 。
 10さあ さあ 、 行っ て らっしゃい 、
 11でも いたずら は し ない で ね !
 12お母さん は 今 から 出かけ て き ます から ね 。 」
 13そう 言っ て 、 母ウサギ は バスケット と 傘 を 持ち 、 森 の 中 を 通り 、 パン屋さん へ と 行き まし た 。
 14彼女 は 、 ライ麦パン 一 斤 と 丸ぶどうパン を 5 個 買い まし た 。
 15フロプシー 、 モップシー と コットンテイル は 、 とても 良い 子ども達 だっ た ので 、 黒いちご を 摘み に 小道 を 降り て 行き まし た 。
 16でも 、 ピーター は 、 とても いたずら好き だっ た ので 、 一目散 に マクレガーさん の 庭 へ と 走っ て 行き 、 門 の 下 から 中 に 潜り込み まし た 。
 17ピーター は 、 初め に レタス と フランス豆 を 食べ 、 そして ラディシュ を 食べ まし た 。
 18その あと 食べ 過ぎ て ちょっと おなか の 具合 が 悪く なっ た ので 、 パセリ を 探し に 行き まし た 。
 19しかし 、 キュウリ畑 の 苗床 の 端 の あたり で 、 誰 に 会っ た と 思い ます か ?
 20なんと まさか の マクレガーさん でし た !
 21マクレガーさん は 四つ這い に なっ て 、 キャベツ の 苗 を 植え て い まし た が 、 ピーター を 見る や 、 飛び起き て 、 ピーター の 後 を 走り 、 熊手 を 振りかざし 、 「 とまれ ! この 泥棒 ! 」 と 叫び まし た 。
 22ピーター は 心臓 が 止まっ て しまう くらい に 、 怯え まし た 。
 23そして ピーター は 怖さ の あまり 、 門 に 戻る 道 を 忘れ て しまっ た ので 、 庭中 を 駆け回り まし た 。
 24ピーター は キャベツ畑 で 靴 一 足 を 失い 、 もう 片方 は ジャガイモ畑 で 失い まし た 。
 25両方 の 靴 を 失くし た 後 、 ピーター は 4 本 の 足 で 走り 、 より 速く 駆ける よう に なっ た ので 、 もし 運 悪く セイヨウスグリ の 網 に 走っ て 飛び込ん だり し なかっ たら 、 また もし ジャケット の 大きな ボタン が 網 に 引っかから なかっ たら 、 彼 は やすやす と 逃げ おおせ た かもしれません 。
 26それ は 真鍮 の ボタン の 付い た まったく 新しい 、 青い ジャケット でし た 。
 27ピーター は なす すべ も なく 、 大粒 の 涙 を 流し まし た 。
 28しかし 、 ピーター が すすり泣い て いる の を 優しげ な 雀たち が 聞きつけ て 、 とても 興奮 し て 、 彼 の もと へ 飛ん で 行き 、 お願い だ から 元気 を 出し て と 励まし まし た 。
 29マクレガーさん は ざる を 持っ て やってき 、 ピーター の 頭 から すっぽり 被せ よう と し まし た が 、 ピーター は 寸で の ところ で 、 マクレガーさん の 攻撃 から すりぬけ まし た 。
 30後 に は ピーター の ジャケット だけ が 残り まし た 。
 31そして 、 ピーター は 道具小屋 に 駆け込み 、 小屋 に あっ た 缶 の 中 に 飛び込み まし た 。
 32缶 の 中 に あんな に も たくさん の 水 が 入っ て い なけれ ば 、 隠れ場所 として は 最高 の 場所 だっ た でしょう に 。
 33マクレガーさん は 、 ピーター は 道具小屋 の どこ か 、 おそらく 植木鉢 の 下 あたり に 隠れ て いる の だろう と 確信 し て い まし た 。
 34彼 は 植木鉢 を 慎重 に ひっくり返し て 、 ひと つ ずつ 覗き込み まし た 。
 35その 時 、 ピーター は くしゃみ を し て しまい まし た 。
 36クシュン !
 37マクレガーさん は 、 すぐさま ピーター の 後 を 追い 、 足 で ピーター を 押さえつけ よう と し まし た が 、 ピーター は 窓 から 飛び出 て 、 その 拍子 に 植木鉢 を 3 鉢 ひっくり返し て しまい まし た 。
 38窓 は マクレガーさん に は 小さ すぎ まし た し 、 その 上 彼 は ピーター を 追う こと に は もう うんざり し て い まし た 。
 39彼 は 仕事 に 戻っ て 行き まし た 。
 40ピーター は 座っ て 一休み し まし た 。
 41マクレガーさん と の 闘い で 、 息 が 切れ 、 体 は がたがた と 震え 、 どちら に 行っ て いい の か 全く 見当 も つき ませ ん でし た 。
 42また ピーター は 水 の 入っ た 缶 の 中 に 座り込ん で い た ので 、 体 が びしょ濡れ に なっ て い まし た 。
 43しばらく し て 、 ピーター は あたり を さまよい歩き はじめ 、 ひょこひょこ と 、 ゆっくり 歩み 、 そして まわり を 見渡し まし た 。
 44すると ピーター は 壁 に 扉 を 見つけ まし た が 、 その 扉 に は 鍵 が かかっ て い まし た 。
 45その 上 、 太っちょ の 小さな ウサギ が くぐり込める 隙間 は あり ませ ん でし た 。
 46お母さんネズミ が 、 戸口 の 石 の 階段 を ちょろちょろ と 、 出 たり 入っ たり し て い まし た 、
 47森 で 待っ て いる 彼女 の 家族 に エンドウ豆 と そら豆 を 運ん で いる の です 。
 48ピーター は 彼女 に 門 へ の 道 を 尋ね まし た 。
 49彼女 は 口 に 大きな エンドウ豆 を くわえ て い た ので 、 答える こと が 出来 ませ ん でし た 。
 50彼女 は 頭 を 振っ た だけ でし た 。
 51ピーター は 泣き 始め まし た 。
 52それから ピーター は 家 へ 帰る 道 を 見つけ よう と 庭 を 駆け巡り まし た が 、 あちこち 迷っ て 混乱 する ばかり でし た 。
 53やがて 、 ピーター は マクレガーさん が じょうろ に 水 を 汲み に 来 て いる 池 へ と やって来 まし た 。
 54一 匹 の 白い 猫 が 金魚 を 見つめ て い まし た 、
 55彼女 は ピクリ と も 動か ない で 、 座っ て い まし た 。
 56しかし 時々 、 彼女 の 尻尾 の 先端 は 、 生き て いる か の よう に ぴくぴく と 動い て い まし た 。
 57ピーター は 彼女 に 話しかけ ない で 、 この 場 を 離れる こと が 最善 だ と 考え まし た 。
 58というのも ピーター は いとこ の 小さな ベンジャミンバニー から 猫 という 生き物 について 聞い て い た から です 。
 59ピーター は 道具小屋 へ と 戻っ て 行き まし た が 、 突然 、 彼 の ごく 近く で 、 鍬 の 音 が 聞こえ まし た 。
 60クシャ 、 クシャ 、 クシャ 。
 61ピーター は 急い で 藪 の 中 に 隠れ まし た 。
 62しかし ほどなく し て 、 何事 も 起こら ない ので 、 ピーター は 藪 から 出 て 、 手押し車 に 乗っ て 、 そこ から こっそり 周り を 覗き見 まし た 。
 63ピーター が 最初 に 見 た もの は 、 鍬 で たまねぎ を 刈る マクレガーさん の 姿 でし た 。
 64マクレガーさん は ピーター に 背 を 向け て い まし た 。
 65そして 、 マクレガーさん の 向こう に 門 が あっ た の です !
 66ピーター は 音 を 立て ずに 、 手押し車 から 飛び降り 、 クロフサスグリ の 草薮 の 真っ直ぐ な 道 を 、 できるかぎり 早く 駆け出し まし た 。
 67マクレガーさん は 曲がり角 の ところ で 、 ピーター の 姿 を 捉え まし た が 、 ピーター は かまわ ず 、 走り 続け まし た 。
 68ピーター は 門 の 下 に 滑り込み 、 そして ついに 庭 から 脱出 し 、 安全 な 森 へ と 逃げ込み まし た 。
 69マクレガーさん は カラス を 追い払う ため の かかし に 、 ピーター が 残し て いっ た 小さな ジャケット と 靴 を 掛け まし た 。
 70ピーター は 、 モミ の 木 の 我が家 に 着く まで 、 決して 走る の を 止め たり 、 うしろ を 振り返っ たり し ませ ん でし た 。
 71彼 は とても 疲れ て い た ので 、 ウサギ穴 の 床 の 心地よく 柔らかい 砂 の うえ で 、 ゴロン と 横 に なり 、 目 を 閉じ まし た 。
 72ピーター の お母さん は 、 食事 の 支度 に 忙しく し て い まし た 。
 73彼女 は 、 ピーター は 服 を どう し た の でしょう と 不思議 に 思い まし た 。
 74ピーター が 二 週間 で 、 小さな ジャケット と 靴 を なくす の は 二 度目 でし た 。
 75かわいそう に 、 その 夜 、 ピーター の 具合 が あまり よく あり ませ ん でし た 。
 76お母さん は ピーター を ベッド に 寝かせ て 、 カモミール茶 を 作っ て 、 少量 を 与え まし た 。
 77寝る 前 に 飲む 量 は 大匙 一 杯 分 です よ 。
 78でも 、 フロプシー 、 モップシー と コットンテイル は パン 、 ミルク と 黒いちご を 晩御飯 に 食べ まし た 。
 79おしまい