コーパス概要 タグ 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

news_KAHOKU_102のコンテキスト表示



 1河北新報創刊 117 周年 ( 下 )
 2/ 福島 と 津波被災地 と
 3/ 被災者 と 考え 伝える
 4◎ 福島 から 宮城 ・ 南三陸町 へ
 5/ 寄り添う 、 軽々 に 言え ず 被災地 の 生活 は つらい 。
 6転勤族 の 新聞記者 ですら 、 そう 感じる の だ から 、 放射能 に 、 津波 に 、 わが家 を 奪わ れ 、 長期 の 仮設住宅暮らし を 強い られる 被災者 の 苦しみ は いか ばかり だろう 。
 7昨年 4 月 、 4 年間 勤務 し た 福島総局 ( 福島市 ) から 南三陸支局 ( 宮城県 南三陸町 ) に 異動 し た 。
 8世界 を 震わせ た レベル 7 の 原発事故 から 、 町 の 主要部 を 壊滅 させ た 巨大津波 に 取材対象 が 移っ た 。
 9東日本大震災 が 東北 を 傷つけ た 跡 は 広く 深い 。
 10福島第1原発 の 建屋 が 吹き飛ぶ テレビ中継 を 、 幼子 と 一緒 に 五十数 キロ 離れ た 福島市 南部 の 自宅 で 見 た 。
 11激しい 焦燥感 が 胸 に 残る 。
 12しばらく 、 屋外 で 遊ぶ 子 が 消え た 。
 13地 の 物 を 食べる 喜び が うせ 、 伸び伸び と 野山 で 呼吸 が し にくかっ た 。
 14今 は 南三陸 の 高台 に 住む 。
 15公共機関 、 診療所 、 商店 …。
 16地域社会 に 不可欠 な 施設 の 多く は 仮設 、 もしくは 復旧 し て い ない 。
 17住民 は 不便 に 耐える 。
 18復興 の ため の ダンプカー が 行き交う 町内 は 、 常に ほこりっぽく 、 やかましい 。
 19放射線量 を 気にし ない で 子ども と 芝生 に 寝ころぶ 。
 20山菜採り や 渓流釣り の 成果 を 楽しむ 。
 21昔ながら の 街並み を 散歩 する 。
 22スーパー で 晩 の おかず に 頭 を 悩ま せる 。
 23当たり前 だっ た 日常 が 遠い 。
 24その つらさ が 、 福島 と 南三陸 、 二 つ の 被災地 に 住ん で よく 分かっ た 。
 25仙台 の 街 を 歩く と 、 妙 に ホッと し て しまう 。
 26私 は 津波 で 家族 を 亡くし て い ない 。
 27放射能 に 古里 を 奪わ れ て い ない 。
 28仕事 も 財産 も 失っ て い ない 。
 29過酷 な 現実 の 中 に いる 被災者 の 悲しさ 、 心細さ 、 怒り を 、 本当 の 意味 で は 理解 でき ない だろう 。
 30せいぜい 想像 し 「 大変 です ね 」 と 相づち を 打つ しか ない 。
 31寄り添う 、 向き合う 、 と は 軽々 に 言え ない 。
 32せめて 被災地 に 住み 続け よう 。
 33被災者 の 近く で 考え 、 書く 。
 34復興 、 再生 へ の 願い を 伝える 。
 35東北 の 新聞記者 な の だ から 。
 36( 南三陸支局 ・ 中島剛 )
 37被災地 から 「 日常 」 は 消え た まま だ
 38◎ いわき から 陸前高田 へ
 39/ 悲痛 な 一言 、 取材 の 原点
 40震災前 なら 、 練り歩く 姿 が 建物 の 間 に 見え隠れ し た はず の 山車 が 、 遠く まで 見渡せる 。
 41大船渡支局 着任 から 4 カ月後 の 昨年 8 月 、 更地 と なっ た 陸前高田市 の 旧市街地 で あっ た 伝統行事 「 動く 七夕 」 の 取材 で 見 た 風景 は 異様 に 思え た 。
 42しかし 、 祭り に 訪れる 地元 の 人たち の 思い は 違っ て い た 。
 43「 今 は 道路 が 残っ て いる から 、 以前 の 街並み を 思い出せる 。
 44でも かさ上げ が 始まる と 、 この 街 は 新しい 街 の 下 に 埋まっ て しまう 。
 45それ が 復興 という こと な ん だろう けど 」
 46祭り は 震災後 、 散り散り に なっ た 住民 が 集う 、 よりどころ で も あっ た 。
 47市内 各地 から 山車造り に 集まり 、 来 られ ない 人 も 仮設住宅 で 飾り を 作っ た 。
 48その 祭り も 、 工事 が 始まれ ば 中断 さ れ 、 また バラバラ に なっ て しまう ー 。
 49そんな 寂しげ な 気持ち が 伝わっ て き た 。
 50震災時 は いわき支局 勤務 だっ た 。
 51福島第1原発事故 の 影響 で 郡山市 へ 避難 し た 福島県 双葉郡 の 住民 が つぶやい た 、 故郷 へ の 悲痛 な 思い が こもっ た 一言 が 取材 の 原点 に なっ た 。
 52「 申し訳ない 言い方 だ が 、 津波 の 被災地 が うらやましい 。
 53向こう は 今 が どん底 で 、 復興 が 進め ば 故郷 に 帰れる 。
 54こっち は 自由 に 立ち入る こと すら でき ず 、 帰れる 道筋 すら 見え ない 」
 55避難住民 の 一時帰宅 が 本格化 し た 時期 だっ た 。
 56防護服 を 着込ん で 帰宅 し て も 、 目にする の は 荒廃 が 進む 無人 の 故郷 。
 57避難生活 の 先行き を 見通す こと すら でき なかっ た 。
 58津波被災地 の 復興 が 動き 始め た 。
 59陸前高田市 で は 宅地造成 や 土砂搬出用ベルトコンベヤー建設 など 大規模 な 事業 が 進み 、 見た目 に も 前進 を 感じ取れる 。
 60一方 で 失わ れ て いく もの も ある 。
 61高台移転 や 区画整理 など の ため 、 新しい コミュニティー を つくる の に は 苦労 も ある だろう 。
 62それ は 福島 と は 異なる 苦しみ で も ある 。
 63岩手 で も 被災者 の 立場 で 報道 を 続け て いき たい 。
 64( 大船渡支局 ・ 太楽裕克 )
 65< 気仙沼市・無職 熊本吉雄さん ( 59 )
 66/ 覚悟 持っ た 報道 期待 >
 67河北新報 は 震災後 、 地域 に 密着 し た 報道 を 続け て いる と 感じ ます 。
 68印象 に 残っ て いる 紙面 が あり ます 。
 69震災 から 半年後 、 宮城県 南三陸町 の 防災対策庁舎 で 犠牲 に なっ た 職員 一人 一人 の 顔写真 が 載っ た 紙面 です 。
 70全国紙 は 多く の 職員 が 亡くなっ た という 俯瞰(ふかん)的 な 報道姿勢 でし た が 、 一人 一人 の 人生 に 寄り添い 、 息遣い を 伝える 河北新報 の 姿勢 に 共感 を 覚え まし た 。
 71河北新報 の 記者 は 震災後 、 これ まで 以上 に 取材対象 に 切り込む 報道 を し て いる よう に 見え ます 。
 72ヘドロ に まみれ た 取材 を 経験 し 、 大きく 成長 し た の で は ない でしょう か 。
 73今後 も 覚悟 を 持っ た 取材姿勢 を 貫い て ください 。
 74< 宮城県女川町商工会女性部長 木村孝子さん ( 72 )
 75/ 事実 誇張 せ ず 発信 を >
 76女川町商工会女性部 は 仮設商店街 「 きぼうのかね商店街 」 の イベント で サンマ の すり身汁 を 振る舞う など 、 地域 の 発展 を 目指し 活動 し て い ます 。
 77昨年 11 月 に 女川町 など で 開か れ た 「 ツール・ド・東北2013in宮城・三陸 」 で も 参加者 に すり身汁 を 提供 し 、 喜ば れ まし た 。
 78多く の 人 と 触れ合い 、 励まさ れ まし た 。
 79東日本大震災 で 自宅 や 経営 する 食堂 「 ニューこのり 」 が 流さ れ 、 仮設店舗 で 営業 し て い ます 。
 80町 の 復興 が 途中 で 、 先 が 見え ない こと が 不安 です 。
 81震災後 、 メディア の 報道 により 世界中 から 支援 が 寄せ られ まし た 。
 82今後 も 事実 を 誇張 せ ず 、 被災地 の ありのまま を 伝え て いっ て ほしい です 。
 83< 宮城県山元町・臨時災害FM局「りんごラジオ」局長 高橋厚さん ( 71 )
 84/ 見解 ・ 対案 両方 示し て >
 85東北放送 に 入社 し た 1967 年 から 読ん で い ます 。
 86震災直後 は 、 「 りんごラジオ 」 とともに 被災 し た 住民 の 貴重 な 情報源 を 担っ た と 思い ます 。
 87震災 から 3 年 近く たち 、 今後 は 復興事業 に関する 記事 が さらに 増える はず です 。
 88山元町 で も 震災遺構 の 保存 の 検討 や 町 が 掲げる 集団移転先 の コンパクトシティー化 、 JR常磐線 の 内陸移設 など が 進ん で い ます 。
 89各種 事業 の 基礎知識 や 詳しい 内容 について 、 高齢者 に も 分かり やすく 丁寧 な 報道 を 求め ます 。
 90さらに 、 是非 について 河北新報 として の 見解 と 対案 も 示し て は どう でしょう か 。
 91紙面 が 被災地 の 将来 を 住民 同士 で 議論 する ため の 材料 に なる こと を 期待 し ます 。
 92< 仙台市青葉区・防災士 佐藤美嶺さん ( 31 )
 93/ 防災 に 役立つ 記事 を >
 94震災後 の 2011 年 5 月 に 京都府 宇治市 から 仙台 に 引っ越し 、 河北新報 を 読む よう に なり まし た 。
 95初め の 頃 は 紙面 から 、 震災 の 直前 に 出産 し た 長女 と 出掛け られる スポット など を よく 探し まし た 。
 9612 年 に 防災士資格 を 取得 し て から は 、 防災関連 の 情報源 として 利用 し て い ます 。
 97新聞 は 時間 が なくて も 、 見出し を 見 て 興味 の ある 記事 を 拾い読み でき て 助かる 。
 98主宰 する 母親向け防災講座 が 紙面 で 紹介 さ れ 、 ネットワーク も 広がり まし た 。
 99震災 から 時間 が たち 、 防災意識 が 薄らい で いる と 感じ ます 。
 100震災直後 の 困難 を 、 皆さん が 実際 に どんな 工夫 で 乗り切っ た の か など 、 防災 に 役立つ 読み物 を 望み ます 。
 101< 一関市・団体職員 西幸子さん ( 52 )
 102/ 革新的紙面作り 好感 >
 10320 年 以上 の 愛読者 です 。
 104観光交流施設 の 職員 として 世界遺産 や 農村景観 に 関わる 仕事 に 携わっ て おり 、 関係分野 の 記事 が 詳しく 載っ て い て 興味深く 読ん で い ます 。
 1051 面 に 掲載 さ れ た 原発 の 用地買収 をめぐる 連載 も 関心 を 持っ て 読み まし た 。
 106原発事故 が あっ た 東北 で 、 原発 の 負 の 側面 を しっかり 報道 する の は いい こと だ と 思い ます 。
 107昨年 、 東北楽天 が 日本一 に なっ た 時 の 紙面 に は びっくり 。
 108題字 を 左 に 移し 、 1 面 と 末面 全体 で 見せ た の は 良かっ た 。
 109交流サイト の フェイスブック で 紹介 する と 、 大きな 反響 が あり まし た 。
 110革新的 な 紙面作り に 好感 が 持て ます 。
 111こうした チャレンジ を どんどん し て ほしい 。