コーパス概要 タグ 語の依存関係 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

news_KAHOKU_65のコンテキスト表示

title:Kahoku Shimpo newspaper article
date:2014/03/06
source:K201403060A0T10XX00001
genre:news
subcorpus:KAHOKU SHIMPO
terms of use:by permission of KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO. (c)


 1東日本大震災 3 年
 2/ ボランティア ( 下 )
 3/ 需給 の ミスマッチ 顕著
 4◎ 立地 ・ 知名度 が 左右
 5東日本大震災 から の 復旧 、 復興 は 多く の 善意 に 支え られ た 。
 6全国社会福祉協議会 の 統計 によると 、 岩手 、 宮城 、 福島 の 被災地 3 県 に は 、 2011 年 3 月 の 震災発生 後 、 ボランティア が 続々 と 駆け付け 、 13 年 12 月末 現在 、 3 県 で 計 133万4400 人 が 活動 に 参加 し た 。
 7ピーク時 は 1 カ月 当たり 3 県 で 計 18万 人 を 超え た 。
 8時期 によって 上がり下がり を 繰り返し ながら 、 13 年 は 1万 人 前後 で 推移 し て いる 。
 93 県 別 の ボランティア の 人数 は グラフ の 通り 。
 10当初 は 宮城 が 圧倒的 に 多く 、 東北新幹線 が 全線 復旧 し た 直後 の 11 年 5 月 は 10万 人 を 超え た 。
 11福島 は 同月 の 3万4400 人 を ピーク に 減少 。
 12東京電力福島第1原発事故 の 実態 が 次第 に 明らか に なっ た ため と み られる 。
 13翌 6 月 以降 に は 宮城 も 前月比マイナス と なる が 、 岩手 だけ は 増え 、 8 月 に は 初めて 最多 と なっ た 。
 14岩手 が 多い 傾向 は 冬期間 を 除き 、 震災発生 から 1 年 半 後 の 12 年 9 月 まで 続い た 。
 15ボランティア数 は 必ずしも 被害 の 大きさ と は 比例 せ ず 、 交通 の 便 や 知名度 、 被災後 の 情報量 によって 大きく 左右 さ れる 。
 16自治体間 で ボランティア の 需給 は 異なっ た 。
 17日本三景 の 松島 を 抱え 、 仙台 から も 近い 宮城県松島町 に は 、 多く の ボランティア が 訪れ た 。
 18三陸沿岸 に比べて 被害 が 少なく 、 11 年 秋 に は 観光施設 の 清掃 など が 終了 し た 。
 19ボランティア の ニーズ は ほぼ なくなっ た が 、 その 後 も ボランティア の 申し込み は 絶え なかっ た 。
 20町社会福祉協議会 は 「 せっかく の 善意 を 断る しか なく 、 つらかっ た 」 と 当時 を 振り返る 。
 21宮城県亘理町 で は 震災直後 から 4 月 中旬 にかけ 、 町外 から の ボランティア が あまり 集まら ず 、 がれき処理 など に 十分 な 対応 が でき なかっ た 。
 22町社会福祉協議会 は 「 三陸海岸 の 被害 が 世間 で 広く 知ら れ 、 亘理 に 来る ボランティア が 少なかっ た 。 たくさん の ボランティア の 支援 を 受け た の は 、 連休 に 入っ た 4 月 下旬 から だっ た 」 と 振り返る 。
 23災害 の 情報技術 を 研究 し 、 自ら も ボランティア に 携わる 東北大多元物資科学研究所 の 村松淳司教授 は 「 東日本大震災 で は 被災自治体 が 多く 、 ボランティア の 行く先 が 偏り 、 格差 が 大きかっ た 。 これ から の 災害時 は 、 ボランティア の 窓口 を 集約化 し 、 適正 に 差配 する 機能 を 設ける べき だ 」 と 話す 。
 24◎ 負担軽減
 25/ 経済支援制度 が 必要
 26東日本大震災 の ボランティア は 、 震災発生 から 2 年 半 後 の 2013 年 9 月 、 累計 130万 人 に 上っ た が 、 同時期 の 阪神淡路大震災 の 168万 人 に は 遠く 及ば ない 。
 27活動 の 障害 の 一 つ として 、 ボランティア の 負担軽減 が 課題 に なっ て いる 。
 28東日本大震災 の 被災地 は 、 首都圏 や 関西 など 人口集積地 から 遠い 。
 29東北新幹線 、 東北自動車道 など から も 離れ て いる 。
 30交通費 や 滞在費 が かさむ こと が 、 ボランティア の 数 が 阪神大震災 より 少ない 要因 と 考え られ て いる 。
 31人口集積地 から 遠い 被災地 で の ボランティア支援 で は 、 2000 年 の 北海道 ・ 有珠山 の 噴火 で 、 航空会社 が 片道 の 運賃 を 無料 に し た 。
 32今回 の 震災 で は 、 兵庫県 が 月 に 2 回 、 被災地行き の 無料 の ツアーバス を 運行 し て いる 。
 33予約開始後 、 10 分 で 定員 が 埋まる ほど の 人気 だ と いう 。
 34阪神大震災 の 教訓 を 生かし 、 災害ボランティア の 拠点 として 発足 し た 「 ひょうごボランタリープラザ 」 ( 神戸市 ) の 喜多山了 ( きたやま・さとる ) 総務調整部長 は 「 地震 や 大雨 、 大雪 など 自然災害 が 頻発 する 中 、 ボランティア は 被災地 に 欠かせ ない 存在 。 経済的 な 負担 が ネック と なっ て ボランティア が 減っ たら 、 復興 も 遅れる 」 と 強調 する 。
 35兵庫 や 宮城 の 有志ら は 「 災害ボランティア割引制度を実現する会 」 を 結成 。
 36交通各社 や 宿泊業者 など 民間 の 努力 に 頼る 割引制度 で は なく 、 国 が 交通費 を 支援 する 制度 を 整備 する よう 訴え て いる 。
 373 月 8~12 日 にかけ 、 岩手 、 宮城 、 福島 の 被災地 3 県 と 東京 の 街頭 で 、 署名活動 を 行う 。
 38◎ 遠野方式
 39/ 集約 や 派遣 の 司令塔 に
 40東日本大震災 で 、 沿岸部 へ の アクセス が 宮城 よりも 不便 な 岩手 に ボランティア が 集まっ た 要因 と さ れる の が 、 「 遠野方式 」 の 成功 だっ た 。
 41震災被害 の 少ない 近隣地域 に 人 と 情報 を 集約 し 、 被害 が 大きい 地域 に ニーズ に 合わせ て 派遣 し た 。
 42岩手県沿岸部 で は 、 ボランティアセンター を 開設 する 市町村 の 社会福祉協議会 の 多く が 被災 し た 。
 43代替施設 の 見通し が つか ず 、 ボランティア の 活動 も 限ら れ た 。
 44この ため 、 内陸 と 沿岸 を 結ぶ 交通 の 要所 で 、 宿泊施設 や 燃料 、 食料 が 十分 に あっ た 遠野市 に ボランティア が 結集 する よう に なっ た 。
 45同市 の 有志 は 2011 年 3 月 、 NPO法人 「 遠野まごころネット 」 を 設立 し 、 後方支援 に 乗り出し た 。
 46まごころネット に は 連日 、 詳細 な 被災情報 が 入っ た 。
 47ボランティア の ニーズ を 集落単位 で 把握 し 、 必要 な 人数 、 活動内容 に応じて 人員 を 振り分ける 司令塔 に も なっ た 。
 48活動資金 は 市社会福祉協議会 が 支え た 。
 49「 遠野 に 行け ば 何とか なる 」 。
 50当時 、 全国 の ボランティア志願者 の 間 で 、 こんな 話 が 口コミ で 広まっ た と いう 。
 51ボランティア を 沿岸部 に 送り出す など 、 後方支援 の 機能 を 果たし た
 52= 2011 年 4 月 、 遠野市
 53◎ 第2 需要期
 54/ 担い手 の 確保策 が 課題
 55東日本大震災 の 津波 で 中心部 が 壊滅的 な 被害 を 受け た 宮城県女川町 。
 562011 年 5 月 に は 、 1 日 に 900 人 を 超える ボランティア が 訪れ 、 がれき処理 など に 汗 を 流し た 。
 573 年 近く たっ た 今 、 ボランティア の 姿 は ほとんど 見掛け ない 。
 58ボランティア の ニーズ は 現在 、 仮設住宅 に 入居 する 高齢者 と の 対話 など に 限ら れる 。
 59新年度以降 、 その 状況 が 一変 する 可能性 が ある 。
 60災害公営住宅 の 建設 と 高台移転 が 進み 、 引っ越し など に伴う 力仕事 が 増える から だ 。
 61多く の 専門家 は 「 震災発生 から 1 年 半 後 まで の ボランティア需要期 に 続き 、 第2 の 需要期 が 到来 する 」 と み て いる 。
 62現在 、 ボランティア の 担い手 の 大半 は 女性 だ が 、 第2 需要期 で は 再び 、 男子大学生ら 10~20 代 の 若者 の 力 が 必要 に なる 。
 63女川町復興支援センター の 関係者 は 「 多く の ボランティア の 協力 が 欲しい とき に 、 震災直後 の よう に 集結 し て くれる かどうか 不安 だ 」 と 明かす 。
 64宮城県災害・被災地社協等復興支援ボランティアセンター によると 、 県内 の ボランティアセンター で 現在 、 ボランティア を 常時 受け付け て いる の は 、 南三陸町 のみ 。
 65他 の 自治体 は ニーズ の ない 日 も ある ため 、 事前 の 申し込み が あっ た 場合 のみ 、 受け入れ て いる 。
 66第2 需要期 へ の 対応 について 、 東北大東日本大震災学生ボランティア支援室 の 藤室玲治准教授 は 「 自治体 は 、 担い手確保策 として 入学式 で ボランティア未経験 の 新入生 に 協力 を 呼び掛け たり 、 被災者 が 退去 し た 仮設住宅 を 滞在先 として 無料開放 する など の 取り組み が 求め られ て いる 」 と 指摘 する 。
 67◎ 東日本大震災支援全国ネットワーク ・ 栗田暢之代表世話人 に 聞く
 68対話 で 地域再生 後押し
 69東日本大震災 から 間もなく 丸 3 年 と なり 、 被災地 の ボランティア を 取り巻く 環境 が 変化 し て いる 。
 70現状 と 今後 の 課題 について 、 ボランティア組織 や NPO など 約800 団体 が 参加 する 東日本大震災支援全国ネットワーク ( JCN ) の 栗田暢之代表世話人 に 聞い た 。
 71- 活動内容 は どのように 変わっ て き た か 。
 72「 被災者 の 生活再建 の ペース が 二極化 し 、 個々 の 事情 に 応じた 支援 が 必要 に なっ て いる 。
 73当初 の がれき撤去 や 炊き出し から 、 今 は 被災者 と の 対話 に 軸足 が 移っ た 。
 74自立 の 妨げ に なら ない よう に 、 支援 の 在り方 を 探り ながら 活動 し て いる 」
 75「 被災者 の 生 の 声 を 聞く こと も 目的 に 『足湯』ボランティア を 続け て いる 。
 76よそ者 だ から こそ 話せる 本音 が ある 。
 77思い を はき出し て もらい 、 心 の バランス を 保つ 手助け が できれ ば いい 」
 78- 活動 を通して 見え て き た 課題 は 。
 79「 被災者 と 行政 、 ボランティア を つなぐ 中間支援組織 が 十分 に 機能 し て い なかっ た 。
 80ボランティア が 調整 でき ない ほど 殺到 し た 地域 が あっ た 一方 、 全く 足り ない 場所 が あっ た 。
 81支援団体 が 課題 を 共有 する 場 も 限ら れ た 」
 82「 復興段階 で も 、 災害公営住宅 の コミュニティー形成 や 、 集団移転後 の 復興まちづくり など 、 行政 と 被災者 の 話し合い に ボランティア が 参加 できる 機会 は ほとんど ない 。
 83生活再建 に 支援団体 の 活力 を 生かす べき だ 」
 84- ボランティア の これ から の 役割 とは 。
 85「 被災者 が 直面 し て いる 高齢化 や 過疎化 、 1 次 産業 の 衰退 は 、 震災前 から あっ た 地域課題 だ 。
 86解決策 は 当事者 しか 導き出せ ない 。
 87前向き に なれる よう 、 被災者 の 話 に 丁寧 に 耳 を 傾け 、 地域再生 を 後押し する こと だろう 」
 88「 被災者 の ニーズ を くみ取り 、 行政 の 施策 や まちづくり に 反映 さ せる こと が 求め られる 。
 89住民 の 対話 や 合意形成 は NPO や ボランティア の 得意分野 な ので 、 復興まちづくり を 円滑 に 進める 上 で 一翼 を 担える 」
 90- 過去 の 大災害 で の 支援活動 を通して 、 参考 に なる 事例 は 。
 91「 新潟県中越地震後 、 NPO関係者 や 有識者 ら が 中越復興市民会議 を つくり 、 ボランティア と 被災地 を つなぐ 役割 を 果たし た 。
 92復興まちづくり で は 行政 と 住民 が 対立しがち だ が 、 市民会議 も 加わっ た こと で 話し合い を スムーズ に 進める こと が でき た 」
 93- 長期的 に 支援 を 続ける ため に は 何 が 必要 か 。
 94「 これ だけ 長期間 に 及ぶ 支援活動 は 過去 に 例 が ない ので 未知数 の 部分 が 多い 。
 95ノウハウ の 継承 と 資金確保 が 鍵 に なる 。
 96資金 が 尽き て 活動 を 断念 し た 団体 も ある 。
 97中越地震 で は 県 の 復興基金 が 支援活動 を 支え た 。
 98ボランティア を どう 生かす の か 、 自治体 の 対応 が 問わ れる 」
 99< くりた・のぶゆき > 名古屋大大学院環境学研究科修了 。
 100学校法人同朋学園 ( 名古屋市 ) 職員 として 、 阪神大震災 の 学生ボランティア を コーディネート し た 。
 101被災者支援組織 を 母体 に 2002 年 3 月 、 NPO法人レスキューストックヤード を 設立 し 、 04 年 6 月 から 代表理事 。
 10211 年 3 月 から 現職 。
 103東日本大震災 で は 、 宮城県七ケ浜町 を 中心 に 支援活動 に 取り組む 。
 10449 歳 。
 105岐阜県出身 。