Corpus overview Tags Word dependencies String search Tree search
Credits
日本語
ABC

      About context      Leaf-ancestor context Leaf-root context      Download bracketed trees

Context

title:Kahoku Shimpo newspaper article
date:2014/03/05
source:K201403050A0T10XX00201
genre:news
subcorpus:KAHOKU SHIMPO
terms of use:by permission of KAHOKU SHIMPO PUBLISHING CO. (c)

 1東日本大震災 3 年
 2/ 医療再建 ( 下 )
 3/ 医師不足 、 解消 進ま ず
 4東日本大震災 で 被災 し た 岩手 、 宮城 、 福島 3 県 の 医療機関 は 、 一部 で 仮設施設 で の 運営 が 続き 、 医師 、 看護師 が 不足 する など 、 本格再建 は 道半ば だ 。
 5震災 3 年 が 経過 し 応援スタッフ の 減少 を 心配 する 関係者 が 多く 、 医療現場 だけ で は 対応 が 困難 な 状況 が うかがえる 。
 6( 報道部 ・ 高橋鉄男 )
 7◎ 病院再開 、 道半ば
 8/ 人口 減 、 経営 厳しく
 9岩手 、 宮城 両県 で 被災 し た 主な 病院 は 表 1 の 通り 。
 10震災 で 休止 し た 病院 ・ 診療所 の 再開 は 頭打ち の 状態 。
 112 月 時点 の 再開率 は 岩手県 の 宮古医療圏 が 93 % 、 釜石 80 % 、 気仙 84 % に とどまる 。
 12宮城県内 の 2013 年 8 月 時点 の 再開率 も 、 13 年度 から 医療圏 が 合併 さ れ た 旧気仙沼医療圏 が 73 % 、 旧石巻医療圏 が 89 % 。
 13廃業 し た 医師 も 多く 、 再開 の 可能性 は 低い 。
 14沿岸部 は 入院ベッド が 今 も 減っ た まま だ 。
 15岩手県立病院 は 震災前 に 山田 と 大槌 が 60 床 、 高田 が 70 床 あっ た が 、 震災後 に 復旧 でき た の は 高田 の 41 床 のみ 。
 16仮設診療所 で 診療 に 当たる 大槌病院 の 岩田千尋院長 は 「 新病院 は 50 床 を 確保 する が 、 医師 が 確保 できる かどうか 心配 だ 。 救急患者 は 近隣病院 に 任せ 、 医師 の 負担 を 減らし て 地域唯一 の 病床 を 守り たい 」 と 話す 。
 17多く の 病院 は 、 再建 する 新病棟 の ベッド を 減らす 計画 を 立て て いる 。
 18背景 に ある の は 震災前 から 深刻 な 医師不足 だ 。
 19厚生労働省 の 12 年 末 時点 の 医療圏別医師数調査 によると 、 震災前 に比べ 、 福島県 の 相双 が 92 人 減 、 県中 が 40 人 減 。
 20岩手県 の 宮古 、 気仙 、 宮城県 の 気仙沼 、 石巻 も 軒並み 減っ た = 表 2 = 。
 21病院 は 大学医学部 など から 応援 を もらっ て 必要数 を 確保 し て いる 。
 22ただ 岩手県 で は 、 県外 から 受け入れ た 医師 数 が 13 年度 は 9 人 と 、 震災後 の 11 年度 24 人 、 12 年度 25 人 を 下回っ た 。
 23県 は 「 震災 の 記憶 が 薄れ 、 応援医師 が 減っ て き た 」 ( 医師支援推進室 ) と 危機感 を 示す 。
 24看護師不足 に 悩む 病院 も 多く 、 南相馬市 の 雲雀ケ丘病院 は 「 応援スタッフ を 送り出し て くれる 県外 の 病院側 に も 、 職員数基準 の 緩和 など 被災地 と 同じ よう な メリット が 必要 だ 」 と 訴える 。
 25今後 の 医療運営 は 被災地 の 人口流出 に も 向き合う こと に なる 。
 2615 年度 に 新病院 が 開業 する 気仙沼市立病院 で は 、 震災前 に 1 日 当たり 約1300 人 い た 外来患者 が 現在 は 約1000 人 に 減り 、 経営 を 圧迫 する 。
 27安海清院長 は 「 入院患者 も 震災前 から 1 割 減っ た 。 人口減 が 進め ば 病院経営 は さらに 厳しい 。 医療機関 は 復興 に 欠かせ ない インフラ と し て 、 国 や 自治体 は 支援策 を 充実 さ せ て ほしい 」 と 話す 。
 28◎ 地域包括ケア
 29/ 孤立 を 防ぎ 心 つなぐ
 30/ 宮城 ・ 女川町
 31仮設住宅 と 一軒家 が 混在 する 宮城県女川町 の 旭が丘地区 。
 32一角 に ある 集会所 から 歓声 が 響い て き た 。
 33ストレッチ や ゲーム で 、 お年寄り が 伸び伸び と 体 を 動かし て いる 。
 34「 脳梗塞 を 経験 し 、 被災後 は さらに 運動 の 機会 が 減っ た 。 だから 活動 が 楽しみ 」 と 話す の は 仮設住宅 に 暮らす 主婦 小松よし子さん ( 70 ) 。
 35仲間 とともに すっかり 常連 だ 。
 36活動 は 、 町 が 仮設住宅 の 集会所 など 8 拠点 で 展開 する 「こころとからだとくらしの相談センター」事業 。
 372011 年 11 月 から 保健師 や ケアマネジャー ら を 専門員 として 常駐 さ せ 、 健康相談 や 体操 、 お茶会 を 開い て いる 。
 3813 年度 は 既に 8300 件 の 活動 が あっ た 。
 39「 町民 の 健康 は 、 もともと 地域 の つながり で 保た れ て い た 。 それ が 震災 で 崩れ た 」 と 町健康福祉課 の 佐藤毅課長 。
 40「 町民 の 孤立 を 防ぎ 、 ニーズ に きめ細かく 応える 地域包括ケア として 定着 さ せ たい 」 と 意気込む 。
 41地域包括ケア は 、 医療 や 介護 、 予防活動 、 地域づくり を 一体的 に 取り組む 多業種ネットワーク だ 。
 42長期化 する 避難生活 で 調子 を 崩し た 人 へ の セーフティーネット に なる 。
 43町 で は 保健師 や 医師 、 作業療法士 等 専門家 が 連携 。
 44月 1 回 の エリア会議 で 住民情報 を 共有 し 、 切れ目 の ない 支援 によって 住民 を 包みこむ 。
 45包括ケア に 欠かせ ない 在宅診療 や 訪問看護 も 、 被災後 、 町唯一 の 医療機関 と なっ た 女川町地域医療センター が 取り組ん で いる 。
 46訪問診療 の 患者 は 月 20 人 程度 おり 、 定期的 な 巡回診療 は 町外 の 仮設住宅 で 月 3 回 、 離島 の 出島 で 月 2 回 、 江島 で 月 1 回 を それぞれ こなす 。
 47センター長 の 斎藤充医師 ( 49 ) は 「 復興 し た とき に 町民 が 健康 で なけれ ば 、 意味 が ない 。 出向く 医療 で 、 住民 の 心 を 女川 に つなぎとめる 効果 も 期待 し たい 」 と 話す 。
 48隣 の 石巻市 で も 昨年 8 月 、 約4000 人 が 暮らす 開成・南境仮設住宅 を モデル地区 に 、 地域包括ケア事業 を 始め た 。
 49市 は 16 年度中 に 拠点施設 を 設置 し 、 包括ケア を 市全域 に 広げ よう と し て いる 。
 50市 は 住まい や 健康状態 の 情報 を 一元化管理 する 被災者台帳システム も 14 年度 に 導入 する 。
 51全国初 の 試み だ 。
 52包括ケア の モデル事業 を 主導 する 市立病院開成仮診療所長 の 医師 、 長純一さん ( 47 ) は 、 16万 人 都市 に ケア網 を 広げる 上 で の 課題 について 、 人材不足 を 挙げる 。
 53「 専門職 だけ で なく 住民 ( 自治会 ) の 協力 が 欠かせ ない 」 と 指摘 。
 54「 被災地 が 一足先 に 迎える 超高齢化社会 を どう 支える か 。 関係者 が 一丸 と なれ ば 日本 の 新た な モデル が できる 」 と 言い切る 。
 55月 2 回 、 仮設住宅 の 集会所 で 島民 の 診療 に 当たっ て いる 。
 56◎ 通院支援
 57/ 送迎 、 患者 の 「 命綱 」
 58/ 石巻
 59午後 2 時 。
 60石巻市錦町 の 宏人会石巻クリニック に 福祉車両 や ワゴン車 が 横付け さ れ た 。
 61地元 の NPO法人 「 移動支援Rera ( レラ ) 」 が 運営 する 送迎車 に 、 透析 を 終え た 患者 が 次々 と 乗り込む 。
 62同市福地 の 今野まさよさん ( 62 ) は 週 3 回 、 通院 に レラ の 送迎 を 利用 する 。
 63目 が 悪く なり 運転免許 を 手放し た が 、 片道 約20 キロ の 通院 に 使える バス が 地域 に 走っ て い ない 。
 64「 レラ は 私 の 命綱 」 と 今野さん 。
 65「 足 の 具合 も 悪い ので 、 玄関 まで 送迎 し て くれ て 助かっ て いる 」 と 感謝 する 。
 66レラ が 移動支援 を 始め た の は 、 震災直後 の 2011 年 4 月 。
 67現在 は 地元スタッフ を 中心 に 車 9 台 で 送迎サービス を 続け て いる 。
 68昨年末 まで の 利用者 は 延べ 5万6000 人 。
 69月 1700 人 に 上り 、 うち 9 割 が 通院利用 だ 。
 70代表 の 村島弘子さん ( 38 ) は 「 震災後 に 家族 が バラバラ に なっ て 通院 が 困難 に なっ た 人 だけ で なく 、 もともと い た 移動困難者 から の 要望 が 増え た 。 公共交通 が 弱い 地方 に 必要 な サービス だ と 実感 し て いる 」 と 話す 。
 71被災地 で 好走 を 続ける 送迎サービス だ が 、 課題 は 運営資金 の 確保 だ 。
 72レラ の 活動 は 、 国 の 基準 で は 無償 の 範囲内 で 行う 「 登録 を 要さ ない 運送 」 に 当たる 。
 73利用者 から 受け取る の は ガソリン代 だけ 。
 74車 の 維持費 や 人件費 を 含め た 事業費 2000万 円 は 賄え ない 。
 7513 年度 は 民間 の 助成金 と 県 の 補助金 で 賄っ た が 、 いずれ も 1 年 限り の 措置 。
 7614 年度 の 運営資金 は 、 損保会社系財団 から 受け取っ た 30万 円 しか 確保 し て い ない 。
 77村島さん は 「 運営 は 綱渡り 。 国 や 自治体 は 地域 に 不可欠 な サービス と 認め 、 継続的 に バックアップ する 仕組み を つくっ て ほしい 」 と 切望 する 。
 78スタッフ も 被災者 が 多く 、 丁寧 な 対応 が 好評 だ = 2 月 18 日 、 石巻市錦町
 79◎ 医学部新設 / 自治体 の 協力 不可欠
 80政府 は 昨年 11 月 、 被災地 の 医療充実 を 目指し 、 東北 へ の 医学部新設 を 認める と 表明 し た 。
 81東北 で は 現時点 で 財団法人厚生会仙台厚生病院 と 東北福祉大 の グループ と 、 東北薬科大 ( いずれ も 仙台市青葉区 ) が それぞれ 新設 を 表明 し て いる 。
 82政府 は 10 月 ごろ まで に 対象校 を 正式決定 し 、 早けれ ば 15 年 春 に も 開学 する 。
 83特例的 な 措置 の ため 、 通常 の 学部設置審査 に 先立っ て 有識者会議 が グループ の 構想 を 検討 する 。
 84文部科学省 は 開学 の 条件 に ( 1 ) 医療現場 に 迷惑 を 掛け ない 教員医師 の 確保 ( 2 ) 卒業 し た 医師 の 地元定着 策 - など を 求め た 。
 85全国的 な 医師不足 を 受け 、 国 は 2008 年度 から 医学部定員増 で 対応 し て き た 。
 8614 年度 の 東北 6 県 の 医学部定員数 ( 779 人 ) は 07 年度 に比べ 219 人 増え た 。
 87ただ 12 年 の 国 の 調査 で 、 初期研修医 の 各県 定着率 は 3~5 割 に とどまる 。
 88宮城県 や 石巻市 で は 医学部誘致 の 専従職員 を 配置 し 、 支援体制 を 強化 し た 。
 89今後 は 2 グループ の 構想 だけ で なく 、 地元自治体 も 新設医学部 を 支援 する よう な 施策づくり が 望ま れる 。