Corpus overview Tags Word dependencies String search Tree search
Credits
日本語
ABC

      About context      Leaf-ancestor context Leaf-root context      Download bracketed trees

Context

title:Subtitle data from the NAIST-NTT Ted Talk Treebank (Version 1)
date:2014/10/06
source:003-MihalyCsikszentmihalyi_2004.ja.sent (Available from http://ahclab.naist.jp/resource/tedtreebank/).
genre:translated
subcorpus:translated subtitles
details:Graham Neubig, Katsuhito Sudoh, Yusuke Oda, Kevin Duh, Hajime Tsukada, Masaaki Nagata. The NAIST-NTT Ted Talk Treebank. International Workshop on Spoken Language Translation (IWSLT). Lake Tahoe, USA. December 2014.
terms of use:Creative Commons Share-Alike Attribution Non-Commercial License.

 1私 は ヨーロッパ で 育ち 第二次世界大戦 の とき 7 歳 から 10 歳 でし た
 2私 の 知っ て い た 大人 で この 戦争 による 悲劇 を 耐える こと の でき た 人 は わずか でし た
 3戦争 で 仕事 や 家 など の 拠り所 を 失っ て しまっ て 平穏 無事 に 満ち足り て 幸せ な 生活 すら 維持 でき ない 人 が 多い こと を 目の当たり に し て い まし た
 4そこで 何 が 人生 を 生きる に 価 する もの と する か という こと に 興味 を 持つ よう に なり まし た
 5ティーンエイジャー の 若者 ながら 哲学書 を 読み 芸術 と 信仰 や 多く の こと に 関わっ て この 問い の 答え を 探し求め まし た
 6そんな 中 心理学 と の 偶然 の 出会い が あり まし た
 7私 は スイス の スキーリゾート に 居 まし た が 遊ぶ お金 は あり ませ ん でし た
 8雪 も 融け て しまっ た のに 映画 を 見 に 行く お金 も 持っ て い なかっ た の です が -- チューリッヒ の 街中 で 講演会 を する という 新聞記事 を 見 まし た
 9空飛ぶ円盤 について 話す という こと でし た
 10私 は まぁ 映画 に も 行け ない の だ から 無料 なら 空飛ぶ円盤 の 話 を 聞い て み よう か と 考え まし た
 11その 晩 講演 し た 男 は とても 興味深い 人 でし た
 12小さな 緑 の 宇宙人 の 話 の 代わり に 彼 は ヨーロッパ人 の 精神 が いかに 戦争 で 傷つい た か を 述べ まし た
 13空 飛ぶ 円盤 を 空 に 見出す こと で 古代ヒンズー教 の 曼荼羅 に あたる もの を 空 に 映し出す こと で それ は 戦争後 の 混乱 の 中 から 何 か の 秩序 を 取り戻そ う という 試み だ と 語り まし た
 14私 は これ を とても 面白い と 思い まし た
 15この 講演 を 聞い て から 彼 の 本 を 読み 始め まし た
 16カールユング が その 人 でし た が それ まで は 名前 も 成果 も 知ら なかっ た の でし た
 17やがて 私 は アメリカ に 渡っ て 心理学 を 学ぶ こと に なり まし た
 18そうして 幸せ の 根本 は 何 か を 理解 し よう という 試み に 着手 し まし た
 19この グラフ は 多く の 人 が 説明 し て き た もの です
 20多く の バリエーション が あり ます
 21この 1956 年 に アメリカ で 行わ れ た 調査 で は 30 % の 人 が 人生 が 非常 に 幸せ だ と 答え て い ます
 22その 数字 は そこ から 全く 変化 し ませ ん
 23個人 の 収入 は インフレ を 考慮 し た 尺度 で 見る と この 期間 に 2 倍 以上 ほぼ 3 倍 に に 向上 し まし た が それでも 幸せ について は 同じ 結果 に なっ て い ます
 24貧困線 よりも 数千 ドル 多い 程度 の ある 基準 を 超え て しまえ ば 物質的 な 充足 は 人 の 幸福 と は 関係 し ない よう です
 25基本的 な 物 資物的 な 財産 が 不足 する と 不幸 に 結びつき ます が 逆 に 物的 な 財産 が 増え て も 幸福 は 増大 し ませ ん
 26以上 の よう に 実際 の 自分 の 経験 に 即し た 物事 を 見出だし た こと を 踏まえ て 私 の 研究 は もっと 焦点 を 絞り 日々 の 暮らし の 中 通常 の 経験 の 中 の いったい どこ で 我々 は 本当に 幸福 を 感じる の か という こと を 調べ て い ます
 2740 年 前 に この 研究 を 始める にあたり 創造的 な 人たち に 注目 し まし た
 28芸術家 や 科学者 など が 何 をもって その 人生 を 費やす に 値する と 考える の か
 29彼ら の 多く は その こと から 名声 も 富 も 期待 でき なくて も それでも 人生 に 意味 と 取り組む 価値 を 与える
 30それ は 何 か
 31この 人 は 70 年代 の アメリカ音楽 の 著名 な 作曲家 の 一人 です
 32インタビュー は 40 ページ に も 渡り ます が この 短い 抜粋 に は 彼 が インタビュー で 言っ て い た 内容 が よく まとまっ て い ます
 33作曲 が 上手く 行っ て いる とき に 彼 が どう 感じる か 説明 し て あり ます
 34彼 は その こと を 忘我 の 状態 と 表現 し て い ます
 35ギリシャ語 の 忘我 ( エクスタシー ) は 何 か の 横 に 立つ という 意味 です
 36その 状態 に なる と 日常 の 決まっ た 作業 を し て いる と は 感じ られ ない よう な 精神状態 を 表す たとえ として 使わ れる よう に なり まし た
 37忘我 とは 本質的 に は 異なる 世界 の 現実 に 足 を 踏み入れる こと です
 38それ は 興味深い こと です
 39考え て みれ ば 時代 の 頂点 と なっ た 人類 の 偉業 について 中国 であれ ギリシャ であれ ヒンズー文明 であれ マヤ文明 エジプト これら の 文明 について 知ら れ て いる こと は 彼ら の 忘我 の 世界 について で あり 日常生活 について あり ませ ん
 40我々 は 彼ら の 建て た 寺院 について 知っ て い ます
 41寺院 とは 日常 と は 別 の 現実 を 経験 する ため に 訪れる ところ です
 42円形競技場 を ご存知 でしょう
 43アリーナ や 劇場 これら は 古代文明 の 名残 と も いえる もの です
 44人々 は 濃密 で 秩序立て た 人生 を 味わう ため に 訪れ ます
 45この 作曲家 は そんな 場所 に 行く 必要 は あり ませ ん
 46この 場所 ここ の アリーナ も また ギリシャ の 円形劇場 の よう に 忘我 の 状態 の ため の 場所 です
 47毎日 慣れ親しん だ 人生 と は 異なる 別 の 現実 に 皆さん は 参加 し て おら れ ます
 48しかし この 作曲家 は そこ に 行く 必要 は あり ませ ん
 49小さな 楽譜 を 書き込む ため の 紙 だけ が 必要 な の です
 50作曲 を し て いる と これ まで 存在 し た こと の ない 音 の 組み合わせ を 想像 する こと が できる と いう の です
 51そこで -- ジェニファー が 即興演奏 し た とき の よう に -- 新しい 現実 を 作り出す 状況 に 到達 する こと これ が 忘我 の ひととき です
 52彼 は 別 の 現実 に 入り込む の です
 53彼 は 言い ます
 54これ は 非常 に 強烈 な 経験 で あたかも 自分 は 存在 し ない か の よう に 感じ ます
 55誇張 し た 絵空事 の よう に 聞こえる かも しれ ませ ん
 56ところが 実際 ヒト の 神経系 は 毎秒 110 ビット 以上 の 情報 を 処理 する こと は でき ませ ん
 57私 の 話 を 聞い て それ を 理解 する に は およそ 毎秒 60 ビット を 処理 し なけれ ば なり ませ ん
 58それだから 三 人 以上 の 話 を 聞く 事 は でき ず 三 人 以上 の 人 が 話しかけ て も 理解 でき ない の です
 59さて あなた が この 完全 に 没頭 し て しまう プロセス の 中 に あり この 人 と 同様 に 何 か 新しい もの を 作っ て いる と し たら 体 の 感覚 や 家庭 で の 問題 を 気 に する 分 の 注意力 は 残っ て い ませ ん
 60空腹 や 疲れ さえ も 感じ ませ ん
 61彼 の 意識 から は 体 も 自分 が 誰 か という こと も 消え て しまい ます
 62なぜ か と いう と 集中 し て 取り組む べき 何 か を うまく やり遂げ ながら 同時 に 自分 の 存在 を 感じる ほど の 注意力 は 残っ て い ない の です
 63だれ でも そう なり ます
 64そこ で は 人 の 存在 は しばらく 忘れ られ て い ます
 65彼 は 自分 の 手 が 勝手 に 動い て いる よう だ と 言い ます
 66でも 私 は 作曲 が でき ない ので 自分 の 手 を 2 週間 見 続け た と し て も 畏怖 も 驚き も 感じる こと は ない でしょう
 67その こと は 何 を 意味 する の か
 68インタビュー の ほか の 部分 に も 記さ れ た 自動的 自発的 な 過程 は よく 訓練 さ れ て 技術 を 身 に つけ た 人 に だけ 起きる の です
 69そして 創造性 の 研究 の 中 で こんな こと が 明らか に なっ て い ます
 7010 年間 特定分野 の 技術的知識 に 深く 関わる こと が なけれ ば 何 か 創造的 に なる など という 事 は あり ませ ん
 71数学 で も 音楽 で あっ て も 先行 する もの よりも どこ か に 優位性 の ある 物 を 作り出せる よう に なる に は それ だけ の 時間 は かかり ます
 72さて その 状態 が 生じる と 音楽 が 自然 に 湧き出 て くる と 彼 は 言い ます
 73私 が インタビュー を 始め た とき に お願い し た 人たち は 全て -- インタビュー は 30 年 ほど 前 の もの です が -- 実に 多く の 人 が こんな 状態 を 自発的 な 流れ と 説明 し ます
 74そこで 私 は この 種 の 経験 を フロー体験 と 呼ぶ こと に し まし た
 75これ は 様々 な 領域 で 生じ ます
 76たとえば 詩人 は こんな 風 に 表現 し ます
 77この 調査 は 私 の 生徒 が 行っ た もの で 米国 の 主要 な 作家 や 詩人 の 中 から 何 人 か に インタビュー を し まし た
 78同じ よう に この 忘我 の 状態 に 入る と 無理 なく 自然 な 感覚 に 到達 する と いう の です
 79詩人 は ドア を 開ける と 空中 に 浮かび上がっ て いく よう な 感じ と 説明 し ます
 80これ は アルバートアインシュタイン が 相対性の力 が どう 働く か を 理解 し よう と 苦労 し て い た とき に どうやって 着想 を 得 た か という 説明 と よく 似 て い ます
 81でも 他 の 活動 において も 生じる もの な の です
 82これ は 別 の 生徒 オーストラリア出身 の スーザンジャクソン が 世界 の 有力 な スポーツ選手 を 研究 し まし た
 83オリンピック の スケート選手 の 描写 です
 84選手 の 内面 の 状態 について 同じ こと を 描写 し て い ます
 85あなた 自身 が 音楽 と 一体 に なる よう な こと が 自然 に 起きる と は 思わ れ ない かも しれ ませ ん
 86また いちばん 最近 に 書い た 本 「 グッドビジネス 」 の 中 で 私 は 何 人 か の CEOたち に インタビュー を し まし た
 87これら の 人々 は 同業者たち から 非常 に 優秀 で 倫理 に 優れ 社会責任 を 担っ て いる と し て 推薦 さ れ た 人たち です
 88そして これら の 成功 し て 責任 ある CEO の 人たち が 言う よう に その 中 から 一部分 だけ に 成功 する という こと は ない の です 有意義 で 成功 する 仕事 を 望ん で いる の で あれ ば --
 89アニタロディック も また インタビュー を 受け た CEO の ひとり です
 90化粧品中 で も 自然派化粧品 の 雄 で ある ボディショップ の 創始者 です
 91彼女 の 情熱 は 仕事中 に ベスト を 尽くし て フロー の 状態 に 至っ て いる こと から 得 られる もの です
 92これ は ソニー の 創始者 で ある 井深大 の 味わい深い 一言 です
 93彼 は その とき ソニー を 始め た ばかり で お金 も なく 製品 も なく -- 製品 が なかっ た の です
 94何 も ない 状態 でし た が アイデア が あり まし た
 95彼 の アイデア という の は エンジニア が 技術革新 の 喜び を 感じ られ て 社会 に対する 使命 を 意識 し て 心ゆくまで 仕事 に 打ち込める 仕事場 を 作り上げる という もの でし た
 96「 フロー 」 が 職場 で どう 実現 さ れる の か これ 以上 よい 例 を 思いつき ませ ん
 97我々 の 研究 で は これ まで に すでに 世界中 の 研究者たち と 8000 回 以上 の -- ドミニカ の 僧侶 や 盲目 の 修道女 ヒマラヤ の 登山家 ナバホ の 羊飼い に も -- インタビュー を 行い まし た
 98彼ら は みな 自分 の 仕事 を 楽しん で い ます
 99そして 文化 に よら ず 教育 に も よら ず 人 が フロー に 入る とき の 条件 として 7 つ の 条件 が ある と 考え て い ます
 100この ポイント が 十分 強まる と 忘我 の 感覚 明晰 な 感覚 に 到達 する の です
 101それ は 時間 の 経過 と共に 常に 自分 が 何 を し たい の か 分かっ て い て ただちに フィードバック が 得 られる こと 何 を する 必要 が ある か 分かっ て い て それ が 難しく て も 可能 な こと で 時間 の 感覚 が 消失 する こと 自分自身 の こと を 忘れ て しまう こと 自分 は もっと 大きな 何 か の 一部 で ある と 感じる こと これら の 条件 が 満たさ れる なら あなた が し て いる こと は それ自体 で 価値 の ある こと に なり ます
 102我々 の 研究 で は この 簡単 な 図 で 人々 の 毎日 の 生活 を 記述 でき ます
 103そして 実際 に とても 正確 に これ を 測れる の です
 104参加者 に 1 日 十 回 鳴る ポケットベル を 配布 し て それ が 鳴る たび に 何 を し て いる か どんな 気分 か どこ に いる か 何 を 考え て いる か を 記録 し て もらい ます
 1052 つ の こと を 計測 し ます
 106それ は その 瞬間 に 経験 し て いる こと の 挑戦 の 度合い と その 瞬間 に 適用 し て いる 技術 が どの 程度 の もの か という こと です
 107それぞれ の 人 について 平均 を とっ て この 図 の 中心点 に し ます
 108その 人 の 平均的 な チャレンジ と スキル の レベル で 他 の 人 の もの と は 違っ て いる はず です
 109ともかく こうして 選ば れ た 平均値 を 図 の 中心 に し ます
 110中心点 の レベル が わかっ て いれ ば かなり 正確 に どんな とき に フロー状態 に 入る か 予想 できる よう に なり ます
 111つまり チャレンジ が 平均 よりも 困難 で スキル も 平均以上 の もの が 求め られ て いる とき です
 112あなた は 他 の 人 と は 非常 に 異なる やり方 で 仕事 を し て いる かも しれ ませ ん が この フロー の 入り口 は 誰 に も あり 自分 の 本当 に 望む こと を 行っ て いる とき に は そこ に 存在 し て い ます ピアノ を 弾く こと や 最高 の 友達 と の 時間 もし 仕事 が あなた に フロー を もたらし て くれる もの な の なら 仕事 の 時間 に も
 113さて 他 の 領域 は 次第 に 好ましく なく なり ます
 114覚醒 の 領域 で は 困難 に 挑ん で いる ので これ は よい もの です
 115あなた の 技術 は 求め られる もの ほど 高く ない の です が 技術 を もう 少し 高める こと で かなり 容易 に フロー に 入る こと が でき ます
 116覚醒 の 領域 から は ほとんど の 人 が 学べる でしょう
 117ここ は 彼ら が 快適 な 範囲 外 に 押し出さ れ て おり フロー の 領域 に 戻ろ う と し て 人 は もっと 高度 な 技術 を 身 に 着け ます
 118制御 の 領域 も 良い ところ です
 119ここ で も 人 は 快適 です
 120ただ あまり 刺激 は あり ませ ん
 121チャレンジ と いう に は あまり に 容易 な の です
 122制御 から フロー に 入り たけれ ば チャレンジ の 度合い を 高め なけれ ば なり ませ ん
 123これら の 2 つ は 望ましく そして お互い に 補い合う 領域 で フロー へ と たやすく 移動 でき ます
 124その 他 の チャレンジ と スキル の 組み合わせ に 移る と 次第 に 望ましい もの で なく なり ます
 125弛緩 も 悪く ない
 126気分 は よい です
 127退屈 は 避け たい もの です
 128無気力 は 非常 に 否定的 です
 129何 か を し よう という 気 が なくなり ます
 130スキル を 使わ ず チャレンジ も し ませ ん
 131不幸 な こと に 多く の 人 の 経験 は この 無気力 の 領域 に あり ます
 132テレビ の 視聴 が この 経験 に 寄与 する ところ は 大 で その 次 は トイレ で 座っ て いる とき
 133時に は テレビ を 見 て いる とき でも その 7-8 % の 時間 は フロー に 入っ て いる かも しれ ませ ん
 134それ は 本当 に 見 たい 番組 の とき です
 135そこ から 得る もの が ある とき です
 136答える べき 質問 は -- もう 時間 です ね -- 毎日 の 生活 の 中 で どう すれ ば より 多く の 時間 を フロー の 状態 に できる か
 137これ を 理解 し よう と 私たち も 努力 し て いる の です
 138皆さん の 中 に は アドバイス が なくて も 自分 で やり方 を 分かっ て いる 方 も いる でしょう
 139しかし 不幸 な こと に 多く の 人 は 分かっ て い ませ ん
 140それ に対して 我々 の 研究 が ひと つ の やり方 に なる の です
 141ありがとう ござい まし た