コーパス概要 タグ 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

textbook_TANAKAのコンテキスト表示

title Examples from the Tanaka Corpus
date 2008
source http://www.edrdg.org/wiki/index.php/Tanaka_Corpus
genre textbook
terms of use Creative Commons CC-BY licence


 1彼 は その 運動 に 関係 が ある の です か 。
 2道 を 歩い て いる とき 、 その 事故 を 見 た 。
 3彼 は ビール で 酔っ て い た 。
 4私 は 、 彼 の 言っ た こと は ある 意味 で は 正しい と 思う 。
 5彼 は 毎日 音読 する こと に し て いる 。
 6私たち は その 紳士 と 親しく 話し た 。
 7この よう な 習慣 は 廃止 す べき だ 。
 8白い 雲 が 青空 に 浮かん で いる 。
 9急が ない と 電車 に 間に合わ ない よ 。
 10彼ら は お互い に すぐ なじん だ 。
 11そんな に 興奮 する な 。
 12雪 の 中 で バス を 2 時間 も 待っ た 。
 13肉 に 合う ワイン は どれ です か 。
 14真昼 の 太陽 が テニスコート を 目 も 眩む ほど に 照らしあげ た 。
 15彼女 は 私 に とても 腹 を 立て て いる 。
 16案内人 は 私たち に ホテル の 場所 を 間違え て 教え た 。
 17お手紙 は 大雪 で 遅れ 、 やっと 今日 着き まし た 。
 18私 は 朝食前 に 運動 する こと に し て いる 。
 19私 は ベル が 鳴る の を 聞い た 。
 20テレビ が 壊れ て い て 、 修理 し ない と いけ なかっ た 。
 21今 と なっ て は 後戻り は 出来 ない 。
 22書斎 に 立てこもる 。
 23私 は この 国 に 骨 を 埋める つもり です 。
 24すべて の 人間 が 平等 に 創ら れ て いる わけ で は ない 。
 25選手達 は ボール を 奪い 合っ た 。
 26彼女 は ベッド の 上 に うつ伏せ に 倒れ て い た 。
 27私 は 姉 に 宿題 を 手伝っ て もらっ た 。
 28喜び で 彼女 の 顔 は ぱっと 明るく なっ た 。
 29彼ら は 、 学校 を 中退 し た 。
 30かご の 中 の バナナ の 半ば は 腐っ て い た 。
 31それ は 大きく て 黒い アメリカ の 軍艦 だっ た 。
 32健 は 毎日 サッカー を する 。
 33私 は 喫茶店 で コーヒー を 1 杯 飲み まし た 。
 34部屋 は 白い 服 を 着 た 女の子 で いっぱい でし た 。
 35家 に 帰る まで 財布 が なくなっ て いる の に 気がつか なかっ た 。
 36何 の 話 を し て い た っけ ?
 37今 すぐ 来 て いただける でしょう か 。
 38この 鞄 を 運ぶ の に ちょっと 手 を 貸し て ください 。
 39私 は ただ で コンサート の チケット を 貰っ た 。
 40彼 の 行動 を 認め ない 人 は ほとんど い ない 。
 41誰 が これ を し た の か は わから ない 。
 42私 は パーティー で 彼女 を 見かけ まし た 。
 43彼 は 英雄 の つもり だ 。
 44その 船 が 沈ん だ の は 明らか だ 。
 45彼 が テニス部 を やめ た 理由 は はっきり し ませ ん 。
 46最後 に 勝つ の は 正義 で あっ て 力 で は ない 。
 47莫大 な 利益 の 誘惑 に 勝て なかっ た 。
 48何故 彼 が 話す の を やめ た か わかり ます か 。
 49お父さん は 毎朝 新聞 に 目 を 通す 。
 50私 は 明日 彼 に 会う 。
 51それから 彼 は その ボール を 強く けっ た 。
 52彼 は 突然 意識 を 取り戻し た 。
 53ウッド夫人 は たいへん 料理 が 上手 でし た 。
 54私 は ジョン に 私 の 車 を 任せる こと は でき ない 。
 55こんな へま を し て 、 穴 が あっ たら 入り たい よ 。
 56彼ら が 仲良く やっ て いけ ない 予感 が する 。
 57失業者数 は 徐々に 増加 する だろう 。
 58まず 私 の 注意 を ひい た の は 、 哲学 だっ た 。
 59何 を し て よい の か わから なかっ た ので 、 私 は 黙っ て そこ に 立っ て い た 。
 60ロバート は 安全委員会 で は じゃま者 だ 。
 61彼 は イギリス へ 渡っ た 。
 62彼 は 、 時折 海辺 に 行く こと が 好き です 。
 63彼 は 自分 の 成功 を 鼻 に かけ て いる 。
 64父 が 忙しい ので 、 私 が 代わり に 行き ます 。
 65私 は ジョーンズ先生 に 作文 を 直し て もらっ た 。
 66デビー に 挨拶 し た が 彼女 は 完全 に 私 の 事 を 無視 し た 。
 67彼 は 成功 を 確信 し て いる 。
 68いつ でも 相談 に のり ます よ 。
 69あの 少女 の 目 は 青い 。
 70この 仕事 は われわれ の 必要条件 を 満たし て い ない 。
 71彼女 は 質問 を し 、 答える こと が できる 。
 72私たち が 出かける とき 、 家 は きちんと し て い た 。
 73日差し が 暑く て 、 彼ら は 疲れ て い まし た 。
 74彼ら は 彼 が 階段 から 降り て くる 音 を 聞い た 。
 75彼女 は 、 彼 を 、 死ぬ ほど 驚か せ た 。
 76同席 し て も いい かな 。
 77働く 女性 の 数 は 増え て いる 。
 78彼女 に だまさ れ て その 金 を 渡し た 。
 79初め に 、 我々 に は 今 お金 が ない 。
 80私 は 家 で 英語 の 勉強 を し ます 。
 81その 事故 で 15 人 が けが を し た 。
 82あなた の 援助 に 感謝 し ます 。
 83誰 も 部屋 を 出る こと が 許さ れ なかっ た 。
 84前 に 進ん で ください 。
 85彼 は 今夜 くる でしょう か 。
 86彼女 は 英語 を 勉強 する ため に その 大学 に 入っ た 。
 87太陽 は 地平線 の 下 へ 沈ん だ 。
 88君 は お兄さん に そっくり だ よ 。
 89よく 書ける 鉛筆 は 私 の もの です 。
 90彼女 は 私 の 誠実 な 友 に なっ た 。
 91レース の 後 、 疲れ果て た 。
 92そう 思い ます よ 。
 93彼 が 30 才 より 若い はず が ない 。
 94彼 は 悪天候 を つい て 来 た 。
 95これ が 彼 の 言っ て いる こと です 。
 96今日 は あなた は 楽し そう です ね 。
 97彼 は 1 時間 後 に やって来 た 。
 98彼 は たった 今 帰宅 し た ところ です 。
 99その 本 は 図書館 に ある でしょう 。
 100彼女 は 祖母 から バスケット を 編む 技術 を 学ん だ 。
 101彼 の 成功 の 一部 は 幸運 による もの だっ た 。
 102先週 私 は 彼 の 姉 に 会い に 行き まし た 。
 103浅草 に は 外国人観光客 が 多い 。
 104誤字 ・ 誤訳 の ご指摘 等 は 下記メールアドレス より お寄せ ください 。
 105彼女 を 一人 に し て おく の は 間違っ て いる と 我々 は 思っ た 。
 106もっと 注意 し て 仕事 を し なさい 。
 107彼 が この こと を 知ら ない と は 驚き だ 。
 108それ は 彼ら の 計画 にとって 壊滅的 な 打撃 と なっ た 。
 109雨 が 止ん だら すぐ に 出かけ ましょ う 。
 110さあ 、 一緒 に 来い よ 。
 111日本人 が 働き者 だ という こと を 我々 は よく 耳 に する 。
 112私 は 彼女 から 手紙 を もらっ た 。
 113私 は 作家 を 目指し て いる 。
 114蒔か ぬ 種 は 生え ぬ 。
 115男 は すぐ に 習慣 を 変え られる もの で は ない ん だ 。
 116彼女 にとって 息子 の 成長 は 何 に も 勝る 喜び だっ た 。
 117私 の 時計 は 修理 の 必要 が ある 。
 118今 あなた に 来 て もらえる なら なお よい の です が 。
 119私 は これ まで ずっと 健康 に 恵まれ て き た 。
 120もし 時間 が 許せ ば 博物館 を 訪れ たい 。
 121君 は もう 家 へ 帰っ て よろしい 。
 122彼 は 約束 を 破る が 、 それでも なお 私 は 彼 が 好き だ 。
 123その 発見 は 科学 の 進歩 と どのように 関わっ て い ます か 。
 124その 弁護士 へ の 報酬 は とても 高かっ た 。
 125藤原氏 は 今 ご在宅 でしょう か 。
 126彼女 の 手 は じっと し て い ない 。
 127彼 は リーダー として 尊敬 さ れ て いる 。
 128私 は バス を 待っ て い ます 。
 129彼 は 東京駅 まで タクシー で 行っ た 。
 130彼 は 模型飛行機 を 作る の が 好き だ 。
 131馬 に 乗っ た こと が あり ます か 。
 132私たち は 町 へ 直行 し た 。
 133あなたがた は 彼ら の 宗教 の こと を 考え なくて は なり ませ ん 。
 134約束 を 破る の は 良く ない 。
 135彼女 は いつも 幸福 そう だっ た が 、 実際 は 決して 幸せ で は なかっ た 。
 136網 が スクリュー に 絡まっ た 。
 137彼 の 心配 は すっかり なくなっ て い た 。
 138私 は 英語 で 手紙 を 書き 終え た 。
 139彼 は 忙しかっ た 。
 140その 家 は 南向き な ので 、 とても 日当たり が よい 。
 141私 が 父 の 代理 を する つもり だ 。
 142しかし 彼 は 英語 を 読む の は 下手 だ 。
 143もう 終わっ た かい 。
 144出席者 は 40 人 だっ た 。
 145彼女 は 僕 の 要求 に 応じ た 。
 146病気 の ため に 、 彼 は その パーティー に 参加 でき なかっ た 。
 147あなた は カナダ に いる 友達 に 電話 を かけ まし た か 。
 148君 が 悪い こと は はっきり し て いる 。
 149負傷 し た 男性 は 警察 が 到着 する 前 は 道路 に 横たわっ て い た 。
 150彼女 は 授業 が 始まっ て も 友達 に 話し 続け た 。
 151私たち は 母 の 45 歳 の 誕生日 を 祝っ た 。
 152君 は 君 を 助け て くれる よう な 友達 を 持た なけれ ば なら ない 。
 153小川 の 水 を 飲む 。
 154この 靴 を 磨く 必要 が ある 。
 155力 と 脅し による リーダーシップ に は 確か に マイナス面 が ある こと は 確か だ 。
 156昨晩 恐ろしい 夢 を 見 た 。
 157彼女 は どぎまぎ し て いる 。
 158母 は 外出 し て い ます 。
 159彼女 は 大声 で 助け を 求め た 。
 160悪い 習慣 を 取り除く こと は とても 難しい 。
 161私たち が お互い に 分かり 合う こと は 大切 だ 。
 162お母さん は 赤ん坊 を 風呂 に 入れ た 。
 163何とか 彼女 は 車 を 運転 できる よう に なっ た 。
 164私 の 意見 は あなた の と は 反対 だ 。
 165彼女 は メガネ を かけ て いる 。
 166あなた は 東京 に 住ん で い ます ね 。
 167用心 は 勇気 の 大半 。
 168我々 は 法律 に 従う 義務 が ある 。
 169新鮮 な 果物 や 野菜 は 健康 に よい 。
 170私 は その 問題 について じっくり 考え た 。
 171私 は もう 1 ドル もらえる 。
 172ほか の 人 は 私 の やっ て いる こと が 出来 ない だろう 。
 173彼 は 背 が 低く て 棚 の 本 まで 手 が 届か ない 。
 174費用 を 受け持つ 者 に 決定権 が ある 。
 175毎年 交通事故 で 亡くなる 老人 が 多い 。
 176私 は 前 の 日 に 買っ た 時計 を なくし た 。
 177三 人 の 中 で は メアリー が 一番 勤勉 で は ない 。
 178君 は 私 の 言う とおり に し なくて は いけ ない 。
 179小鳥 が 公園 の あちこち で さえずっ て いる 。
 180自分 で 使っ て み なさい 。
 181規則的 な 運動 は 健康 に よい 。
 182これ は 確か に 大ニュース です 。
 183この 部屋 は 日当たり が 良く ない 。
 184その 噂 で 彼 の 名声 が 傷つい た 。
 185彼女 は 沈黙 を 守る 必要 は なかっ た のに 。
 186私 は その 本 を 明日 まで に 読み 終え なけれ ば なら ない 。
 187雪 の ため 彼 は 外出 でき なかっ た 。
 188私たち は ショッピングセンター を ぶらぶら 歩い た 。
 189彼 は お金 の ため に 働い て いる 。
 190どんな こと が あっ て も その お金 を 取り返さ ね ば なら ない 。
 191彼 は 収入 に 応じ た 生活 を し て いる 。
 192きめ の 粗い 材質 が その 子 の 柔らかい 肌 を 傷つけ た 。
 193彼 は 本 を 読ん で いる 少年 に 近付い た 。
 194商店 は ひどかっ た し 工場 は もっと ひどい もの でし た 。
 195ママ は 午後 洗濯 を し なくて は いけ ない 。
 196なぜ 君 は 昨日 学校 を 休ん だ の です か 。
 197テーブル の 上 に オレンジ が ある 。
 198彼 は 大胆 に も 王様 に 話し掛け た 。
 199いったい どういう 意味 です か 。
 200全力 を 尽くす つもり です 。
 201彼女 は 私 の 腕 を つかん だ 。
 202彼女 の 推測 は 当たっ た 。
 203飛行機 で 行く の が 旅行 する の に 一番 早い 方法 です 。
 204遅れ て 到着 し た 学生 は 講堂 に 入れ ませ ん 。
 205労働争議 によって 失わ れ た 日数 が 反対ページ の 表 に 示さ れ て いる 。
 206スミス氏 は 文学 について の 講義 を し た 。
 207仕事 を 終え た 後 で 、 我々 は 共 に 話し合い を 楽しん だ 。
 208わたし に は する 仕事 が たくさん ある 。
 209控え目 に 言っ て も 、 彼 は よい 学生 で は ない 。
 210その 国 は たいへん 美しい に 違いない 。
 211我々 は 途中 で 会っ た 。
 212暴力 は 排除 し なけれ ば なら ない 。
 213その こと を 聞い て 私 は とても 悲しい 。
 214彼 の 胸 は 期待 に 弾ん だ 。
 215私たち は その 計画 に 賛成 し た 。
 216郵便配達人 が 来る と すぐ に 、 彼 は 急い で 郵便物 を 受け取り に 行く 。
 217彼女 は 自分 の エネルギー を 、 その 地域 の 貧しい 人々 を 助ける の に 注い で き た 。
 218彼 は 一 塁 へ 投げ た 。
 219彼女 は のんき だ 。
 220ここ から どれ くらい の 距離 です か 。
 221彼 は 一時 ここ に 住ん で い た 。
 222その 仕事 を やり遂げる の は たいへん だっ た 。
 223ケーキ を もう 食べ て しまっ た 。
 224商売 の いろは も 知ら ない 。
 225無条件 で その 計画 に 同意 し た 。
 226大きな 車 が 突然 止まっ た 。
 227ミスプリント の ない よう な 本 は ほとんど ない 。
 228戦争 は その 国 に 破滅 を もたらし た 。
 229学生 が 英文論文誌 に 論文 を 投稿 し て 、 「 条件付採録 」 に なっ て い ます 。
 230この 交渉 を 打ち切り たい 。
 231スクールバス が いっ ちゃっ た !
 232死ん だ 人たち を 悪く 言っ て は いけ ない 。
 233どう 考え て も 今 は 新事業 を 起こす べき で は ない 。
 234診察 は 午前 の 方 が 都合 が いい の です が 。
 235ジョン は 私 の 弟 と 同じ 年 です 。
 236平等 は 憲法 で 保障 さ れ て いる 。
 237彼女 の お母さん は 買い物 に 行き まし た 。
 238彼 は きっと うまく やる と 思う 。
 239彼女 は 先輩 を 追い越し て 昇進 し た 。
 240今 は とても 寒い 。
 241彼 は 出発 を 延期 する よう に 提案 し た 。
 242彼 の ふるまい から 彼 が 嘘 を つい て いる の は 明らか だ 。
 243その ピアニスト の 演奏 中 、 彼ら は 一心 に 耳 を 傾け た 。
 244我々 は 綿 の 代わり に ピーナッツ を 植え た 。
 245この 表 に は 過去 の 会員 も 含ま れ て いる 。
 246この 単語 を 省き なさい 。
 247私 は 学校 に 遅刻 し た こと が ない の を 誇り に 思っ てる 。
 248民 の 声 は 神 の 声 。
 249野球場 に は 多く の 興奮 し た ファン が い まし た 。
 250あなた は 彼 と 親戚 です か 。
 251ニューヨーク に は 高層ビル が 林立 し て いる 。
 252彼 は 深い ため息 を つい た 。
 253連邦準備制度 は 公定歩合 を 18 年間 で 最低 の 水準 に 引き下げ た 。
 254無駄 に し た 時間 を 埋め合わせる こと は 難しい 。
 255ボート は 大綱 で 岸 に つなが れ て い た 。
 256あんな こと を 人 に 言わ れ た の は 初めて だ 。
 257彼女 は 自分 の 部屋 に 入っ た とたん に 泣き はじめ た 。
 258この ことわざ が 使わ れる の を 聞い た 事 が あり ます 。
 259君 は 自分 を 抑える こと を 学ぶ べき だ 。
 260初め から 果敢 に 前 へ 出 て 圧倒 し 、 体勢 を 崩し た 相手 を 押し出し た 。
 261私たち は 親しい 友人 です 。
 262私 は タクシー を 待っ て い まし た 。
 263相互理解 は 平和 を 促進 する 。
 264チーズ は ナイフ で たやすく 切れる 。
 265彼女 は 仕事 が 終わっ て 直ちに 事務所 を 出 た 。
 266働きすぎ で 彼女 は 健康 を 損なっ た 。
 267彼 は 科学 に 熱心 だ 。
 268留学 し たい もの だ 。
 269宇宙船 は 月 を 回る 軌道 を 外れ て いる 。
 270彼 は さまざま な 経験 を し た 。
 271私 の 最初 の 考え は 的外れ で ある 。
 272私 は 話し手 に対して 反感 を 持っ た 。
 273その 儀式 は 悪霊 を 追い払う ため の もの で ある 。
 274彼女 は 火 に あたっ て からだ を 暖め た 。
 275ケイト の お父さん は 家 の 周辺 に いる 。
 276スポーツ は 友情 を はぐくむ もの だ 。
 277もう 戻れ ない 。
 278溺れ かけ て いる 男 は 大声 で 助け を 求め た 。
 279夕食 は 遅く なる よう だ 。
 280食べ 過ぎ て は いけ ない 。
 281夜 の 12 時 ごろ 、 私 は 眠っ た 。
 282もちろん 、 あなた を 手伝っ て あげ ます よ 。
 283経営者 は 彼 の 部下 を 意 の まま に 支配 し て いる 。
 284そこ に 行く こと に 決め た 。
 285食堂車 は 、 どこ に あり ます か 。
 286彼女 が 気の毒 だ なあ 。
 287夕食 を 作り ましょ う か 。
 288彼女 の こと を 思っ て 心配 する の は おやめ なさい 。
 289彼 が たばこ を やめる こと は 不可能 だ 。
 290悪天候 で 飛行機 が おくれ た 。
 291彼 は ついに 敵 と 向かい 合っ た 。
 292それで 彼女 は どう なり まし た か 。
 293君 は もう 寝 なけれ ば なら ない 。
 294彼ら は 有り金 を すべて 奪わ れ た 。
 295私 は あの 店 で 赤い セーター を 買っ た 。
 296男性 は 色っぽい 女性 が 大好き な の です 。
 297その 少年 は お金 を ポケット の 中 へ 突っ込ん だ 。
 298独裁者 が 部族 に対し その 降伏条件 に 無理矢理 同意 さ せ た 。
 299私 は エレベーター で 下 に おり た 。
 300彼 は 世界平和 の ため に 超人的 な 努力 を し た 。
 301私 が そこ に 出向く 必要 が あり ます か 。
 302父 は 傘 を 持っ て 出かける と 、 必ず どこ か へ 置き 忘れる 。
 303今月末 まで に 、 あなた は この 仕事 を 終え なけれ ば なら ない 。
 304来月 子供 を 生み ます 。
 305彼女 が 入っ て き た 時 、 私たち は 食事 を 終え て い まし た 。
 306その 漁師達 は 網 を 海 に 投げ た 。
 307お母さん は いらっしゃい ます か 。
 308こんな に 激しく 雨 が ふっ て いる 状態 で は 、 出発 なんか でき ない 。
 309作業員 は 新しい 家 に 配線工事 を し て いる 。
 310実 の ところ 、 彼 は その 件 について ほとんど 知ら ない 。
 311物価 の 上がり 下がり が 金融危機 を 引き起こし た 。
 312犬 を 飼う ため の 基本的 な ルール は 何 です か 。
 313ジョージ は その 犬 に 鎖 を つけ た 。
 314トム は まだ 入院 し て いる 。
 315私 は 朝食 の 前 に シャワー を 浴び た 。
 316私 に は 処理 し なけれ ば なら ない こと が たくさん ある の です 。
 317その 女の子 は 誰 か が ドア から 出 て 行く の が わかっ た 。
 318英語 は 好き な の でしょう 。
 319私たち は ジェーン が 川 を 泳い で 渡っ て いる の を 見 た 。
 320彼女 は 学問 を 愛する 気持ち が ある 。
 321その 少年 は 箸 で 食べ て み た 。
 322彼 の 行動 に どの 程度 まで 責任 が 持て ます か 。
 323最初 は みんな 、 彼 の 無実 を 確信 し て い た 。
 324彼 は この 一節 を 詳しく 説明 し た 。
 325ブラウンさん は もう 日本料理 を 食べる の に 慣れ て いる 。
 326ビル は 編集部員 です 。
 327彼 は 彼女 の 嘆き の 種 でし た 。
 328初期 の ジェット旅客機 の 墜落事故 は 機体 と エンジン の 金属疲労 の よう な 技術的欠陥 が 原因 で 起こる こと が 多かっ た 。
 329来週 また 会い たい 。
 330私 は 午後 は 絵 を 描い て 過ごし た 。
 331この 写真 を 見る と 必ず 父 を 思い出す 。
 332彼 は 朝早く 出発 し た 。
 333火 が 燃える に は 酸素 が いる 。
 334私 は 最近 ずっと 忙しい 。
 335相手 の 方 が お出 に なり まし た 。
 336私 に は 君 が 持っ て いる よう な 形 の 上着 が ほしい 。
 337彼女 に対して 強い 態度 を とる 。
 338私達 は 新居 で 快適 に 暮らし て い ます 。
 339彼女 は 泣き 続け た 。
 340彼女 が 働く 必要 は ない 。
 341私たち は 旅行 の 途中 で しばらく 東京 に 滞在 し た 。
 342洋子 は コンピューター を 買え ない 。
 343財産 は 3 人 兄弟 の 間 で 分配 さ れ た 。
 344いまさら 後悔 し て も 無駄 だ 。
 345理事会 も そう だ 。
 346男 が 女 に なれ ない の は 、 サル が 人 に 進化 でき ない の と 同じ だ 。
 347それ だけ が わたし の 望み 。
 348きちんと 戸 を 閉め なさい 。
 349君 の 勇気 に は 感動 し た 。
 350その ホテル は 食事 で 有名 で ある 。
 351近い うち に お会い し たい 。
 352この 1 年 の 間 に 、 物価 は 2 倍 に なっ た 。
 353彼 は 今 まで 1 度 も 学校 に 遅刻 し た 事 が あり ませ ん 。
 354跪い て あの 娘 に 頼ん だ よ 。
 355予定到着時刻 を 教え て ください 。
 356彼 は 最も 美しい 花 が 好き だ 。
 357彼 は 貧乏 の まま だっ た 。
 358ひょっとしたら 、 何 か 彼女 が 一人 で やっ た こと を しっ て いる かい 。
 359うち の 大学 に は すばらしい スポーツ施設 が ある 。
 360あなた の 財布 は 私 の に 似 て いる 。
 361それ は 紛れ も ない 事実 で ある 。
 362私 は 彼 に すぐ に 追いつい た 。
 363おしぼり が 欲しい の です 。
 364君 は 自分 で 重要 だ と 思う 本 を 読む べき だ 。
 365彼女 は 私 に 誕生日 の 贈り物 として 時計 を くれ た 。
 366この 煙突 は レンガ で 出来 て いる 。
 367私たち は 険しい 山 を 登っ た 。
 368彼女 は 彼 の 隣 に 住ん で いる 。
 369私 は 彼 に は 我慢 が なり ませ ん でし た 。
 370少女 は まだ 10 歳 だ というのに 字 が うまい 。
 371彼 に 与え られ た 職務 は 市場調査 だっ た 。
 372私 は 彼女 が かわいい の を 知っ て い ます 。
 373父 は 怒っ た 顔 を し て 私 を ちらっと 見 た 。
 374彼 は 明日 まで に その 仕事 を 終える だろう 。
 375その 少年 は 冒険 に 飢え て いる 。
 376私 は あなた に 会い たい 。
 377その 言葉 は 彼 の 自負心 を 傷つけ た 。
 378キャロル は たった 今 ホテル に 戻っ て き た 。
 379全て の 生徒たち が 辞書 を 持っ て いる わけ で は ない 。
 380知的 な 会話 が 好き です 。
 381彼 は 提案 に対する いかなる 反論 も ただ 排除 し た 。
 382駅 に 行く の に タクシー が 必要 だっ た 。
 383私たち が 結婚 し て から すでに 10 年 に なる 。
 384彼女 は 夜 学校 に 通う 。
 385この 薬 は 鼻水 に 不思議 な ほど よく 効く 。
 386来週 まで 延期 し ましょ う 。
 387犬 が 猫 を 追いかけ 、 猫 が ネズミ を 追いかける 。
 388どの 電車 に 乗っ たら 良い の か はっきり わかり ませ ん でし た 。
 389ケイト は 犬 を 飼っ て いる 。
 390私 の 時計 は きちんと 動い て いる 。
 391古い ピアノ だ よ 。
 392その 軍隊 は 十分 な 武器 を 持っ て い た 。
 393私 は スキー を し て い て 怪我 を し た 。
 394彼 が 首 に なっ た 理由 を 教え て 下さい 。
 395厳しい 資金不足 で 計画 は ストップ し て いる 。
 396星印 は 重要 な 参照文献 を 示す 。
 397恐れ入り ます が 、 窓 を 開け て いただけ ませ ん でしょう か 。
 398彼 は 科学 の 研究 に 一生 を ささげ た 。
 399彼 は 父親 に 劣ら ず 利口 だ 。
 400私 は その 話 を 暗唱 する こと が でき た 。
 401決して 終わら ない 。
 402私 は スキー で けが を し た 。
 403彼女 は 機嫌 が 悪い 。
 404銅 も 銀 も 金属 で ある 。
 405私 は 彼 から 直接 その 情報 を 入手 し た 。
 406野球 の 試合 を し よう 。
 407勤勉 な 人 は 人生 で 成功 する 。
 408息子 の 犯罪行為 が 彼 に 苦痛 を 与え た 。
 409私 は もう 一 度 やっ て み よう と 決心 し まし た 。
 410彼女 は 勉強部屋 から 出 て いっ た 。
 411緊急 の 時 に は 警察 へ 電話 し なさい 。
 412彼ら は 警告 に 全然 注意 を 払わ なかっ た 。
 413スーザン は 本当 に 母親 に 似 て いる 。
 414ちょっと あなた の ビデオカメラ を 見せ て 下さい 。
 415年月 が 経っ た 。
 416君 は その コンサート を テープ に とっ た か 。
 417ほとんど の 科学者 は 彼 の 発見 を 軽視 し て いる 。
 418その 博物館 は 訪れ て みる だけ の 価値 は ある 。
 419彼 は 費用 を 度外視 し た 。
 420私 が 持っ て いる の は 本 だけ です 。
 421その 説明 に対する 彼 の 答 は とどのつまり 意味 を なさ ない 。
 422彼 は ホテル の ボーイ として 生計 を 立て て いる 。
 423ひょっとすると 彼 は 今 留守 かもしれない 。
 424概して 、 温暖 な 国 の 人々 は 早寝 早起き で ある 。
 425見つかっ たら ひどい 目 に 遭う ぞ 。
 426彼女 は 僕たち の 手助け に 感謝 し た 。
 427ちょっと お茶 でも 飲ん で 休憩 し ませ ん か 。
 428彼女 と の 出会い が 始まっ た 。
 429安全 の ため 、 使用前 に プラスチック ・ ケース を はずし て 下さい 。
 430法律 が 多けれ ば 多い ほど 、 違反者 も 多く なる 。
 431彼 は まるで 子供 だっ た ので 、 誘惑 に 負け た 。
 432子供 は 泣い て いる うち に 眠っ て しまっ た 。
 433私 の 弟 は 切手収集 を 大いに 楽しみ に し て いる 。
 434彼女 に 会わ ない 日 は ほとんど 一 日 も なかっ た 。
 435あの 男性 は 誰 です か 。
 436その 少女 は 私 に 微笑みかけ た 。
 437すぐ に その 問題 を 解く こと は 難しい と わかっ た 。
 438君 に は 嘘 は つけ ない よ 。
 439その 法案 に は 反対 の 議論 が 多かっ た 。
 440医者 を 呼ん で 下さい 。
 441全部 そろっ て いる よう です 。
 442あなた は 家 に い なくて も よろしい 。
 443彼女 は ガン の せい で 死ん だ 。
 444彼 は よく 土曜 の 夜 に 外食 し ます 。
 445遅かれ早かれ 彼女 は ショック から 立ち直る だろう 。
 446新しい 仕事 で 彼 は 気 が 張っ て い た 。
 447私 は ちょうど 朝食 を 済ませ た ところ です 。
 448医者 は 彼 に 休養 する よう に 命令 し た 。
 449先生 は 生徒たち を 笑わ せ た 。
 450彼女 は つまらない 事 で すぐ 気分 を 害する 。
 451寝 た 方 が 良い 。
 452彼 は 望遠鏡 を 自分 の 目 に 合う よう に 調整 し た 。
 453早起き に なれ て いる から 。
 454大統領 は 投票 の 過半数 をもって 選ば れる 。
 455わき腹 が 痛い 。
 456昇進 を 期待 し て 一生懸命 働い た 。
 457あれ は 彼 が 書い た 絵 です 。
 458生徒たち は みんな 休日 が 好き だ 。
 459小さな 村 で は 生活 は ひどく 単調 です 。
 460歌 で 子供 を 寝かしつける 。
 461最後 に は 正義 は 勝つ もの だ 。
 462私 は 彼 の 小説 を 読め ば 必ず 深く 感動 する 。
 463人生 は せいぜい よく み て も たいへん 短い 。
 464彼 は あらゆる 種類 の 人 と 接触 する 。
 465メインディッシュ を 魚 に し まし た 。
 466彼 に は よく ある こと だ が 不注意 な 誤り を し た 。
 467この 車 の 修理 を お願い し ます 。
 468彼 の プロジェクト は 助成金 で まかなわ れ て いる 。
 469あの 本 は どう し まし た か 。
 470洪水 で 3 人 の 人 が 行方不明 だ 。
 471その 眼鏡 は いくら だっ た の 。
 472あの 写し は 原本 と 違う 。
 473その 学生 は 、 間違い の 原因 を 説明 でき なかっ た 。
 474猿まね は やめろ 。
 475骨 が 喉 に ひっかかっ た 。
 476彼女 は いわゆる 学者馬鹿 だ 。
 477その 服 は 新しく デザイン さ れ た もの だ 。
 478ここ に 車 を 止め て は 行け ない 。
 479健康 が まさる こと は 言う までも ない 。
 480子供達 は 勉強 する こと より も 遊ぶ こと の 方 が 好き で ある 。
 481彼女 が 私 の 住所 を 忘れ た はず が ない 。
 482熱 によって 水 は 氷 に 変わる 。
 483この 理論 の 根拠 を これ から 実証 し よう 。
 484主要 な 目的 を 見失っ て は なら ない 。
 485自分 の 才能 を 示す ため に 、 めった に ない この 機会 を 最大限 に 利用 す べき だ 。
 486人 は どんな に 年 を とっ て も 学ぶ こと が できる 。
 487東京 で マイホーム を 持つ こと は 難しい 。
 488同じ 心 を もっ た 人 は 2人 と い ない 。
 489困難 に 、 彼 は 両親 に 助け を 求め た 。
 490限界 まで 泳ぎ 続けろ 。
 491ボブ は めった に 両親 に 手紙 を 書か ない 。
 492ネズミ は 走り 、 ネコ は それ を 追いかけ た 。
 493ここ に オリンピック 大会 の 開会 を 宣言 し ます 。
 494危なかっ たら 私 に 連絡 し なさい 。
 495彼 が 有罪 だ と いう が 、 私 は その 反対 だ と 信じ て いる 。
 496守れ ない 約束 を し て は いけ ない 。
 497トム は 誠実 というより 抜け目 が ない 。
 498彼 は 遠く から 眺め て い た 。
 499彼女 の 微笑み で 私 は 彼女 の 私 へ の 信頼 を 確信 し た 。
 500ここ で 、 バス を 降り ましょ う 。
 501僕 は 水泳部 に 入っ て い ます 。
 502トラック が 自動車 に 衝突 し た 。
 503はじめ に 車 を 確かめ ずに 通り を 渡っ て は なら ない 。
 504彼 は 自分 の 考え を ノート に 書き留め た 。
 505私 は 人権侵害 に 反対 だ 。
 506ここ が 痛い です 。
 507壷 に は 砂糖 が 残っ て い ない 。
 508彼 は 仰向け に 寝転ん だ 。
 509彼 の 考え方 に は ユーモア という もの が ない 。
 510話し 合う 問題 の リスト を 作っ て 下さい 。
 511彼 は レース で 1 着 だっ た 。
 512彼 は 息 を 止め た 。
 513先生 の 忠告 に 従っ て 行動 し た ほう が よい 。
 514新しい 資料 を お送り ください 。
 515彼 は 私 の 長男 の 名付け親 で あっ た 。
 516ここ だけ の 話 だ が 、 この 品物 は 売れ行き が 悪い 。
 517この 鍵 を 預かっ て くれ 。
 518彼女 は 最後 に き た 。
 519彼 が 大きな 事 を 言え ば 言う ほど 、 その 言葉 の 中 を 見出す の は いっそう 困難 だっ た 。
 520多く の 分野 で 世の中 は ずいぶん 変わり まし た 。
 521その 運動 を し て 若返っ た 。
 522彼女 は 鉛筆 で 紙 に 円 を 描い た 。
 523彼女 は 黒 の パーティードレス が とても よく 似合う 。
 524窓 から は 海 が よく 見える 。
 525彼 は 試験 に 合格 する ため に できる 限り の 努力 を し て いる 。
 526サンフランシスコ から ニューヨーク です 。
 527その 条約 が 踏みにじら れ て 戦争 が 起こっ た 。
 528彼 は 毎週 10 ドル を 貯金 し て いる 。
 529今日 では 審判 に なる の は 容易 で は ない 。
 530その ボクサー は 試合 の ため に 体重 を 減らし た 。
 531彼 に は 五 人 も 兄弟 が いる 。
 532彼女 は 彼 の ため に 口添え し た 。
 533彼女 は 薬 を 皆 子供 の 手 の 届か ない 所 に 置い た 。
 534私たち は トランプ を し ながら 楽しい 時間 を 過ごし た 。
 535彼女 は その 皿 の 模様 が 気に入っ て いる 。
 536彼女 は その 結果 を とても 知り た がっ て いる 。
 537まるで 酔っ て いる よう だ 。
 538多く の 国 に は 、 麻薬 に対する 厳しい 法律 が ある 。
 539ますます 暖かく なっ て き まし た ね 。
 540動物 の 体 は 細胞 で でき て いる 。
 541マイク に は フロリダ に 数 人 の 友達 が いる 。
 542彼女 は 彼 に 失礼 な 態度 を とっ た こと を 後悔 し た 。
 543彼女 は 時計 の 針 を 進め た 。
 544ジョン の 母親 は とても 若く 見える ので 、 よく 彼 の 姉 と 間違え られる 。
 545第二 に 、 当時 の ヨーロッパ の 識字率 が 低かっ た こと だ 。
 546私たち は 太陽 が 地平線 の 下 に 沈む の を 見 た 。
 547手 に ペンキ が 付い た 。
 548彼女 は パーティー の ため に 入念 な 準備 を し た 。
 549最近 、 以前 から ある 痔 が 痛み ます 。
 550早く 帰っ て いらっしゃい 。
 551確か に 彼 は ハンサム で ない が 、 人 が よい 。
 552ジム は スキー を し て い て 脚 に 肉離れ を 起こし た 。
 553その 音 は だんだん 大きく なっ た 。
 554警官 は 、 現場 の 近く を ロープ で 囲っ た 。
 555泥棒 が 逃げ た ので 、 警官 が 追いかけ た 。
 556違い が いろいろ ある にも関わらず 、 ジョーン と アン は 友達 同志 で いる 。
 557鉄 は 金 より も 固い 。
 558彼ら は 2人 とも 学童 で ある 。
 559もっと 注意深く なら なけれ ば なら ない 。
 560あなた は いつ ニューヨーク を 訪れ まし た か 。
 561赤ん坊 が 食べ物 を かむ よう に なる 。
 562かなり の 多数 の 乗客 が 船 に 乗っ て い た 。
 563彼ら は 、 買い物 に 行く 。
 564その 知らせ は 全く 寝耳 に 水 だっ た 。
 565葵さん は なんて 優れ た ダンサー な の でしょう 。
 566彼女 は 旅行 から 帰っ た 。
 567息 を 止め て ください 。
 568あなた の おじさん は 何 歳 です か 。
 569おっしゃる こと に は 同意 でき ませ ん 。
 570南ターミナル は どこ です か 。
 571私 の 町 に は お城 が ある 。
 572彼 は 昨日 手術 を 受け た 。
 573彼女 は その 計画 を あきらめ たい 気 が し た 。
 574彼 は 速く 泳げる 。
 575風 は とても ひどく 吹い て いる 。
 576彼 は 真夜中 まで 家 に 帰ら なかっ た 。
 577君 は 君 の 役割 を 果たせ 、
 578僕 は その 他 の 事 を やる 。
 579彼 は 彼女 の 気 を 引こ う と し た 。
 580その 法律 は まだ 有効 で ある 。
 581村人 は 井戸 から 水 を 手 で 汲み上げ なけれ ば なら なかっ た 。
 582痛かっ た でしょう ?
 583セミナー の ご案内 と共に 、 この 情報 を 貴社内 の 担当 の 管理職 に ご転送 ください 。
 584彼 は 試し に 短い 物語 を 書い て み た 。
 585彼 は 危険 に 身 を さらし た 。
 586ほとんど 内容 の ない 議論 だっ た 。
 587お会い でき て とても うれしい 。
 588訪問者 は 彼 の 妹 に 伝言 を 頼ん だ 。
 589こんな 大金 は 手 に し た こと が ない 。
 590彼 が 大変 驚い た こと に は 、 彼 の 犬 は 死ん で い た 。
 591平泳ぎ は 出来る が 、 背泳ぎ は 出来 ない 。
 592彼 は 足 で その ボール を けっ た 。
 593この バラ は 甘い 香り が する 。
 594最近 彼女 から 手紙 を もらい まし た か 。
 595どうぞ 道 を 教え て ください ませ ん か 。
 596鈴木さん に は 娘 が 3 人 いる 。
 597大統領候補者 として 推薦 さ れ て い た 。
 598最近 、 日本 の 父親 の 威厳 と 重要性 は 減少 し た 。
 599私 は 内閣 の 総辞職 が ある と 思う 。
 600教会 は 町 の はずれ に 立っ て いる 。
 601今度 は 徒歩 か 自転車 で そこ に 行く つもり です 。
 602彼 は 東洋芸術 の かなり の 専門家 だ 。
 603その 映画 の 結末 は どう なっ て い ます か 。
 604誰 か が 間違っ て その お金 を 持っ て いっ た の は 明白 だっ た 。
 605彼 は ドア を あけ た 。
 606あなた は 新しい 秘書 の 方 です ね 。
 607候補者たち は その 論点 について 徹底的 に 論じ 合っ た 。
 608私 は 毎晩 ラジオ を 聞き ます 。
 609今日 は 日曜日 だ 。
 610何 ヶ国 の 言葉 を 話せ ます か 。
 611多分 彼女 は 来る でしょう 。
 612彼女 は 私 に 来る と 約束 し た 。
 613私 は メアリー に 会う たび に 、 彼女 から 何 か 新しく て 重要 な こと を 学ぶ 。
 614海 の 向こう から の 手紙 。
 615私 は 初めて 日本 に 来 た 。
 616私 は しつこい 風邪 が 抜け ない 。
 617彼 は 病気 の よう だっ た 。
 618とても おいしい よ 。
 619私 の 考え は 彼 の 考え に 反する もの だっ た 。
 620彼 が 選挙 に 勝つ 望み は ほとんど ない 。
 621今 すぐ に 行く 必要 が あり ます か 。
 622私 は ひとり で 行く の が 怖い 。
 623この ゲーム は フィクション です 。
 624会話力 に 磨き を かける ため 、 彼 は フランス に 行っ た 。
 625この こと から 、 会社 に は 事故 の 責任 が 無い こと に なる 。
 626気 に 入ろ う が 入る まい が 、 君 は 行か ね ば なら ない 。
 627彼 は 戸 が 騒がしく ノック さ れる 音 に 起こさ れ た 。
 628これ を 買い ます 。
 629彼 の 話 は 本題 から それ た 。
 630下 へ 行っ て 顔 を 洗っ て き なさい 。
 631彼 の 約束 は あて に なら ない 。
 632もう この 失恋 の 痛み に 堪える こと が でき ない 。
 633下 に 署名 し て ください 。
 634その ニュース を 聞い た とたん に 彼女 は 真っ青 に なっ た 。
 635再三 彼ら を 招待 し た が 決して こ なかっ た 。
 636その 本 の 注文 が 殺到 し た 。
 637先生 は 驚い て いる よう だっ た 。
 638来月 は とても 忙しい だろう 。
 639シートベルト を お締め ください 。
 640あなた が ここ に 居 た の は 幸い でし た 。
 641空 に は 無数 の 星 が きらめい て い た 。
 642彼女 は 毛皮 の コート を 手放さ なけれ ば なら なかっ た 。
 643その 会社 の 急速 な 成長 は その 独特 な 戦略 による もの だっ た 。
 644その スパナ を 取っ て くれ 。
 645これ は あなた の 口 に 合わ ない かもしれない 。
 646これ は ここ で は もう 使わ れ ませ ん 。
 647彼女 が 言っ て い た こと を 理解 する の は 困難 で あっ た 。
 648その 知らせ を 聞い て 身の毛 が よだっ た 。
 649君 の 言う こと は 、 僕 が 彼 から 聞い た こと と は 全く 違う 。
 650彼 を 避け て い た の は 賢明 でし た ね 。
 651ビジネスマン が 計算機 を 使っ て 計算 し て いる 。
 652その 解釈 は 学者 を 待つ までも ない 。
 653彼 は 英語教師 の 資格 が ある 。
 654多く の 人 が 同じ 間違い を し て き た 。
 655失礼 です が 、 あまり たいした こと は でき ませ ん でし た 。
 656道 の 真ん中 に 故障 し た 車 が とまっ て い た 。
 657夢 を つかめ !!
 658革命評議委員会 は 戦略 の 計画 を 立てる ため に 集まっ た 。
 659その 習慣 が 廃止 さ れ て 久しい 。
 660私たち は 君 に 一 つ 忠告 し たい 。
 661もし あなた の 助け が なかっ たら 、 私 は 試合 に 負け て い た でしょう 。
 662彼 は 事件 の 記録 を 調べ なけれ ば なら なかっ た 。
 663彼 は 私 を 殴り返し た 。
 664試合 が 始まる と すぐ 雨 が 降り 始め た 。
 665その 集会 は いかなる 核武装 に も 抗議 する こと を 決議 し た 。
 666私 は 10 分 の 余裕 を 見 て おい た 。
 667そんな うわさ が どうして 広まっ た か わから ない 。
 668今 この 応接間 に 入っ て は いけ ませ ん 。
 669彼ら は すぐ に 仕事 に 取りかかっ た 。
 670聖書 を 読む の は 初めて です 。
 671彼 は 海外旅行 の 経験 が ある 。
 672彼 は 生まれつき 冒険家 だ 。
 673その 鳥 の 翼 は 折れ て い た 。
 674ろうそく が 12 本 立っ た 誕生日 の ケーキ 。
 675その 老人 は 何 か 言い まし た 。
 676トイレ の 水 を 流す の を 忘れ ない よう に 。
 677犬 に えさ を やり まし た か 。
 678チーズ の 製法 を 教え て ください 。
 679だれ が この 封筒 を 破っ て 開け た の か 。
 680日本 の 会社 は 品質 について は 定評 を 得 て いる 。
 681話 の 焦点 は 内容 に 置か れ て いる 。
 682ここ は 禁煙 です 。
 683彼女 は 三 人 の 兄弟 が いる 。
 684彼 は 死ぬ の を 怖 がっ て いる 。
 685何 か 熱い 飲み物 が あり ます か 。
 686この 本 は 四 部 に 分かれ て いる 。
 687私たち は その 発表 に 注意 を 払う べき で ある 。
 688彼女 の 保健体育 の 講義 は さっぱり 理解 でき ない 。
 689彼 の 話 は 私たち を 笑わ せ た 。
 690私 は 日本語 を 上手 に 話す アメリカ人 を 知っ て いる 。
 691誰 が 彼女たち に テーブルマナー を 教え ます か 。
 692彼 の 額 の 傷 は 目立つ 。
 693寒気 が し ます よ 。
 694母乳 で 育て て い ます 。
 695彼女 は 手荷物 を たくさん 持っ て き た 。
 696すべて の 人 に 平等 の 話す 権利 が 与え られ て いる の は 言う までも ない 。
 697私 は いつも 薄着 です 。
 698ほとんど 話せ ない 。
 699その 母親 は 子供たち の 将来 を とても 心配 し て いる 。
 700しばらく ためらっ た 後 で 、 彼 は 本 を 机 の 上 に 置い た 。
 701その 戯曲 は うまく 舞台 に のら なかっ た 。
 702妹 の 持っ て いる 写真 。
 703彼 は その こと で ひどく 腹 が 立っ て い た 。
 704お手伝いさんたち は 主人 の 命令 を 実行 し よう と 努め た 。
 705うち の 経費 を 切りつめ よう 。
 706彼 は 夕食後 に 授業 の 勉強 を し ます 。
 707以前 は タバコ を 吸っ て い まし た ね 。
 708私 は 来週 17 歳 に なり ます 。
 709万一 彼 が こちら へ き たら すぐ 知らせ ます 。
 710私 は 家 を 買う 考え を 捨て た 。
 711お返事 ください 。
 712指導部 の 交代 は 、 国際 政治 経済 に 重要 な 影響 を 与える 。
 713財政赤字 の 削減 が 政府 の 大きな 関心事 で ある 。
 714この 猫 は 、 いわば 、 我が 家 の 一員 な の です 。
 715君 の 父さん は 君 の ため に あんな に も 苦労 し た の だ 。
 716彼 の 成功 は 私 にとって 大きな 喜び でし た 。
 717彼 が 来る まで 待ち ましょ う 。
 718この 猫 は ネズミ を 追いかけ ない 。
 719彼 は テニス の 選手 に なり たい 。
 720あなた は 人生 を あるがまま に 受け入れ なけれ ば なら ない 。
 721彼女 は アメリカ に 行っ て しまっ た 。
 722予約 は し て あり ます か 。
 723人間 は 大昔 に 道具 の 使用 を 覚え た 。
 724君 は いまや エリート集団 の 一員 だ 。
 725先日 私 は 通り で 級友 と 会っ た 。
 726小銭 の 持ち合わせ は あり ます か 。
 727ジョージ は 父親 と 同じ やり方 で 仕事 を し た 。
 728これ は ピカソ の 本物 の 絵 だ 。
 729夏 に は その 川 に よく 泳ぎ に いっ た もの だ 。
 730彼女 は スタイル が いい 。
 731彼 の 口調 は 少し おかしい 。
 732その 計画 は 必ず 成功 する 。
 733もう 言葉 で 頭 が 破裂 し そう 。
 734君 は 辞書 の 使い方 を 学ぶ べき だ 。
 735私 は 今週 お休み です 。
 736これ は およそ 500 年 前 に 建て られ た 。
 737彼 は 列車 に 間に合う でしょう か 。
 738だれ が 悪い の か 。
 739彼 は 本 を もし 読ん で も めった に 読ま ない 。
 740彼 が お父上 を 自慢 する の も もっとも だ 。
 741救急車 が 必要 です か 。
 742君 の アパート は 管理 が いい です か 。
 743彼 は 来る と 約束 し まし た 。
 744私 は 彼 と 話す の を 楽しん だ 。
 745日本人 は 気持ち を 伝える ため に 贈り物 を 交換 し ます 。
 746彼 は ロンドン の 貧しい 地区 に 住ん で いる 。
 747彼 は 愚か者 だ が 、 金 の 儲け方 は 知っ て いる 。
 748夕べ は ぐっすり 眠れ た よ 。
 749私 の 誤り が 彼 の 目 に 留まら なけれ ば よい が 。
 750持ち物 を 集め なさい 。
 751彼 は 私 が 本当 に 信頼 できる 唯一 の 友人 です 。
 752産科医 が 減り 続け 、 産科医療 が 危機 に 陥っ て いる 。
 753彼女 は トム の お姉さん です 。
 754その 建物 は 内外 とも ぼろぼろ に なっ て いる 。
 755お金 を 全部 使っ て しまい 、 私たち は 仕事 を 探しだし た 。
 756これ は 注目 に 値する こと です 。
 757その 家 は 我々 から 光 を 奪っ た 。
 758彼 の 兄 の 方 は いっそう 背 が 高い 。
 759彼女 は 大変 忙しかっ た 。
 760今 すぐ 立ち去れ 。
 761あの 先生 は 生徒 の 扱い方 が うまい 。
 762一人 で 旅行 する の が 好き です 。
 763動物 の 子供 は すぐ に 新しい 環境 に 順応 する 。
 764あなた の 時計 、 時間 は 狂い ませ ん か 。
 765君 の 行為 に は まったく がまん でき ない 。
 766すみ ませ ん が コショウ を 取っ て いただけ ませ ん か 。
 767ボート は 岸 へ 打ち上げ られ た 。
 768私 が この 行動 の 責任 は すべて 取る 。
 769シカゴ に 指名通話 を お願い し ます 。
 770事故 の 責任 が ある の は 君 だっ た 。
 771家族 を 養う ため に 、 彼 は 懸命 に 働か なけれ ば なら ない 。
 772彼 は いざ という 時 に 頼る もの が なかっ た 。
 773秋 に なる と 彼ら は 学校 へ もどる 。
 774困っ た こと に 、 私達 は お金 が 不足 し て いる 。
 775私 は 友人 を みんな 招い た 。
 776彼 は 何 度 も 何 度 も 努力 し た が 、 成功 し なかっ た 。
 777彼 は 自分 の 給料 について 不平 を ゆう の も もっとも だ 。
 778彼 は 不注意 の ため に 、 誤り を 犯し た 。
 779私 は その 質問 は 簡単 だ と 思っ た 。
 780多く の アメリカ人 が ジャズ に 興味 を 持っ て いる 。
 781調節レバー を 上 に 上げる と 座面 の 高さ を 調節 でき ます 。
 782苦境 に 立つ 。
 783彼女 は どうにか 自分 で バッグ 全部 を 運ん だ 。
 784ジョン は 速く 走る に は 太り すぎ て いる 。
 785彼 は フランス語 を 日本語 に 訳し た 。
 786先生 は 彼 を 放課後 残ら せ た 。
 787姉 は 人形 で 遊ん で い ます 。
 788わが チーム は 大学対抗 の トーナメント で 優勝 し た 。
 789その 書類 に は 彼 の 署名 が し て あっ た 。
 790彼女 は ブーツ を 一 足 買っ た 。
 791この 花 は いい 匂い が する 。
 792なぜ あんな 人 に お金 を 貸し た の 。
 793その 男 が つけ て くる こと に 気づい て 彼女 は 恐く なっ た 。
 794群衆 は 道 を あけ て 彼 を 通し た 。
 795星 が 輝い て い た 。
 796私たち は その 部屋 の 中央 に 座っ た 。
 797彼 の 意見 は 大体 において 正しい 。
 798たまたま 彼女 と は 顔見知り だっ た 。
 799彼 は いつ 大阪 から 戻っ た の です か 。
 800彼 は 間違いなく 私たち から 何 か を 隠し て いる 。
 801私 は 明日 大阪 を 出発 し て 東京 に 向かう つもり です 。
 802彼 は 前 と 同じ 返事 を し た 。
 803私 は 大阪 まで の オープンチケット を 持っ て い ます 。
 804もう 家 に 帰っ て も よい です か 。
 805私 は たまに しか 勉強 し ない 。
 806魚 は 泳ぐ こと は できる 。
 807彼 が 来る と パーティー が 台無し に なる 。
 808彼 は うまく いく よう に 強く 願っ て いる 。
 809これら の 本 を 書棚 へ 戻し なさい 。
 810その 鉄道 は 今 建設中 だ 。
 811彼 は 私 から あり金 全部 を 奪っ た 。
 812家 に 時計 を 忘れ た 。
 813この 花 は 何と 美しい の でしょう 。
 814日本語 は 朝鮮語 と 共通点 が ある 。
 815彼 の 人生 は 困難 で いっぱい です 。
 816約束 の 時間 まで に 必ず ここ に 来 なさい 。
 817時間 を 浪費 す べき で は ない 。
 818クレジットカード は 使え ます か 。
 819彼 は 明日 中国 へ 出発 する 。
 820彼 は 休暇 を 利用 し て ニューヨーク に 旅行 に 行く 途中 、 旧友 の 所 に ちょっと 立ち寄っ た 。
 821彼 は 英文学 の 大家 だ 。
 822行っ て みる と ホテル は 外国人旅行客 で いっぱい だっ た 。
 823私 は 知力 で は 彼 と 同程度 だ 。
 824フットボール は 歴史 の 古い 競技 です 。
 825本格的 に 雨 が 降り出し た 。
 826花 を 愛する 人々 は 幸福 で ある 。
 827彼女 は 何 事 に も あまり 関心 が ない よう な 印象 を 与える 。
 828不動産 の 価格 が 日本 で は 異常 な ほど に 高騰 し て き た 。
 829恐ろしい 光景 に 彼 は 戦慄 し た 。
 830その 話 は もう たくさん だ 。
 831川 は ここ で わずか に 右 に 曲がっ て いる 。
 832私 が 正しい と わかる でしょう 。
 833私 を 見 て その 赤ん坊 は 泣き出し た 。
 834彼 が 無罪 で ある と 信じる 十分 な 理由 が ある 。
 835武器 を 持ち歩く の は 法律違反 で ある 。
 836彼 は 自転車 で 行っ た 。
 837私たち は 来週 先生 を 訪問 し ます 。
 838公共 の 福祉 の ため に 働く 。
 839私 に は 10 ドル 未払い の 借金 が ある 。
 840その 芝居 の 後半 は 少し 退屈 だっ た 。
 841彼 の 死 の 知らせ は まさに 青天の霹靂 だっ た 。
 842その 光景 に 注意 を 引か れ た 。
 843それ により 状況 が 変る 。
 844彼 は 大々的 に パーティー を 催し た 。
 845その 計画 に対する 興味 が 半減 し た 。
 846このまま で は わが 国 の 国際競争力 は さらに 低下 する 恐れ が 大きい 。
 847疑い の 余地 は ほとんど ない 。
 848日本 で は 子供 は みんな 学校 に 行く 。
 849彼 は その 犬 を 追い払っ た 。
 850私 は デトロイト へ 車 を 運転 し て いき ましょ う 。
 851君 は もう この こと を 知っ て い て も よい 年 です 。
 852彼ら は 午前中 に 4 時間 の 授業 が あり ます 。
 853それ は 私 の 信念 に あわ ない 。
 854こんな こと が 二 度 と 起き ない よう に 気 を 付けろ 。
 855新しい 年金制度 が 実施 さ れる こと に なっ て いる 日 より 前 に 、 彼 は 退職 する 。
 856彼 は 科学 の 仕事 に 熱中 し て いる 。
 857私 は その 使い方 を 知り ませ ん 。
 858彼 は 寝る 前 に ちょっと 新聞 に 目 を 通し た 。
 859コンサート に あんな に 多く の 人 が いる の を 見 て 驚い た 。
 860私 は どこ か で 彼女 に 会っ た かもしれない 。
 861スポーツ なんて 時間 の 浪費 だ と 思い ます 。
 862自分 の 才能 や 興味 に関連して 仕事 を 選ぶ べき だ 。
 863私達 が 招待 し た 人 で まだ き て い ない 人 は い ます か 。
 864私 の 電話番号 を メモ し まし た か 。
 865休日 に 着る 手頃 な 着物 を 今 選ん で いる ところ です 。
 866彼 に 酒 を 飲ま せ ない よう に する こと は でき ない 。
 867約束 を 破る こと ほど 人 を 不愉快 に する もの は ない 。
 868まもなく マイク は 元気 に なる でしょう 。
 869発明 は いわば 必要 から 生まれる の だ 。
 870なんと ガム の おまけ だっ た の だ よ 。
 871私 は 初め は 彼 の 言葉 が 信じ られ なかっ た 。
 872リンゴ は 好き です か 。
 873彼 は 今月 まだ 報告書 を 提出 し て い ない 。
 874ジャック は どう し て も 私 の 手紙 に 返事 を 書こ う と し ない 。
 875私 は 医者 に なろ う と 決心 し た 。
 876私たち は エネルギー の 使用 を 減らす こと が でき ます 。
 877自由 に お金 を 使っ て いい です よ 。
 878委員達 は 彼ら の 席 に 戻っ た 。
 879彼 は 怖い 顔 を し て 私 を 見 た 。
 880彼 は 自分 から 謝る こと を し ない 。
 881私 は その 問題 に 同意 し ます 。
 882彼女 が それ を し た はず が ない 。
 883彼 の 言っ てる こと を 理解 する 事 は 困難 です 。
 884たとえ 10 年 かかっ て も 、 僕 は この 仕事 を やり遂げる 決心 だ 。
 885あなた と は どこ か で あっ た よう に 思わ れる 。
 886領収書 を いただけ ます か 。
 887愛し てる 。
 888費用 は 平均 し て 1 日 10 ドル だ 。
 889実は 私 が それ を やり まし た 。
 890私たち は 新鮮 な 空気 を 求め て 外出 し た 。
 891息子 は ないものねだり を し て いる 。
 892君 は 昨日 僕 に 会い に 来れ ば よかっ た のに 。
 893住所 を お聞き し て よろしい です か 。
 894彼女 の 美しさ は たとえよう も ない 。
 895英語 を 勉強 し なけれ ば なら なかっ た 。
 896彼 は 英語 を 話す の が 上手い 。
 897我々 は あなた が 一 度 約束 し た こと を 実行 する と 思っ て いる 。
 898その 計画 は 一般 に 受け入れ られ て いる 。
 899彼 は 風呂 に 入り 、 テレビ を つけ た 。
 900彼女 は ディナー を 食べ て いる ところ です 。
 901病気 の ため 彼 は その 会合 に 出席 でき なかっ た 。
 902コーチ の 忠告 が 私たち の チーム を 救っ た 。
 903地球 の 表面 の 3分の1 は 砂漠 で ある 。
 904砂漠 の 太陽 が 彼 に じりじり 照りつけ た 。
 905遠く に 銃声 が 聞こえ た 。