コーパス概要 タグ 語の依存関係 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      コンテキスト表示 について      Leaf-ancestor コンテキスト Leaf-root コンテキスト      括弧付きツリーをダウンロード

textbook_kisonihongoのコンテキスト表示

title:Examples from: Kiso Nihongo Bunpou (Basic Grammar of Japanese)
date:1992
source:Takashi Masuoka and Yukinori Takubo (1992). Kiso Nihongo Bunpou (Basic Grammar of Japanese). Kuroshio Shuppan, Tokyo
genre:textbook
terms of use:By permission of Kuroshio Shuppan (c)


 1輪 が 回る 。
 2輪 を 回す 。
 3人 が 集まる 。
 4人 を 集める 。
 5木 が 倒れる 。
 6木 を 倒す 。
 7授業 が 終わる 。
 8授業 を 終える 。
 9授業 を 終わる 。
 10花子 は 赤い コート を 着 た 。
 11太郎 は 手 を 上げ た 。
 12もっと ゆっくり 歩い て 下さい 。
 13いっしょ に 考え よう 。
 14いや な こと は 早く 忘れ なさい 。
 15その 人 の 名前 を 忘れ て しまっ た 。
 16太郎 は 貴重品 を うっかり 捨て て しまっ た 。
 17花子 は ゴール の 前 で わざと 転ん だ 。
 18もう しばらく 、 そこ に い なさい 。
 19最近 、 また 、 この 種 の 小説 が 読ま れ はじめ た 。
 20鈴木さん は カバン から 書類 を 取り出し た 。
 21友達 が 遊び に 来る ので 、 ビール を 冷やし て おい た 。
 22この 肉 少し 食べ て み た けれど 、 味 が おかしい よ 。
 23この 機械 の 動かし方 が よく わから ない ん だ けれど 、 ちょっと 動かし て 見せ て くれ ない か 。
 24家出 し た 娘 を 連れ戻し た 。
 25思いがけない 大金 が 転がりこん だ 。
 26衣類 を バッグ に 押しこん だ 。
 27その 話 を 聞い て 、 私 は 考えこん だ 。
 28会社側 の 態度 が 軟化 し た 。
 29この 小説 を 映画化 する の に は 、 30億 円 は かかる 。
 30店 が オープン する 。
 31この 地域 は 寒い 。
 32日本人 は 勤勉 だ 。
 33私 は 車 が ほしい 。
 34あなた は 車 が ほしい です か 。
 35太郎 は 車 が ほしい 。
 36太郎 は 花子 が 好き だ 。
 37水虫 は かゆい 。
 38猛獣 は 恐ろしい 。
 39太郎 は まだ 子供 な の だ 。
 40次郎 は 、 まだ 学生 な のに 、 多額 の 収入 を 得 て いる 。
 41日本人 は 勤勉 な の だ 。
 42あの 人 は 留学生 らしい 。
 43それ は 本当 の 話 か 。
 44あの 人 は 誰 だ か 知ら ない 。
 45何 が 何 だ か わから ない 。
 46それ は 本当 の 話 です か 。
 47あの 人 は 留学生 で ある らしい 。
 48それ が 本当 の 話 で ある なら 、 何 か 対策 を 考え なけれ ば なら ない 。
 49日本人 は 勤勉 らしい 。
 50その 人 が 有能 なら 、 問題 を うまく 解決 する はず だ 。
 51その 人 が 有能 で ある なら 、 問題 を うまく 解決 する はず だ 。
 52源氏物語 は 平安時代 の 作品 だ 。
 53紫式部 は 源氏物語 の 作者 だ 。
 54私 は 源氏物語 だ 。
 55今 の 仕事 は もうすぐ 完成 だ 。
 56この 店 は 明日 オープン だ 。
 57これ は 、 花子さん から です 。
 58太郎 も ゆっくり だ 。
 59どこ に 行く の です か 。
 60この 点 が 不自然 な の だ 。
 61太郎 は まだ 子供 な の だ 。
 62太郎 は まだ 子供 の よう だ 。
 63この 点 が 不自然 な ん だ 。
 64すぐ 帰っ て あげる こと だ 。
 65人前 で は よく 聞こえる よう に 話す もの だ 。
 66年末 は あわただしい もの だ 。
 67誰 か が 助ける だろう 。
 68あの 人 は おそらく 留学生 だろう 。
 69文法 は 難しい です か 。
 70その 話 は 、 よく わかり ませ ん でし た 。
 71A社 から 新製品 が 出 た そう だ 。
 72人 に 優しく ある べき だ 。
 73もっと 慎重 で ある べき だ 。
 74卒業パーティー に は 教師 が 20 名 、 生徒 が 140 名 出席 し た 。
 75教師 という もの は 、 常に 、 愛 を 持っ て 生徒 を 導か なけれ ば なら ない 。
 76とかく 、 学校 という ところ は 、 生徒 の 管理 を する 場所 に なり やすい 。
 77これら の 問題 の それぞれ について 30 分 ずつ 検討 し た 。
 78隊員たち は それぞれ 自分 の 部署 に 帰っ て 行っ た 。
 79田中 は 美智子 が 結婚 し た こと を 知ら なかっ た 。
 80君 は 彼 が 勉強 し て いる の を 見 た こと が ある か 。
 81その 泥棒 は 窓 から 逃げ よう と し て いる ところ を 捕まえ られ た 。
 82次 の 会議 の 時 に 、 また 議論 し よう 。
 83事故 の ため に 列車 は 30 分 ほど 遅れ た 。
 84教科書 の 指示 の とおり に 実験 を 行っ た 。
 85あなた の おかげ で 助かり まし た 。
 86おかげ で 助かり まし た 。
 87あなた の せい で 、 こんな こと に なっ た ん です 。
 88一 度 私 の ところ に 遊び に 来 て ください 。
 89そこ の ところ を 、 もう 少し 詳しく 言っ て いただけ ます か 。
 90いつも 、 あなた の こと を 考え て い ます 。
 91私 は その 人 の こと を 大学 の 先生 だ と 思っ て い た 。
 92庭 に 誰 か いる よ 。
 93この 問題 を 解い た 人 は 誰 も い ない 。
 94この 地域 の 人 は 、 誰 でも この 施設 を 利用 でき ます 。
 95今日 は 、 誰 に も 会わ ない 。
 96要求 が あれ ば 、 どこ に でも 行く つもり だ 。
 97太郎 は その 話 に 大変 驚い た 。
 98医学 も ずいぶん 進歩 し た もの だ 。
 99試験 は 、 あまり 難しく なかっ た 。
 100試験 が あまり 難しい と 、 合格者 は 出 ない だろう 。
 101非常 に 大勢 の 人 が 集まっ た 。
 102問題 の 建物 は 少し 北 に あっ た 。
 103店 に は 、 人 が いっぱい いる 。
 104予定 の 仕事 は だいたい 終わっ た 。
 105太郎 は 宿題 の こと を ほとんど 忘れ て い た 。
 106ほとんど 全員 が 集まっ た 。
 107目的地 まで は 、 おおよそ 2 時間 かかる 。
 108集まっ た 人 の ほとんど は 、 礼服 を 着 て い た 。
 109かつて 、 この あたり に 異民族 が 住ん で い た らしい 。
 110ずっと 雨 が 降っ て いる 。
 111この よう な こと を 知っ て いる 人 は 、 もはや い ない 。
 112鈴木さん は いつも 夜遅く 帰宅 する 。
 113高津さん に は めった に 会わ ない 。
 114最近 、 花子 に は ほとんど 会わ ない 。
 115ぜひ この 問題 を 調べ て 下さい 。
 116いったい 、 どうして こんな 事故 が 起こっ た の か 。
 117この 政策 は 、 必ずしも 市民 に 支持 さ れ て い ない 。
 118なんとか 助け て あげ たい もの だ 。
 119どう も 太郎 は この こと を 知っ て いる よう だ 。
 120まさか 、 こんな ところ に は 誰 も 来 ない だろう 。
 121なんでも 、 ここ に 35 階建て の ビル が 建つ そう だ 。
 122まるで 、 夢 でも 見 て いる よう だ 。
 123なんて 、 難しい の だろう 。
 124もし 皆 が 反対 する なら 、 考えなおさ なけれ ば なら ない 。
 125たとえ 皆 が 反対 し て も 、 私 の 考え は 変わら ない 。
 126当然 、 よい 結果 は 出 なかっ た 。
 127よい 結果 が 出 なかっ た の は 、 当然 だ 。
 128実は 、 私 に も その 理由 は わから ない 。
 129実 を いう と 、 私 に も その 理由 は わから ない 。
 130特に この 点 を 強調 し て おき たい 。
 131やはり 、 故郷 という もの は よい もの だ 。
 132鈴木さん が 街 で 旧友 に 会っ た 。
 133地元 の 人 は その 家 を 幽霊屋敷 と 呼ん で いる 。
 134鈴木さん は 、 街 で 旧友 に 会っ た 。
 135日本 で は 、 土地 の 値上がり が 深刻化 し て いる 。
 136花子 から も 返事 が なかっ た 。
 137あなた だけ に お話し し ます 。
 138A氏 は 、 地元 で さえ 知名度 が 低い 。
 139太郎 は テレビ を 見 て ばかり いる 。
 140課長 に 話し た だけ だ 。
 141用事 は すぐ 終わり ます から 、 ここ で 待っ て い て 下さい 。
 142スポーツ の 中 で は 、 テニス や 水泳 が 好き だ 。
 143日本 は 、 車 も 多い し 、 道路 も 狭い 。
 144この 街 は 、 道路 は 広い が 、 車 も 多い 。
 145トンネル を 抜ける と 、 そこ は 一面 の 菜の花畑 だっ た 。
 146花子 は 出 て 行っ た きり 、 戻っ て 来 ない 。
 147ベル を 押し た けれども 、 返事 が なかっ た 。
 148この 国 の 人 は 皆 親切 な ので 、 とても 暮らし やすい 。
 149花子 は いつも 、 音楽 を 聴き ながら 勉強 する 。
 150よく 考え て から 、 ご返事 し ます 。
 151おみやげ に 何 を 買い まし た か 。
 152僕 は どうせ 馬鹿 な 男 さ 。
 153大きな 家 だ なあ 。
 154明日 の 会議 は 何時 から だっ た っけ 。
 155もう 帰ろ う っと 。
 156きょう は よい 天気 です ね 。
 157彼 は 、 確か 岡山 の 出身 だっ た ね 。
 158財布 が 落ち まし た よ 。
 159もっと 勉強 し ない と 、 試験 に 落ちる よ 。
 160最近 です ね 、 こんな 表現 が です ね 、 はやっ て いる らしい です よ 。
 161ある 人 は 、 こんな こと を 言っ て いる 。
 162例の 話 、 その 後 どう なり まし た か 。
 163とんだ こと に なり まし た ね 。
 164校則 は 、 あまり 細か な 規則 を 立て ない ほう が よい 。
 165あまり 高い 品物 じゃ ない な 。
 166せいぜい 5000 円 だ 。
 167彼 は 悔しかっ た 。
 168けれども 、 何 も 言わ なかっ た 。
 169彼 は 悔しかっ た けれども 、 何 も 言わ なかっ た 。
 170花子 は 太郎 に 電話 を し た 。
 171それから 、 会い に 行っ た 。
 172花子 は 太郎 に 電話 を し て から 、 会い に 行っ た 。
 173日本 の 大学 は 入学 する の が 難しい 。
 174これ に対して 、 アメリカ の 大学 は 卒業 する の が 難しい 。
 175田中 は この 事実 を 知ら なかっ た らしい 。
 176だとすると 、 彼 が 犯人 で ある 可能性 は 低い 。
 177これ は 確か に 困難 な 問題 です 。
 178ですが 、 そんな こと ばかり 言っ て い た の で は 、 進歩 という もの は あり え ない の で は ない でしょう か 。
 179この 本 は 読み やすい 。
 180この 製品 は 壊れ にくい 。
 181昨夜 は 寝つき にくかっ た 。
 182あまり たくさん 食べ すぎ て 、 お腹 を 壊さ ない よう に し て 下さい 。
 183結果 が よ すぎる の も 困る が 、 よく なさ すぎる の は もっと 困る 。
 184大きな 仕事 を 狙い すぎる と 失敗 する こと も ある 。
 185太郎 が その 犬 を ポン と 名付け た 。
 186太郎 は 花子 と 口論 し た 。
 187会議 が 始まっ た 。
 188空 が 真っ暗 だ 。
 189兄 は ドイツ語 が できる 。
 190花子 の どんな ところ が 好き です か 。
 191そろそろ 会議 を 始め ます 。
 192関係者 は 事件 の 発覚 を 恐れ た 。
 193歩道 を 歩く よう に し て 下さい 。
 194子供達 は プール を 泳い だ 。
 195子供達 は 50 メートル プール を 端 から 端 まで 泳い だ 。
 196私たち は 学校 を 10 時 に 出発 し た 。
 197太郎 は 神戸 で 電車 を 降り た 。
 198本 が 本棚 から 落ち た 。
 199砂場 に 子供 が いる 。
 200あなた に は 兄弟 が あり ます か 。
 201私達 は 目的地 に ようやく 到着 し た 。
 202太郎 は 神戸 で 電車 に 乗っ た 。
 203鈴木さん は 、 思い切っ て 高津さん に 相談 し た 。
 204叔父 は 花子 に 小遣い を 与え た 。
 205花子 は 親 に 泣きつい た 。
 206私 に 遠慮 し ない で 下さい 。
 207我々 は 信頼 の 回復 に 努め なけれ ば なら ない 。
 208太郎 は 皆 に 親切 だ 。
 209私 は この 記録 に 満足 だ 。
 210花子 は 数字 に 強い 。
 211きのう は 珍しく 酒 に 酔っ た 。
 212その 結果 に 大変 失望 し た 。
 213鈴木さん は つり に 出かけ た 。
 214この 研究会 は いつも 土曜日 に 開か れる 。
 215箱 の 中 から 何 か が 出 て き た 。
 216太郎 は 駅 から タクシー で 行っ た 。
 217花子 は 伯父 から 小遣い を もらっ た 。
 218鈴木さん に は あなた から 伝え て 下さい 。
 219この 店 は 朝 7 時 から 営業 し て いる 。
 2201 つ の つまらない ミス から 計画 が 暗礁 に 乗り上げ た 。
 221この 事実 から 判断 する と 、 あなた の 見方 は 正しく ない よう だ 。
 222酒 は 何 から 作る か 知っ て い ます か 。
 223どの 歌 から 歌い ましょ う か 。
 224あなた から 先 に 歌っ て 下さい 。
 225近く の 花 から 順 に 水 を やっ た 。
 226太郎 は 花子 と 再会 を 約束 し た 。
 227鈴木さん は 高津さん と 離宮公園 に 行っ た 。
 228この 問題 は あの 時 解い た 問題 と 同じ だ 。
 229結婚式 は ホテル で 行わ れ た 。
 230赤鉛筆 で 下線 を 引く 。
 231その 子 は 紙 で 汽車 を 作っ た 。
 232太郎 は 風邪 で 学校 を 休ん だ 。
 233日本 で は 中学 まで 義務教育 です 。
 234100 人 で 募集 を 打ち切る 。
 2353 枚 で 500 円 なら 買い ます 。
 236Aデパート で は 珍しい 催し を 計画 し て いる 。
 237後 は 私達 で やり ます 。
 238後 は 私 の 方 で やり ます 。
 239この 車 は 広島 へ 向かっ て いる 。
 240かつて は 東京 まで バス で 行っ た もの だ 。
 241花子 は その 本 を 150 ページ まで 読み進ん だ 。
 2423 時 まで 待ち ましょ う 。
 243今年 の 夏 は 去年 の 夏 より 涼しかっ た 。
 244これ より 表彰式 を 行い ます 。
 245調査員 が 鈴木さん に その 点 を たずね た 。
 246調査員 が 鈴木さん の 家 を たずね た 。
 247おもちゃ が こわれ た 。
 248子供 が おもちゃ を こわし た 。
 249一番 前 に い た 男 が 私 に 謝っ た 。
 250鈴木さん が 高津さん と 何 度 も 口論 し た 。
 251誰 が あなた に 出張 を 命じ た の です か 。
 252誰 が 一番 忙しい です か 。
 253私 に そんな こと が できる と 思い ます か 。
 254花子 が 経済問題 に 詳しい と は 知ら なかっ た 。
 255私 の 考え方 が あなた の 考え方 と 違う こと は 否定 し ませ ん 。
 256「 箸 」 は 、 中国語 で 何 と いい ます か 。
 257私達 は 今回 の 試み を 失敗 と は 考え て い ない 。
 258私達 は 今回 の 試み を 失敗 だ と は 考え て い ない 。
 259太郎 の 言葉 は 私 にとって 大きな 励み に なっ た 。
 260初日 は 、 教育制度 をめぐって 議論 が 繰り広げ られ た 。
 261鈴木さん達 は 太郎 を 客 として もてなし た 。
 262明日 の 正午 まで に 報告書 を 提出 し て 下さい 。
 263あさって まで こちら に い ます 。
 264あさって まで に 完成 し て ほしい 。
 265マラソン は 3 時 に スタート する 。
 266太郎 は 最近 コンピュータゲーム に 凝っ て いる 。
 267太郎 は 1980 年 に 大学 を 卒業 し た 。
 268展示会 は 先週 の 土曜日 に 始まっ た 。
 2691970 年 、 大阪 で 万国博覧会 が 開か れ た 。
 270先週 の 土曜日 、 街 で 昔 の 友人 に 会っ た 。
 271あんな ところ に 蠅 が いる 。
 272あの 辺 に テニス・コート が ある 。
 273近く で 事故 が あっ た らしい 。
 274土曜日 の 3 時 から 体育館 で 試合 が ある 。
 275こんな こと を 言う 人 が ある 。
 276太郎 は 今 、 図書館 に いる 。
 277太郎 は 図書館 に い ない 。
 278テニス・コート は この 辺 に は ない 。
 279鈴木さん は 芸術 の 才能 が ある 。
 280太郎 に は 優しい ところ が ある 。
 281花子 に は 兄弟 が いる 。
 282太郎 は 財産 が ある 。
 283太郎 は 手 に ラケット を 持っ て いる 。
 284太郎 は 今 、 大金 を 持っ て いる 。
 285花子 は きれい な 目 を し て いる 。
 286太郎 は 花子 に お金 を 貸し た 。
 287花子 は 太郎 から お金 を 借り た 。
 288花子 は 太郎 に お金 を 借り た 。
 289私 は その 子 に お菓子 を あげ た 。
 290あなた は 鈴木さん に 何 を もらい まし た か 。
 291鈴木さん は 私 に 何 を くれ た と 思い ます か 。
 292太郎 は 花子 に プレゼント を あげ た 。
 293あなた は 太郎 に 何 を くれ た の です か 。
 294私 は あなた の ところ に すぐ 行き ます 。
 295犯人 は あなた の ところ に 来 まし た か 。
 296太郎 は 花子 の ところ に 行っ た 。
 297私 は 鈴木さん に 答え を 教え て あげ た 。
 298鈴木さん は 私 に 答え を 教え て くれ た 。
 299私 は 鈴木さん に 答え を 教え て もらっ た 。
 300太郎 は 私 に 答え を 教え た 。
 301私 は 花子 に 助け て もらっ た 。
 302花子 は 私 を 助け て くれ た 。
 303花子 は 私 に 本 を 貸し て くれ た 。
 304太郎達 は 私 の 為 に パーティー を 開い て くれ た 。
 305花子 に 代わり に 行っ て もらっ た 。
 306皆 に 絵 を 誉め て もらっ た 。
 307私 は その 人 が 憎かっ た 。
 308私 は その 人 を 憎ん だ 。
 309私 は とても 寂しかっ た 。
 310私 は 歯 が 痛い 。
 311花子 は 歯 が 痛かっ た 。
 312歯 が 痛い 人 は い ます か 。
 313太郎 は その 不幸 な 出来事 を 非常 に 悲しん で いる 。
 314次郎 は その 出来事 に 驚い た 。
 315太郎 は 新車 を 欲し がっ て いる 。
 316私 は 新車 が ほしい 。
 317鈴木さん と 高津さん が 協議 し た 。
 318太郎 は 花子 と 結婚 する よう だ 。
 319次郎 は 三郎 と 優勝 を 争っ た 。
 320太郎 は 花子 を 激しく 非難 し た 。
 321太郎 は 花子 と 激しく 非難 し あっ た 。
 322太郎 は 鈴木先生 に 相談 し た 。
 323その 話 は 太郎 の 話 と 一致 する 。
 324その 話 は 太郎 の 話 と 異なる 。
 325太郎 は 花子 と いっしょ に 演奏会 に 出かけ た 。
 326バット が ボール と いっしょ に 飛ん で き た 。
 327バット が ボール と 飛ん で き た 。
 328日本 は イギリス より 少し 面積 が 広い 。
 329四季 の 中 で は 、 秋 が 一番 好き だ 。
 330言う の は 実行 する より 簡単 だ 。
 331考える こと より 書く こと の ほう が 大変 だ 。
 332平日 より 週末 の ほう が はるか に 忙しい 。
 333平日 は 週末 ほど 忙しく ない 。
 334太郎 は 花子 と 同じ くらい 歌 が 上手 だ 。
 335太郎 と 花子 で は 、 どちら が 歌 が 上手 です か 。
 336これら の 問題 の 中 で 、 1番 早く 解決 し なけれ ば なら ない の は 資金 の 問題 だ 。
 337A氏 と B氏 と C氏 の うち で は 、 C氏 が 最も 適任 だ と 思う 。
 338今週 の 月曜日 、 火曜日 、 水曜日 の 中 で は 、 いつ が 一番 都合 が よい です か 。
 339果物 の 中 で は 、 何 が 一番 好き です か 。
 340牛肉 と 豚肉 と 鶏肉 で は 、 どれ が 一番 好き です か 。
 341真 善 美 の 中 で 、 あなた にとって は 何 が 最も 大切 です か 。
 342仕事 は 忙しい ほう が よい 。
 343家 に は 早く 帰る ほう が よい 。
 344返事 は 、 早けれ ば 早い ほど 助かり ます 。
 345例年 の 夏 に比べて 、 今年 の 夏 は 涼しかっ た 。
 346去年 の 冬 と 同じく 、 今年 の 冬 も 暖かかっ た 。
 347もう 少し 安く し て 下さい 。
 348美智子さん きれい に なっ た ね 。
 349息子 を 言語学者 に し たい なんて 。
 350最近 、 やっと 納豆 が おいしく 食べ られる よう に なっ た 。
 351自動的 に スイッチ が 入る よう に し た 。
 352この 店 の サンドイッチ は 最近 少し 小さく なっ た 。
 353材料費 が 上がっ た ので 、 店 の 主人 は サンドイッチ を 少し 小さく し た 。
 354もう 少し 静か に し なさい 。
 355早く 起きる よう に し なさい 。
 356花子 は その 時 おとなしく し て い た らしい 。
 357その 話 は 花子 を 悲しく さ せ た 。
 358田中さん は 、 この 会 に 来 なく なっ た 。
 359急 に 、 国 に 帰ら なくて は なら なく なっ た 。
 360お母さん から 離れ ない よう に し なさい 。
 361鈴木さん は その 申し出 を きっぱり 断っ た 。
 362鈴木さん は その 申し出 を 簡単 に 断っ た 。
 363花子 は 急い で 食事 の 用意 を し た 。
 364太郎 は 大声 で 助け を 求め た 。
 365子供 が 3 人 遊ん で いる 。
 366あいにく 、 雨 が 降り だし た 。
 367珍しく 、 大雪 が 降っ た 。
 368幸い な こと に 、 鈴木さん が その 人 の 知り合い だっ た 。
 369もう 少し 速く 走り なさい 。
 370太郎 は 鈴木さん の 話 を 真剣 に 聞い た 。
 371菊 の 花 が 見事 に 咲い て いる 。
 372山 の 緑 が 美しく 見える 。
 373私 に は その 話 が 不思議 に 思わ れ た 。
 374花子 は まだ 学生 に 見える 。
 375西 の 空 が 赤く 染まっ た 。
 376布 が ボロボロ に 破れ た 。
 377夕日 が 西 の 空 を 赤く 染め た 。
 378花子 は 布 を ボロボロ に 破っ た 。
 379高津さん は その 仕事 を 喜ん で 引き受け た 。
 380今年中 の 完成 は 極めて 困難 だ 。
 381この 問題 について は 、 次回 に 改めて 検討 し ましょ う 。
 382花子 は 実際 よりも やせ て 見える 。
 383遠く に 何 か が 光っ て 見える 。
 384太郎 は 慣れ ない 手つき で シャツ の ボタン を ぬい付け た 。
 385鈴木さん は 独力 で 必要 な 資金 を 集め た 。
 386その 選手 は いつも はだし で 走る 。
 387太郎 は ぽつんと 一人 で 立っ て い た 。
 388あの 人 は 独身 で 通す つもり らしい 。
 389高津さん は 若い 頃 、 名投手 で 鳴らし た 。
 390全員 が 賛成 する と は 考え られ ない 。
 391高津さん が 飼っ て い た 5 頭 の 牛 が 次々 に 病気 に かかっ た 。
 39260円切手 7 枚 を 同封 し て 、 事務局 に 申し込む こと 。
 393太郎 は 切手 を 500 枚 集め た 。
 394野次馬 が 大勢 集まっ て き た 。
 395鈴木さん は 新た に 牛 を 5 頭 購入 し た 。
 396小さな 力士 が 230 キロ の 力士 を つりだし た 。
 397確か に 、 その 話 は 間違っ て い ない よう だ 。
 398明らか に 、 太郎 は 嘘 を つい て いる 。
 399不思議 に 、 誰 も 何 も 言わ なかっ た 。
 400皮肉 に も 、 その 時 ちょうど 花子 が こちら を 見 て い た 。
 401鈴木さん は 賢明 に も 、 お金 を 多め に 用意 し て い た 。
 402もしかすると 、 鈴木さん は 駅前 で 待っ て いる かも しれ ない 。
 403驚い た こと に 、 会場 は 超満員 だっ た 。
 404正直 言っ て 、 花子 が 手伝っ て くれる と は 思わ なかっ た 。
 405太郎 は 朝早く 電話 で 起こさ れ た 。
 406以前 ここ に あっ た ビル が 取り壊さ れ た 。
 407鈴木さん は 昨夜 、 一 晩中 子供 に 泣か れ て 困っ た 。
 408花子 は 見知らぬ 人 に 呼び止め られ た 。
 409あなた は 誰 か に 憎ま れ て い ます か 。
 410太郎 は 子供 に 泣きつか れ た 。
 411鈴木さん は 特別賞 を 贈ら れ た 。
 412高津さん は 名前 を 呼ば れ た 。
 413太郎 は 先生 に 絵 を ほめ られ た 。
 414花子 は 繁華街 で バッグ を 奪わ れ た 。
 415太郎 は 朝早く 、 友人 に 電話 で 起こさ れ た 。
 416鈴木さん は 部長 に 山 の よう な 書類 を 渡さ れ た 。
 417鈴木さん は 部長 から 山 の よう な 書類 を 渡さ れ た 。
 418太郎 は 思いがけず 、 花子 から 詩集 を 贈ら れ た 。
 419鈴木さん は 部長 から 出張 を 命じ られ た 。
 420太郎 は 家族 みんな から 愛さ れ て いる 。
 421その 人 は 娘 に 家出 さ れ た 。
 422太郎 は 花子 に 先 に 問題 を 解か れ た 。
 423その 法則 は 100 年 も 前 に 発見 さ れ た 。
 424始業 の ベル が 鳴らさ れ た 。
 425日本語 は 、 最近 多く の 外国人 によって 学習 さ れ て いる 。
 426近代オリンピック は 、 クーベルタン によって 始め られ た 。
 427太郎 は みんな に 陽気 な 人間 だ と 思わ れ て いる 。
 428故郷 が なつかしく 思わ れる 。
 429太郎 は 花子 に 行っ て もらっ た 。
 430太郎 が 弟 に 荷物 を 運ば せ た 。
 431私 に 食事代 を 払わ せ て 下さい 。
 432花子 は 長女 を 買い物 に 行か せ た 。
 433太郎 は 花子 を 泣か せ た 。
 434花子 は 果汁 を 凍ら せ て デザート を 作っ た 。
 435高津さん は その 事件 を 調べ させ られ た 。
 4361 つ の 事件 が 交通 を 長時間 渋滞 さ せ た 。
 437私 は 野菜 を うっかり 腐ら せ て しまっ た 。
 438私 に 何 が 書ける だろう か 。
 4393 人 の 中 で 、 誰 が 一番 上手 に ピアノ が ひけ ます か 。
 440今度 の 大会 で 新記録 が 出せ ます か 。
 441誰 が 新記録 を 出せる と 思い ます か 。
 442ビール が 飲み たい 。
 443太郎 は 100 メートル ぐらい は 泳げる 。
 44410 時 に なり まし た から 、 もう 泳げ ます 。
 445太郎 は 500 メートル も 泳げ た 。
 446この 魚 は 刺身 で は 食べ られ ない 。
 447あの 人 は 信頼 できる 。
 448こういう 場面 を 見る と 、 ひとりでに 泣け て くる 。
 449この 本 は よく 売れ て いる 。
 450太郎 は ピアノ を 上手 に ひく こと が できる 。
 451今 、 中 に 入る こと が でき ます か 。
 452あそこ に 誰 か が いる 。
 453太郎 は この 1 週間 ずっと 病気 だ 。
 454私 は 、 明日 は 1 日中 忙しい 。
 455そこ に 誰 か が い た 。
 456太郎 は 昨日 まで ずっと 病気 だっ た 。
 457来週 の 日曜日 に 運動会 が 行わ れる 。
 458先週 の 日曜日 に 運動会 が 行わ れ た 。
 459日本人 は 勤勉 だ 。
 460オリンピック は 4 年 に 1 度 開か れる 。
 461鍋 に バター を 溶かし 、 ベーコン を 入れ て よく 炒める 。
 462花子 、 右手 から 出 て 来 て 、 舞台中央 で 止まる 。
 463最近 、 よく 散歩 に 出かけ ます 。
 464ここ の ところ 、 3 日 に 1 度 は 雨 が 降る 。
 465人 の 声 が 聞こえる 。
 466それ は 間違っ て いる と 思い ます 。
 467開会 を 宣言 し ます 。
 4682 度 と こんな こと を し ない と 約束 し ます 。
 469もう レポート を 提出 し まし た か 。
 470さあ 、 目的地 に 着い た ぞ 。
 471きのう 、 もう レポート を 提出 し まし た か 。
 472まだ 、 レポート を 提出 し て い ない 。
 473こんな ところ に 財布 が あっ た 。
 474明日 は 、 休日 だっ た 。
 475会議 は 明日 も 2 時 から です か 。
 476会議 は 明日 も 2 時 から でし た か 。
 477さあ 、 行っ た 、 行っ た 。
 478今 、 調べ て い ます 。
 479ちょうど 帰っ て 来 た ところ だ 。
 480入口 に 花 が 飾っ て ある 。
 481早く 食べ て しまい なさい 。
 482うっかり 余計 な こと を 言っ て しまっ た 。
 483これ から も 、 この 人達 を 見守っ て いく つもり だ 。
 484経済 が 少し 落ち着い て き た 。
 485知ら ない 男 が 近づい て 来 た 。
 486友人 が 旅行 に 行っ た とき に 取っ た 写真 を 送っ て き た 。
 487あの 店 に 寄っ て 行き ましょ う 。
 488突然 、 雨 が 降り 出し た 。
 489花子 は 1 時間 前 に セーター を 編み 始め た 。
 490太郎 は 重要 な メモ を 破り かけ た 。
 491花子 は ずっと 泣き つづけ た 。
 4921 週間 、 雨 が 降り つづい た 。
 493彼ら が 並び 終わる まで 待ち なさい 。
 494太郎 は 時間内 に 何とか 答案 を 書き 終え た 。
 495赤ん坊 は なかなか 泣き やま なかっ た 。
 496ちょうど 出かける ところ だ 。
 497太郎 は 出かけ よう と し た 。
 498その 問題 は 現在 、 検討 し て いる ところ だ 。
 499経済 は 順調 に 回復 し つつ ある 。
 500会議 は 今 終わっ た ところ だ 。
 501太郎 は 音楽 を 聴い て いる 。
 502家 の 前 に 大型トラック が 止まっ て いる 。
 503太郎 は 今 テレビ を 見 て いる 。
 504花子 は 先月 から ずっと 小説 を 書い て いる 。
 505部屋 の 灯 が 消え て いる 。
 506戸 が 開い て いる 。
 507高津さん は 先週 から 神戸 に 来 て いる 。
 508戸 が 開け られ て いる 。
 509テーブル に 花 が 飾ら れ て いる 。
 510走者 は 何 度 も コーチ の 方 を うかがっ て いる 。
 511競技会場 に 選手 が 次々 に 到着 し て いる 。
 512その 記事 は 、 既に 読ん で いる 。
 513先生 に は まだ 相談 し て い ない 。
 514花子 は 2 度 カナダ を 訪れ て いる 。
 515日本 は この 種目 で 1960 年 と 1968 年 に 金メダル を 取っ て いる 。
 516鈴木さん は 会社 に 勤め て いる 。
 517鴨川 は 京都 の 街 を 流れ て いる 。
 518この 車 は ハンドル が 左側 に つい て いる 。
 519花子 は 少し やせ て いる 。
 520あ 、 変 な 音 が する 。
 521文法 とは 、 発見 する もの で あり 、 押しつける もの で は ない 。
 522きょう は いい 天気 だ ね 。
 523早く 来い 。
 524早く 来い よ 。
 525早く 来 なさい 。
 526早く 来 なさい よ 。
 527早く 来 て 。
 528早く 来 て よ 。
 529早く 来る !
 530下記 の 学生 は 3 時 まで に 事務室 に 来る こと 。
 531午前中 に 必要書類 を 提出 する よう に 。
 532さっさと 行っ た 。
 533どい た 、 どい た 。
 5343 時 に ここ に 来い 。
 535おれ は 行か ない 。
 536おまえ が 来い 。
 537君 は ここ に い なさい 。
 538誰 か 、 あいつ を ここ に 連れ て 来い 。
 539雨 よ 、 降れ 。
 540風 よ 、 吹け 。
 541あんな 奴 、 死ん で しまえ 。
 542勉強 し なさい 。
 543安心 し なさい 。
 544こっち に 来る な 。
 545こっち に 来 ない !
 546あんな 男 と つきあう な 。
 547心配 する な 。
 548あんな 男 と つきあう な よ 。
 549あまり 無理 を し て は いけ ない 。
 550来 て は だめ だ 。
 551この りんご 食べ て も いい よ 。
 552何 時 に 来 て も かまわ ない 。
 553明日 、 君 の 家 に 行っ て も いい かい 。
 554この りんご 食べ て いい よ 。
 555私 の こと を わかっ て 下さい 。
 556パパ 、 庭 に 水 を まい て おい て ちょうだい 。
 557すみ ませ ん 、 ちょっと 、 そこ の 電気 の スイッチ を 入れ て もらえ ます か 。
 558少し 、 お金 を 用立て て いただけ ない でしょう か 。
 559今度 の 土曜日 、 私 の 家 に 来 て もらい たい 。
 560一緒 に 病院 に 行っ て 頂ける と 助かる ん です が 。
 561日本 は 早急 に 貿易黒字 を 減らす べき だ 。
 562明日 の 朝 は 6 時 に 起き ない と いけ ない 。
 563明日 の 朝 は 6 時 に 起き ない と いけ ませ ん 。
 564君 は 彼女 と 別れる べき だ 。
 565男 は 、 じっと 耐える べき だ 。
 566君 は 、 あの 時 彼 と 別れる べき だっ た 。
 567子供 は いたずら を する もの だ 。
 568試験 の 時 ぐらい は 勉強 を する もの だ 。
 569当時 私 は よく 小説 を 読ん だ もの です 。
 570あの 頃 の テレビ は よく 故障 し た もの だっ た 。
 571君 は 積極的 に なっ た 方 が いい 。
 572少し 、 おとなしく し た ほう が いい ぜ 。
 573命 が 惜しかっ たら 、 黙っ て いる こと だ 。
 574早く 行く ん だ !
 575ふざける ん じゃ ない !
 576あの とき K社 の 株 を 買っ て おく ん だっ た 。
 577あの とき K社 の 株 なんか 買う ん じゃ なかっ た 。
 578じゃ 、 私 は 先 に 行き ます 。
 579明日 の 午後 出発 し よう と 思い ます 。
 580あさって 帰っ て 来る つもり です 。
 581それなら 、 僕 も 行く 。
 582さてと 、 きょう は もう 帰っ て 寝 よう 。
 583明日 、 会議 に 出 ます か 。
 584今度 も 山田さん に 投票 する つもり です か 。
 585今度 も 山田さん に 投票 し よう と 思っ て い ます か 。
 586荷物 を 持ち ましょ う 。
 587どなた か 、 行っ て くださる 方 は いらっしゃい ませ ん か 。
 588私 が 行き ましょ う 。
 589私 が 行き ます 。
 590荷物 を 持ち ましょ う か 。
 591そろそろ 、 出かけ ましょ う 。
 592そろそろ 、 出かけ ましょ う か 。
 593君 、 今度 、 ロンドン に 行っ て み ない か 。
 594今度 の 日曜日 デート し ない ?
 595少し 休ん だら どう だ 。
 596専門家 に 聞い て み て は どう か 。
 597もっと おいしい もの が 食べ たい 。
 598僕 は 君 に この 仕事 を 担当 し て ほしい 。
 599僕 は 妻 に いつ まで も きれい で い て ほしい 。
 600早く 休み が 来 て ほしい な 。
 601僕 は 君 に この 仕事 を 担当 し て もらい たい 。
 602北海道 は 今頃 さぞ 寒い だろう 。
 603ここ に は きっと 地位 の 高い 人 が 眠っ て い た の でしょう 。
 604来年 は きっと 不景気 に なる だろう 。
 605君 が 来 て いれ ば 、 彼 も そんな こと は し なかっ た でしょう 。
 606おそらく 、 もう オイルショック の よう な こと は 起こる まい 。
 607明日 は 雨 に なり ましょ う 。
 608この 現象 の 理解 に は 、 この よう な 例 が 参考 に なろ う 。
 609あの 人 は どう も 結婚 し て いる らしい 。
 610田中君 が 子供 と 遊園地 で 遊ん で いる の を 見 た と 言っ て いる 。
 611あの 人 は どうやら 結婚 し て いる よう だ 。
 612結婚指輪 を し て い た もの 。
 613反対 の 方 いらっしゃい ます か 。
 614どうやら 全員 ご賛成 の よう です ので 、 その よう に 決め させ て いただき ます 。
 615彼女 は 結婚 し て いる らしかっ た 。
 616みんな とても 幸せ に 暮らし て いる よう でし た 。
 617そこ まで どれ くらい かかる でしょう 。
 618急い で 歩け ば 20 分 ぐらい で 行ける はず です 。
 619田中さん は 、 きょう 来 て い ます か 。
 620授業 が ある から 、 来 て いる はず です よ 。
 621彼 は 旅行中 だ から 、 家 に は い ない はず だ 。
 622君 は 、 これ だけ 才能 に 恵まれ て いる ん だ から 、 もっと 良い 成績 が とれる はず だ 。
 623おかしい な 。
 624もう 少し 温度 が 上がる はず な ん だ が 。
 625寒い はず だ 。
 626氷 が 張っ て いる 。
 627道理 で 計算 が 合わ ない はず だ 。
 628ここ の + と - が 入れ替わっ て いる 。
 6293 カ月 で 退院 できる はず だっ た のに 、 結局 、 一 年 かかっ た 。
 630こんな こと に なる はず で は なかっ た の だ が 。
 631彼 は アメリカ に 留学中 だ 。
 632こんな ところ に いる はず が ない 。
 633ひょっと する と 、 内閣 は 総辞職 する かも しれ ない 。
 634もしかすると 、 彼 は 犯人 で は なかっ た かも しれ ない 。
 635そんな こと を すれ ば 、 きっと 私 の 母 は 悲しむ に ちがい ない 。
 636あの 人 は 寂し そう だ 。
 637この 問題 は 難し そう だ 。
 638この 空模様 で は どう も 雨 に なり そう です 。
 639ボタン が とれ そう だ 。
 640この 本 は 売れ そう だ 。
 641ボタン が とれ そう だっ た 。
 642彼 は あまり うれし そう で は ない 。
 643昔 は こんな こと が よく あっ た と いう 。
 644山田 は 欠席 する との こと だ 。
 645この 道路 は 事故 が 多い そう だ 。
 646鈴木さん の 話 で は 、 先日 の 台風 で 家 の 庭 の 木 が 倒れ た そう だ 。
 647田中さん が あなた に よろしく という こと です 。
 648田中さん が よろしく という こと でし た 。
 649山田 は 欠席 する との こと だっ た 。
 650震え て いる じゃ ない か 。
 651寒い ん だ 。
 652浜子 は 足 を 引きずっ て い た 。
 653けが を し て い た の だ 。
 654田中 が い ない な 。
 655あいつ は きっと デート を し て いる ん だ 。
 656すみ ませ ん 、 車 の 渋滞 に 巻き込ま れ た ん です 。
 657おや 、 新しい 機械 を 入れ た ん です ね 。
 658実は 、 困っ た こと が 起こっ た ん です 。
 659鈴木さん は 大正 10 年 生まれ です 。
 660したがって 、 今年 、 古希 を 迎える わけ です 。
 661山田 は 、 その 時刻 に 田中 と 学校 で 会っ て い ます 。
 662つまり 、 彼 は 、 犯行時刻 に は 、 現場 に い なかっ た わけ です 。
 663鈴木さん は 、 大正 10 年 生まれ です 。
 664すると 、 今年 、 古希 を 迎える わけ です か 。
 665今年度 の 決算 は 赤字 だっ た 。
 666え 、 じゃ 、 ボーナス は 出 ない わけ です か 。
 667寒い わけ だ 。
 668氷 が 張っ て いる 。
 669直接 言え ば 済む わけ だ が 、 遠慮 も あっ て 、 なかなか そう 簡単 に は いか ない 。
 670彼 が 失敗 し た の に は 、 こういう 事情 が あっ た わけ です 。
 671先方 で は 、 計算機 の 専門家 で 英語 の よく できる 人 を 寄こし て ほしい と 言っ て き まし た 。
 672それで 、 田中君 を 選ん だ わけ です 。
 673英文科 を 出 て も 、 英会話 が うまく なれる わけ で は ない 。
 674別に 女房 に 不満 が ある わけ じゃ ない が 、 一人 に なり たい 時 も ある もの だ よ 。
 675こんな 調子 で うまく いく わけ が ない 。
 676この 絵 は 写実的 で 、 写真 の よう だ 。
 677まるで 盆 と 正月 が 一 度 に 来 た よう だ 。
 678きのう 、 花子 に 会い まし た か 。
 679きのう 、 誰 に 会っ た の です か 。
 680文法 は 、 好き です か 、
 681嫌い です か 。
 682花子 に 会い まし た か 。
 683誰 に 会っ た の だろう 。
 684日本 は 米 の 自由化 を す べき か 。
 685誰 が 来る の かな 。
 686誰 が 来 ます かね 。
 687そう です か 。
 688旦那さん が 本当 の こと を 言わ ない ん です か 。
 689おまえ 、 きょう 来る か 。
 690君 、 明日 の 会議 出る の 。
 691あなた 、 明日 の 会議 お出 に なる 。
 692次 は 何 を 見 ます か 。
 693あいつ は 来る だろう か 。
 694あいつ は 何 を し て いる の だろう か 。
 695あいつ は 何 を し て いる の だろう 。
 696先生 、 うち の 息子 は K大 通る でしょう か 。
 697田中君 は 、 なぜ あんな こと を し た ん でしょう か 。
 698この 本 、 もう いい だろう 。
 699君 は 行か ない だろう 。
 700誰 が 行く だろう 。
 701田中君 は 行く の かい 。
 702はい 。
 703この 近く に 食堂 あり ます か 。
 704いいえ 、 あり ませ ん 。
 705これ は あなた の です か 。
 706はい 、 そう です 。
 707はい 、 私 の です 。
 708何 が ある 。
 709りんご 。
 710いくら 使い まし た か 。
 711300 円 です 。
 712誰 が 来 た 。
 713山田 が 来 た よ 。
 714誰 の 本 が なくなっ た ん です か 。
 715田中さん の 本 です 。
 716花子 に 会わ なかっ た です か 。
 717はい 、 ( あなた が 言う とおり ) 会わ なかっ た です よ 。
 718いいえ 、 ( あなた は 会っ た と 考え て いる よう です が ) 会わ なかっ た です よ 。
 719その 服 、 神戸 で 買っ た の です か 。
 720その 服 を 買っ た の は 神戸 です か 。
 721誰 が 来る ん です か 。
 722さっき の 試合 、 どっち が 勝ち まし た か 。
 723何 を 食べ ます か 。
 724雨 が 降ら なかっ た 。
 725天気 が よく ない な 。
 726田中 が 来 なかっ た 。
 727田中 は きのう 来 なかっ た 。
 728この 米 は おいしく ない 。
 729僕 は 行か ない 。
 730田中 が 会い に 来 た の で は ない 。
 731山田 が 会い に 行っ た の だ 。
 732この 事実 は 田中 が 指摘 し た の で は ない 。
 733この 事実 を 指摘 し た の は 田中 で は ない 。
 734政治 に 金 が かかる という の は 、 決して 望ましい こと で は ない 。
 735この 説明 は 、 必ずしも 正確 で は ない 。
 736とても 月末 まで に は 間に合わ ない 。
 737誰 も その 問題 を 解け なかっ た 。
 738知っ て いる 人 は 一人 も い なかっ た 。
 739あいつ は 、 ろくな もの を 書か ない 。
 740たいした 問題 で は ない 。
 741山田 は 本 を 読ま なかっ た 。
 742彼ら は 全員 行か なかっ た 。
 743山田 は 毎日 勉強 し なかっ た 。
 744彼ら は 全員 行っ た の で は ない 。
 745一人 の 男 が 私 に 話しかけ て き た 。
 746その 男 は ペン と 手帳 を 手 に し て い た 。
 747きのう 近く で 火事 が あっ た 。
 748原因 は まだ 不明 だ 。
 749これ は 私 の 兄 です 。
 750日本語 は 、 複雑 な 文字 で 書か れる 。
 751コンサート は いつ 始まり ます か 。
 752市役所 は どこ です か 。
 753神戸 で は 先月 、 神戸まつり が 行わ れ た 。
 754その ホテル から は 、 街 全体 が 見渡せる 。
 755太郎 は テレビ の スイッチ を 入れ た 。
 756この 本 は どこ で 買い まし た か 。
 757太郎 が テレビ の スイッチ を 入れ た 。
 758この 本 を どこ で 買い まし た か 。
 759料理 は 、 主人 が 最初 に 箸 を つける 。
 760太郎 は 、 外国語 は でき ます か 。
 761太郎 は 、 外国語 は でき ませ ん 。
 762神戸 は 夜景 が きれい だ 。
 763日本語 は 文字 が 複雑 だ 。
 764カキ料理 は 広島 が 本場 だ 。
 765あの 店 は あさって が オープン だ 。
 766神戸 の 夜景 は きれい だ 。
 767日本語 の 文字 は 複雑 だ 。
 768広島 が カキ料理 の 本場 だ 。
 769あさって が あの 店 の オープン だ 。
 770太郎 は 背 が 高い 。
 771花子 は なかなか 気 が 強い 。
 772鈴木さん は 顔 が 広い から 、 誰 か よい 人 を 紹介 し て くれる だろう 。
 773高津さん は その 話 を 聞い て 、 非常 に 腹 が 立っ た そう だ 。
 774日本人 は 勤勉 だ 。
 775花子 は 忙しい 。
 776新幹線 は 時速 200 キロ ぐらい で 走る 。
 777刺身 は 生 で 食べる 。
 778今 、 忙しい です か 。
 779あの 人 が 鈴木さん だ 。
 780バス が 来 た 。
 781突然 、 雨 が 降り 出し た 。
 782きのう の 午後 、 太郎 が 訪ね て き た 。
 783会議 が 定刻 に 始まっ た 。
 784雨 が 降っ て いる 。
 785外 に 誰 か が いる 。
 786空 が 真っ暗 だ 。
 787太郎 は 、 きのう の 午後 私 に 会い に 来 た 。
 788会議 は 、 予定通り 3 時 に 始まっ た 。
 789日本人 が 勤勉 で ある こと は 、 否定 の しよう が ない 。
 790太郎 が 来 て くれ た 時 、 私 は たまたま 外出 し て い た 。
 791確か 、 会議 は 予定通り 3 時 に 始まっ た と 思う 。
 792田中さん 見 なかっ た かい 。
 793田中さん なら 、 図書館 で 勉強 し て い た よ 。
 794ドイツ語 の 通訳 さがし て いる ん だ けど 。
 795ドイツ語 なら 、 山田さん が いい です よ 。
 796男 って 、 悲しい 動物 だ ね 。
 797田中さん に 会っ た よ 。
 798田中さん って 、 どの 田中さん 。
 799ファイル を セーブ し て 下さい 。
 800ファイル を セーブ する って どういう 意味 です か 。
 801愛 とは 何 か 。
 802田中 とは 、 あの 田中 の こと で あろ う か 。
 803鈴木さん すら その 事実 を 知ら なかっ た 。
 804花子 は 一 次 試験 に 合格 し た だけ だっ た 。
 805ゆっくり など し て い られ ない 。
 806その こと は 鈴木さん に すら 話し て い ない 。
 807この 商品 は ここ で しか 売っ て い ませ ん 。
 808太郎 まで 泣き だし た 。
 809最近 、 この こと ばかり 考え て いる 。
 810我々 は この 点 を も 考慮 し なけれ ば なら ない 。
 811あなた だけ に お知らせ し ます 。
 812これ こそ が 私 の 長年 の 夢 だ 。
 813そこ に は 車 で だけ 行ける 。
 814そこ に は 車 だけ で 行ける 。
 815ゆっくり し て など い られ ない 。
 816調べ も し ない で 、 どうして そんな こと が わかる の です か 。
 817鈴木さん の 言葉 は すがすがしく さえ あっ た 。
 818花子 は その 上 、 勤勉 で も ある 。
 819A市 は その 地方 の 文化 の 中心 で も ある 。
 820今回 は 、 委員長 と 話し合っ た だけ だ 。
 821鈴木さん は 、 外国 の 事情 に 詳しい ばかり で なく 、 日本 の こと も よく 知っ て いる 。
 822これ は 、 携帯 に 便利 な だけ で なく 、 寿命 も 長い 。
 823専門家 さえ も 、 はっきり と し た 答え を 持っ て い ない 。
 824今 は 、 これ だけ しか 言え ませ ん 。
 825風 は 強い が 、 雨 は 降っ て い ない 。
 826昼 は 会社 で 働き 、 夜 は 大学 で 勉強 する 。
 827それ を 見 て 、 花子 も 泣き だし た 。
 828猿 も 木 から 落ちる 。
 829今 の 調子 で は 、 予選 に 出る こと さえ 難しい 。
 830試験 に 通り さえ すれ ば 、 何 も 問題 は ない 。
 831そんな こと は 、 子供 でも 知っ て いる 。
 832お茶 でも 飲み ましょ う 。
 833太郎 は 、 その 人 の 名前 すら 思い出せ なかっ た 。
 834そんな こと は 、 僕 に だって わかる よ 。
 835いつも は おとなしい 花子 まで が 大騒ぎ し た 。
 836太郎 だけ が その 場面 を 目撃 し た 。
 837花子 は 、 暇 が あれ ば 、 ショッピング に 出かけ て ばかり いる 。
 838高津さん は 、 委員会 の 席 で のみ 弁明 する こと を 許さ れ た 。
 839鈴木さん は 、 音楽 は クラシック しか 聴か ない 。
 840花子 は いつも 本 を 読ん で ばかり いる 。
 841この 問題 を 解決 する こと こそ が 、 我々 の 務め だ 。
 842今年 こそ 、 あなた と の 約束 を 果たし たい と 思っ て い ます 。
 843とりあえず 、 この 本 など 読ん で み たら いかが でしょう か 。
 844旅行 に 行く 気 に など 、 とても なれ ない 。
 845私 だって 、 「 ファッショナブル 」 という 語 ぐらい 知っ て いる 。
 846せめて 、 基本的 な ルール くらい 守っ て ほしい 。
 847見 た ところ 、 100 人 は いる よう だ 。
 848見 た ところ 、 100 人 は い ない よう だ 。
 849今度 の 試験 で は 、 90 点 も 取れ た 。
 8501万 円 も あれ ば 、 十分 だ と 思い ます 。
 851今度 の 試験 で は 、 60 点 しか 取れ なかっ た 。
 852現場 を 見 た 人 は 一人 も い ない 。
 853私 は もう 1 秒 も 待て ない 。
 85410 分 ばかり 待っ て いる と 、 太郎 が やってき た 。
 855見 た ところ 、 100 人 くらい いる よう だ 。
 85610 分 ほど 、 待っ て 下さい 。
 857太郎 は 昨夜 、 11 時 頃 家 に 帰っ た 。
 8583 日 で 3 キロ 太っ た 人 も いる 。
 859この 服 は 太っ た 人 でも 着 られ ます 。
 860あの 人 は やせ て いる 。
 861今 やせ て いる 人 でも 、 結婚 する と 太る かも しれ ませ ん 。
 862午後 から 英語 の 勉強 を し ない と いけ ない 。
 863ここ で は 多く の 研究者 が 日夜 、 研究 を 重ね て いる 。
 864最近 、 中国 から の 留学生 が 増え た 。
 865責任者 と の 話合い が 必要 だ 。
 866神戸 へ の 到着 は 7 時 頃 に なる だろう 。
 867企業 の 政治家 へ の 献金 は 認め られる べき で は ない 。
 868私 へ の ご遠慮 は 無用 に 願い ます 。
 869人間 として の 最低限 の 生活 を 保障 し なけれ ば なら ない 。
 870突然 の お便り に 、 正直 言っ て 、 少し 驚き まし た 。
 871彼 は 、 そう 言わ れ て も 平然 と し た 顔 を し て い た 。
 872彼女 が 来る まで の 時間 を どうやって つぶそ う か 。
 873働き ながら の 勉学 は 困難 を 極め た 。
 874彼 が 言っ た とおり の 結果 でし た 。
 875この セーター は 小さい ので 、 大きい の と 替え て 下さい 。
 876もっと 簡単 な の が いい なあ 。
 877あの 店 に は 変わっ た の が ある 。
 878今回 の レポート の 中 に 、 2 年 の 学生 が 書い た の で 、 非常 に おもしろい の が あり まし た 。
 879この 製品 は あまり いい もの で は ない 。
 880この 番組 に 寄せ られる リクエスト葉書 は 、 10 代 の 女の子 から の が いちばん 多い です ね 。
 881私 は 英語 と フランス語 が 話せ ます 。
 882希望者 は 、 住所 、 氏名 、 および 、 電話番号 を 記入 し て 下さい 。
 883北海道 や 九州 は 、 まだ 行き たい ところ が たくさん ある 。
 884この 近く に は 温泉 とか 野球場 とか が あっ て 、 とても 楽しい です 。
 885おすし 、 メロン 、 アイスクリーム 等 を 食べ まし た 。
 886美智子 の 相手 だ けど 、 山田君 とか どう だろう 。
 887山田 や 田中 とか は 、 まだ その こと を 知ら ない らしい 。
 888田中 も 、 山田 も 、 道田 も 、 みんな 落第 し て しまっ た 。
 889どんな もの 、 ごちそう に なっ た の 。
 890ええと 、 おすし に 、 メロン に 、 それから 、 アイスクリーム 。
 891日曜日 の 午後 か 、 月曜日 の 午前中 に 来 て 下さい 。
 892英語 、 あるいは 、 仏語 の 会話能力 が 要求 さ れる 。
 893机 と 椅子 と を 並べ て 下さい 。
 894机 や 椅子 を 並べ て 下さい 。
 895コーヒー か 紅茶 が いい と 思い ます 。
 896コーヒー も 紅茶 も 好き だ 。
 897これ を 見 て 下さい 。
 898それ は 何 です か 。
 899これ は 、 わが 社 の 開発 し た 最新型 の ワープロ です 。
 900あの 機械 は どこ の 社 の 製品 でしょう 。
 901あれ は 、 A社 の 自動翻訳電話システム です 。
 902これ は おたく の 製品 です か 。
 903これ は 、 うち の 系列会社 で 出し て いる もの です 。
 904どこ が 痛い の 。
 905そこ です 。
 906これ は 誰 です か 。
 907これ は 、 私 の 娘 です 。
 908それ は 誰 です か 。
 909あれ は 誰 です か 。
 910上 の 方 を 持っ て 、 こう ねじっ て 下さい 。
 911こちら を 見 て 下さい 。
 912バット は 脇 を 締め て こう 振り 抜く ん です 。
 913なるほど 、 そう する ん です か 。
 914田中さん は 、 英語 が 上手 だ そう です ね 。
 915ええ 、 僕 も あんな ふう に 英語 が 話せ たら と 、 いつも うらやましく 思っ て い ます 。
 916上 の 方 を 持っ て 、 この よう に ねじっ て 下さい 。
 917山田君 は 、 なかなか の 人物 です ね 。
 918僕 も そう 思い ます 。
 919僕 の 友達 に 酒好 という 人 が いる ん だ けど 、 この 人 は 名前 と 違っ て 、 一 滴 も お酒 が 飲め ない ん だ 。
 920だから 、 うち の プロジェクト は 、 かなり 実現 の 可能性 が 出 て き て いる ん だ 。
 921この プロジェクト に は 、 我々 も 参加 できる ん です か 。
 9221 年 ほど 前 に こんな こと が あり まし た 。
 923それ は 、 私 が 課長 に なっ て 浮かれ て い た 時 の こと です 。・・・
 924私 は 、 こう 考え て い ます 。
 925つまり 、 大学 で は 予算 の 関係 で 大型 の プロジェクト は 実行 でき ない 。
 926したがって 、 民間 の 活力 を 十分 に 活用 す べき な ん です 。
 927こんど みんな で キャンプ に 行か ない 。
 928それ は 、 いい ね 。
 929去年 の 夏 に 今戸 という ところ に 行っ て き た 。
 930そこ は 、 まだ 観光開発 が 進ん で い なくて 、 とても いい ところ だっ た 。
 931もし 、 10 年 前 に プロポーズ し て くれる 人 が い たら 、 その 人 と 結婚 し て い た でしょう 。
 932この カード は 、 会員 と その 家族 が 使用 でき ます 。
 933私 は 彼 の 作品 を 読ん で 、 その 才能 に 感嘆 し た 。
 934去年 、 確か 山田 の 家 に 行っ た なあ 。
 935あれ は 、 いつ の こと だっ た かなあ 。
 936高校 の とき 、 山田 っていう やつ が 3 組 に い た だろう 。
 937ああ 、 あいつ が どう か し た か 。
 938僕 の 友達 に 酒好 という 人 が いる ん だ けど 、 その 人 は 名前 と 違っ て 、 一 滴 も お酒 が 飲め ない ん だ 。
 939大学 で は 大型プロジェクト は 実行 でき ない 。
 940そう 言っ て いる 人 も いる ん です 。
 941キャンプ なら 、 今戸 という ところ は どう だい 。
 942そこ は 、 まだ 観光開発 が 進ん で い なくて 、 とても いい ところ だ よ 。
 943僕 は 、 3 時 の 新幹線 に 乗る けれど 、 君 は どう する 。
 944じゃ 、 僕 も そう する 。
 945太郎 は 、 神戸 の 出身 だ 。
 946花子 も 、 確か そう だ と 思う 。
 947太郎 は 風邪 を ひい た 。
 948クジラ は 魚 で は ない 。
 949ほ乳類 だ 。
 950彼女 は 私 の 方 を 見 た 。
 951私 を 哀れん で い た 。
 952君 、 あの 本 読ん だ 。
 953うん 、 読ん だ 。
 954あの 本 読ん だ 。
 955おもしろ そう だ ね 。
 956どう だっ た 。
 957男 が 入っ て き た 。
 958銃 を 持っ て いる 。
 959妻 に 出 て 行け と 言っ たら 、 ほんとう に 出 て 行っ て しまっ た 。
 960昨日 、 田中さん に 会い まし た か 。
 961ええ 、 会い まし た 。
 962彼 が この 事実 を 隠し て い た こと を ご存知 です か 。
 963知り ませ ん 。
 964山田 は 。
 965裕介 は どこ 。
 966誰 が 勝ち まし た か 。
 967山田 です 。
 968ご飯 食べ た ?
 969あれ 、 雨 降っ て る 。
 970これ 、 いくら です か 。
 971あいつ 、 どこ 行っ た の かな 。
 972田中 です けど 。
 973私 は ここ に い ます から 。
 974あなた も 行け ば 。
 975君 も 行け ば いい のに 。
 976行か なくて は 。
 977この 家 は 高い でしょう ね 。
 978だろう ね 。
 979田中 に 会っ た 。
 980忙し そう だっ た 。
 981田中 は いつも 忙し そう に し て いる 。
 982国境 の 長い 、 長い トンネル を 抜ける と 、 また 、 トンネル だっ た 。
 983寒い 、 寒い 。
 984これは 、 これは 、 おいそがしい のに 、 いらし て いただい て 。
 985いえ 、 いえ 。
 986どうも 、 どうも 。
 987その こと を 二人 は 延々 と 議論 し た 。
 988最近 レストラン が でき た とかいう 公園 に 二人 は 歩い て 行っ た 。
 989美しい 街 です よ 、 神戸 は 。
 990来 た 、 来 た 、 バス が 。
 991早く 行か なきゃ いけ ない ん だ 。
 992僕 、 もう やめ ちゃう けど 、 君 は どう する の 。
 993あ 、 間違え ちゃっ た 。
 994汚れ ちまっ た 。
 995噂 を 信じ ちゃ いけ ない よ 。
 996冗談 じゃ ない 。
 997いま 何 し て る の 。
 998ここ に 置い とく よ 。
 999ちょっと 、 急ぎ ます んで 失礼 し ます 。
 1000そりゃ いい 。
 1001そんな に やめ たきゃ 、 やめりゃ いい じゃ ない か 。
 1002太郎 は 荷物 を 軽々 と 運ん だ 。
 1003はい 、 これ 。
 1004花子 は 、 きのう 芝居 を 見 に 行っ た 。
 1005花子 は 、 きのう 芝居 を 見 に 行き まし た か 。
 1006ぜひ 、 芝居 を 見 に 行き なさい 。
 1007なんて 美しい ん だろう 。
 1008何だ 、 君 来 て い た の か 。
 1009よく 間 に 合っ た もの だ 。
 1010何 度 あきらめ かけ た こと か 。
 1011あっ 、 雪 。
 1012雪 ?
 1013おい 、 新聞 。
 1014まあ 、 きれい な 夜空 !
 1015あいたっ 。
 1016ちくしょう 。
 1017はい 。
 1018ふうん 。
 1019なるほど 。
 1020おい 。
 1021こら 。
 1022もしもし 。
 1023お早う ござい ます 。
 1024こんにちは 。
 1025おやすみなさい 。
 1026さようなら 。
 1027ごめんください 。
 1028失礼 し ます 。
 1029ありがとう 。
 1030ありがとう ござい ます 。
 1031すみ ませ ん 。
 1032おめでとう 。
 1033おめでとう ござい ます 。
 1034太郎 は がっくり と 肩 を 落とし た 。
 1035近く で 何 か 変 な 音 が し た 。
 1036これ は 僕 に は 目 の 毒 だ 。
 1037花子 は 相手 に 手 も なく ひねら れ た 。
 1038その 問題 に メス が 入れ られ た 。
 1039秘密 を 守る よう に 釘 が 刺さ れ た 。
 1040新聞 によると 、 東北地方 で かなり 強い 地震 が あっ た そう だ 。
 1041別に 君 が 行く 必要 は ない 。
 1042副将 ばかりか 大将 も 負け て しまい 、 決勝戦 に は 出 られ なかっ た 。
 1043ゴール に かけ込む やいなや 、 倒れ込ん で しまっ た 。
 1044読む こと は 読ん だ が あまり よく 理解 でき なかっ た 。
 1045疲れ た の だろう か 、 動き が 急 に 鈍く なっ た 。
 1046緊張 し て い た せい か 、 あまり うまく 話せ なかっ た 。
 1047東京 から 静岡 にかけて 大雨 が 降っ た 。
 1048きのう 、 3 時 から 4 時 にかけて 停電 が あっ た 。
 1049鈴木さん は 車 の 調子 が 悪い こと に 気づい た 。
 1050高津さん は 朝早く 起きる の が 苦手 だ 。
 1051花子 は 太郎 が その 店 に 入る ところ を 見かけ た 。
 1052鈴木さん は 車 の 調子 が 悪い の に 気づい た 。
 1053高津さん は 朝早く 起きる こと が 苦手 だ 。
 1054漢字 を 覚える の は 難しい 。
 1055部長 は 鈴木さん に 報告書 を すぐ に 提出 する こと を 命じ た 。
 1056病気 が 早く よく なる こと を 祈っ て い ます 。
 1057飛行機 が 飛ん で 行く の が 見え た 。
 1058太郎 は 花子 が バス に 乗る の を じゃま し た 。
 1059高津さん は 花子 が 太郎 と 話し て いる ところ を 見かけ た 。
 1060警察 は 犯人 が 銀行 から 出 て くる ところ を 捕まえ た 。
 1061この 事実 を 指摘 し た の は 鈴木さん だ 。
 1062太郎 が 勉強 し て いる の は 日本史 だ 。
 1063高津さん が 鈴木さん に 会っ た の は 東京 で だっ た 。
 1064花子 が 結婚 し たい の は 太郎 と で は なく 、 次郎 と だ 。
 1065あの 人 は 日本語 を 話す こと が できる 。
 1066この 路線 の バス は よく 遅れる こと が ある 。
 1067古代 の 歴史 を 勉強 し た こと が あり ます か 。
 1068今度 、 九州 に 転勤 する こと に なり まし た 。
 1069その 日 何 を し て い た か を 詳しく 説明 し なさい 。
 1070太郎 が どこ で 被疑者 に 会っ た か が 問題 だ 。
 1071太郎 が 被疑者 に 会っ た か 会わ なかっ た か が 問題 だ 。
 1072太郎 が 被疑者 に 会っ た かどうか が 問題 だ 。
 1073話合い が うまく いっ た かどうか 知り たい 。
 1074刑事 は 私 に その 日 何 を し て い た か を 尋ね た 。
 1075この 手紙 を 誰 が 書い た か は 明らか だ 。
 1076パーティー に 出席 する かどうか 知らせ て 下さい 。
 1077いつ 本当 の こと を 話す か が 重要 だ 。
 1078部屋 に は 誰 も い ない と 思っ て い た 。
 1079部長 は 鈴木さん に すぐ 帰る よう に 命じ た 。
 1080太郎 は 、 「 すぐ 行く よ 。 」 と 言っ た 。
 1081ここ に 、 「 本日 は 休み ます 。 」 と 書い て あり ます 。
 1082白書 は 、 経済 が 回復期 に 入っ た 、 と 指摘 し て いる 。
 1083政府首脳 は 、 今度 の 改革 が 成功 する と 考え て いる よう だ 。
 1084一行 は 関係者 に 、 価格 を 引き上げ ない よう に 要請 し た 。
 1085太郎 は 私 に 「 あした 、 あなた の 家 に 行き ます よ 。 」 と 言っ た 。
 1086太郎 は 、 次 の 日 私 の 家 に 来る と 言っ た 。
 1087太郎 は 、 これ は 大変 な こと に なっ た な 、 と 思っ た 。
 1088私 は 、 もう 少し ここ で 待と う 、 と 考え て い た 。
 1089花子 は 、 この 人達 は 何 を し て いる の だろう 、 と 思っ た 。
 1090高津さん は 鈴木さん に 仕事 を 手伝っ て くれる よう に 頼ん だ 。
 1091病気 が 早く よく なる よう に 祈っ て い ます 。
 1092大臣 は 、 何ら か の 責任 を 取る と 述べ た 。
 1093専門家 は 、 その 遺物 が 5 世紀 頃 の もの で ある と 推定 し て いる 。
 1094僕 は 、 花子 が 嘘 を つい た と 誤解 し て い た 。
 1095警察 は A を 犯人 だ と 断定 し た 。
 1096鈴木さん は A が 犯人 だ と 言っ た 。
 1097日本人 は 勤勉 だ と 思い ます か 。
 1098父 は いつも 新聞 を 読み ながら 朝食 を 食べる 。
 1099もし 不満 が ある なら 、 そう 言っ て ほしい 。
 1100言語学 の 研究 の ため に 留学 し た 。
 1101事故 の ため に 、 列車 が 2 時間 遅れ た 。
 1102時間 が あれ ば 、 出席 し ます 。
 1103時間 が あっ て も 、 金 が 無く て は 、 話 に なら ない 。
 1104この 計画 を 実行 する ため に は 、 みんな の かなり の 努力 が 必要 だ 。
 1105ここ は うるさい から 、 もう 少し 静か な ところ に 行き ましょ う 。
 1106考え て い た ほど 難しく なかっ た 。
 1107我々 が 何 度 も 申し入れ を し た にもかかわらず 、 責任者 から の 回答 は なかっ た 。
 1108私 が 16 だっ た とき 、 彼女 は まだ 7 つ でし た 。
 1109私達 は 、 私 が 大学 の 助手 に なっ た とき に 結婚 し まし た 。
 1110バス を 降り た とたん 、 土砂降り の 雨 が 降っ て き た 。
 1111試験 を 受ける 前 に 、 トイレ に 行っ た 。
 1112採決 が 終わっ た 後 で 、 大勢 の 人 が 反対意見 を 言い はじめ た 。
 1113休み に なっ て から 、 生活 が 不規則 に なっ た 。
 1114田中君 が いる あいだ に 、 一 度 、 泳ぎ に つれ て 行っ て もらい なさい 。
 1115夏休み が 終わる まで に 、 報告 に 来 て 下さい 。
 1116彼 が いる うち に 、 いろいろ 聞い て おき なさい 。
 1117雨 に なら ない うち に 帰ろ う 。
 1118会議 が 始まる まで 、 休ん で おこ う 。
 1119息子 が 修学旅行 に 行っ て いる あいだ 、 我が 家 は とても 静か だっ た 。
 1120太郎 は 、 風邪ぎみ だっ た ので 、 学校 を 休ん だ 。
 1121きょう は 水曜日 な ので 、 彼 は 来 て い ない はず だ 。
 1122当時 は あまり 女子学生 が い なかっ た ため 、 女子トイレ が 一 つ しか なかっ た 。
 1123彼 は 、 アメリカ育ち で ある だけに 、 英語 は お手のもの だっ た 。
 1124彼 は 心配 する あまり 、 寝込ん で しまっ た 。
 1125君 が あんな こと を 言っ た せい で 、 とんでもない こと に なっ た 。
 1126君 が 口添え し て くれ た おかげ で 、 商談 が とても うまく 行っ た よ 。
 1127あいつ が やめ た おかげ で 、 こっち は 、 二人 分 働かさ れ た 。
 1128腹 が 減っ て 、 口 も きけ なかっ た 。
 1129お金 が なくて 困っ た 。
 1130太郎 なら 、 さっき 駅 で 見かけ た から 、 もうすぐ こちら に 来る だろう 。
 1131約束 の 時間 に 遅れ て は いけ ない から 、 そろそろ 出かけ よう 。
 1132あまり 体 が 丈夫 じゃ ない ん だ から 、 少し 自重 し なさい 。
 1133少し おっちょこちょい な もの で 、 失敗 ばかり し て い ます 。
 1134用事 が あり ます から 、 失礼 し ます 。
 1135そんな 問題 、 簡単 な もの さ 。
 1136ぼく は 天才 な ん だ から 。
 1137ちり も 積もれ ば 山 と なる 。
 1138犬 が 西 向きゃ 、 尾 は 東 。
 1139風 が 吹け ば 桶屋 が もうかる 。
 1140努力 すれ ば 必ず 報わ れる もの だ 。
 1141彼 は 、 少し でも 金 が 入る と 、 いつも 、 それ を 博打 に 使う 。
 1142この 商品 は 、 涼しい 季節 に なる と 売り上げ が 落ちる 。
 1143この 仕事 が 終わっ たら 、 少し 休み ましょ う 。
 1144もし 誰 か 来 たら 、 すぐ に 知らせ て くれ 。
 1145書店 から 出 よう と し たら 、 知っ て いる 人 の 顔 が 目 に 入っ た 。
 1146花子 は 、 家 に 帰る と 、 すぐ に 友人 に 電話 を かけ た 。
 1147論文 を 提出 し た ところ 、 思いがけなく も 受理 さ れ て しまっ た 。
 1148もし 住民 が 一人 でも 反対 する なら 、 橋 一 つ でも 作り は し ない 。
 1149もし 彼 の 理論 が 正しい と すれ ば 、 大変 な こと に なる 。
 1150太郎 も 出席 する ん だ って 。
 1151太郎 が 出席 する なら 、 ぼく は 行か ない 。
 1152太郎 が 来る の か 。
 1153それなら 、 ぼく は 行か ない 。
 1154もし 、 私 が 鳥 で あれ ば 、 あなた の ところ に 飛ん で いける のに 。
 1155彼 が 来 なくて よかっ た 。
 1156もし 、 彼 が 来 て い たら 、 君 と 喧嘩 に なっ て い た かも しれ ない 。
 1157あの 薬 を 飲ん で い たら 、 いまごろ は たいへん な こと に なっ て い た ところ だ 。
 1158風 が 吹い て も 、 桶屋 は 儲から ない 。
 1159君 が 説得 し て も 、 太郎 は 応じ ない だろう 。
 1160上司 が 説得 し て も 、 鈴木さん は 応じ なかっ た 。
 1161時々 、 眼鏡 を かけ た まま 風呂 に 入る こと が ある 。
 1162出 て 行っ た きり 、 戻っ て 来 ない 。
 1163手 を つない で 歩く 。
 1164本 を 読み ながら ご飯 を 食べ た 。
 1165狭い ながら も 楽しい わが 家 。
 1166地図 を 手 に 目的地 を 探し た 。
 1167その 金 を 元手 に 商売 を 始め た 。
 1168私 が する よう に やっ て み て ください 。
 1169彼 は 、 これ まで 父親 に 言わ れ た とおり に 行動 し て き た 。
 1170私 が 思っ た とおり 、 彼 に は 最後 まで やり 抜く 根気 が なかっ た 。
 1171この 論文 は 2 度 読ん で み た けれども 、 理解 でき なかっ た 。
 1172何 度 も 説明 し た のに 、 理解 し て もらえ なかっ た 。
 1173彼 は その こと を 知っ て い ながら 、 隠し て い た 。
 1174彼 は 、 金持ち な のに 、 けち だ 。
 1175勉強 し なかっ た わり に 、 試験 の 成績 が よかっ た 。
 1176あいつ は 、 下手 な くせ に 、 人前 で 得意 がっ て 歌う 。
 1177田中 です けれども 、 山田君 い ます か 。
 1178彼 は 、 家 を 買う ため に 、 酒 も タバコ も やめ て 貯金 を し た 。
 1179よく わかる よう に 、 例 を 挙げ て 説明 し た 。
 1180運動不足 に なら ない よう に 、 毎日 ジョギング し た 。
 1181この 論文 を 完成 する の に 、 どれ くらい の 期間 が かかる でしょう 。
 1182彼 ぐらい 外国語 が うまく なる ため に は 、 大変 な 努力 が 必要 だ 。
 1183こんど の 日曜日 、 一緒 に 魚 を 釣り に 行き ましょ う 。
 1184息 が でき ない ぐらい 抱きしめ て ほしい 。
 1185この 問題 は 彼 に も 解け ない ぐらい 難しい そう だ 。
 1186死ぬ ほど 疲れ た 。
 1187あなた が 考え て いる ほど 、 難しい もの で は あり ませ ん 。
 1188もてる だけ 持っ て 行っ て 下さい 。
 1189やれる だけ やっ て み ます 。
 1190こう なっ た 以上 、 もう どう し よう も ない 。
 1191私 が 来 た からには 、 大丈夫 です 。
 1192彼 が いる 限り 、 私 は あの 会 に は 入ら ない 。
 1193十分 調査 を し た 上 で 、 この よう な 結論 を 得 た の です 。
 1194博士課程 に 進む より 、 修士課程 を 出 て すぐ 就職 する 方 が ずっと 有利 だ 。
 1195大学教師 は 給料 が 安い 反面 、 比較的 自由 で 、 自分 の 好き な こと が できる ため 、 自己実現 にとって は 、 よい 環境 に ある と いえる 。
 1196経済 が 発展 する につれて 、 社会 の 矛盾 も 拡大 し て き た 。
 1197あいつ は 俺 に 感謝 する どころか 、 おれ の 顔 に 泥 を ぬる よう な こと ばかり し て くれる 。
 1198ここ が 高津さん が 講演 し た ところ だ 。
 1199きのう 休ん だ わけ は 何 です か 。
 1200太郎 が 駅 に 着い た とき に は 、 既に 電車 は 出 て い た 。
 1201この 作品 で 新人賞 を 取っ た 鈴木さん は 、 現在 は 海外 を 旅行 中 だ 。
 1202太郎 は 、 人間関係 で 苦労 し て いる 花子 に 同情 し た 。
 1203不審 に 思っ た 私 は 、 責任者 に 問いただし て み た 。
 1204鈴木さん に 会う 前 に 高津さん と 相談 し て おい た ほう が よい 。
 1205小さな 商店 が 並ん で いる すぐ そば に 大きな スーパー が できる そう だ 。
 1206鈴木さん は 、 計画 が 中止 に なっ た という こと を 後で 知っ た 。
 1207高津さん が この 案 に 反対 し て い た という の は 間違い なさ そう だ 。
 1208全員 救助 さ れ た との 報告 が あっ た 。
 1209すぐ に その 問題 と 取り組む べき だ という 考え の 人 も いる 。
 1210この 計画 の 狙い は 何 か との 質問 が あっ た 。
 1211こんな こと を 続け て も いい の か という 疑問 が 絶えず 私 を 苦しめ た 。
 12123 日 以内 に 結論 を 出せ という 指示 を 受け た 。
 1213解説書 を 作成 する よう に という 依頼 が あっ た 。
 1214どれ を 優先 する か の 決定 は 、 今後 の 課題 だ 。
 1215この 企画 に 参加 する かどうか の 結論 は まだ 出 て い ない 。
 1216魚 が 焼ける におい が する 。
 1217誰 か が 近づい て 来る 気配 が し た 。
 1218子供 が 笑っ て いる 写真 が 置い て あっ た 。
 1219与党 が 単独 で 採決 し た という 例 は 少なく ない 。
 1220今 すぐ 代替エネルギー が 見つかる という 可能性 は 低い 。
 1221外国人 に 日本語 を 教える という 仕事 は 容易 な 仕事 で は ない 。
 1222太郎 に は 、 もの を 考える とき に 爪 を かむ 癖 が ある 。
 1223鈴木さん は 、 京都 で 生まれ 、 神戸 で 育っ た 。
 1224太郎 は 音楽 が 好き で 、 花子 は 映画 が 好き だ 。
 1225太郎 は 休ん だ が 、 花子 は 休ま なかっ た 。
 1226先日 お電話 し た 高津 です が 、 花子さん は いらっしゃい ます か 。
 1227先日 お電話 し た 高津 です が 。
 1228800 字 程度 の 要旨 に まとめ 、 住所 ・ 氏名 を 明記 し 、 事務局 に 申し込ん で 下さい 。
 1229太郎 が 文面 を 考え て 、 花子 が 清書 し て 、 次郎 が それ を 先方 に 渡し た 。
 1230太郎 は 小説 が 、 花子 は 詩 が 、 好き だ 。
 1231終日 雨 が 降っ たり やん だり し た 。
 1232太郎 は 、 芸術 の 才能 も ある し 、 スポーツ も 得意 だ 。
 1233締切 は 迫っ て いる し 、 体調 は 悪い し 、 一体 どう し たら いい の だろう 。
 1234晴れ の 日 も あれ ば 、 雨 の 日 も ある 。
 1235朝食 は 、 洋風 に し ましょ う か 、
 1236和風 に し ましょ う か 。
 1237花子 が 詩 を 作り 、 太郎 が 作曲 し た 。
 1238太郎 が 作曲 し 、 花子 が 詩 を 作っ た 。
 1239花子 が 詩 を 作っ て 、 太郎 が 作曲 し た 。
 1240太郎 が 作曲 し て 、 花子 が 詩 を 作っ た 。
 1241太郎 は 、 風邪 を ひい て 学校 を 休ん だ 。
 1242鈴木さん は 棒切れ を 使っ て 戸 を こじ開け た 。
 1243花子 は 手 を たたい て 喜ん だ 。
 1244太郎 は 来 なくて 、 次郎 は 来 た 。
 1245普通 の 人 が ほし がる もの は ほしく なくて 、 ほし がら ない もの が ほしい 。
 1246来 た の は 太郎 で は なくて 、 次郎 だっ た 。
 1247太郎 が 来 ない で 、 次郎 が 来 た 。
 1248太郎 が 来 ずに 、 次郎 が 来 た 。
 1249思い通り に いか なくて 、 関係者 は ハラハラ し た 。
 1250お金 が 払え なくて 困っ た 。
 1251あいつ が い なくて 、 よかっ た 。
 1252太郎 は 、 学校 に 行か ない で 、 家 で 遊ん で いる 。
 1253雪 が 降ら ない で 、 雨 が 降っ た 。
 1254太郎 は 、 予習 し ない で 授業 に 出 た 。
 1255高津さん は 、 泣か ない で トラック を 1周 する こと が でき た 。
 1256花子 は 音楽 を 聴き ながら 勉強 し まし た 。
 1257太郎 は きのう こちら に 着い た そう です から 、 明日 に は 会える だろう と 思い ます 。
 1258太郎 は 休み まし た が 、 花子 は 休み ませ ん でし た 。
 1259花子 が 詩 を 作っ て 、 太郎 が 作曲 し まし た 。
 1260鈴木さん は まだ 学校 に いる と 思う 。
 1261計画 は 中止 す べき だ という 意見 が 多かっ た 。
 1262その 本 は 少し 難しい から 、 この 本 を 先 に 読ん で み なさい 。
 1263太郎 は 長い 間 待っ た けれども 、 誰 も 姿 を 現さ なかっ た 。
 1264そこ に は 、 本日 は 休み ます 、 と 書い て あっ た 。
 1265その 本 は 少し 難しい です から 、 この 本 を 先 に 読ん だ 方 が いい と 思い ます 。
 1266私 は 長い 間 待ち まし た けれども 、 誰 も 姿 を 現し ませ ん でし た 。
 1267太郎 は 花子 の 方 を 見 た 。
 1268花子 は 懸命 に ノート を 取っ て いる 。
 1269さっき の いさかい の こと を 気 に し て いる 様子 は ない 。
 1270太郎 は ほっと 胸 を なでおろし た 。
 1271鈴木さん は 次 の 日曜日 に 運動会 が 行わ れる こと を 思い出し た 。
 1272太郎 は 図書館 で 借り た 本 を 紛失 し た 。
 1273今度 彼 に 会っ た とき に これ を 渡し て 下さい 。
 1274高津さん は 手紙 を 投函 する 前 に 、 もう 一 度 宛名 を 確認 し た 。
 1275花子 が 帰っ た 後 、 電話 が かかっ て き た 。
 1276会場 に 着い た とき に は 、 既に 宴会 は 始まっ て い た 。
 1277先日 受け取っ た 手紙 の 返事 を これ から 書か なけれ ば なら ない 。
 1278明日 の 朝 こちら を 出発 する から 、 あさって の 午後 に は そちら に 到着 する だろう 。
 1279鈴木さん は テレビ を 見 て いる 子供 に 早く 食事 を する よう に 言っ た 。
 1280徹夜 で 作業 を し て いる とき に 停電 に なっ た 。
 1281こちら が 入口 です 。
 1282来週 、 九州 に 出張 いたし ます 。
 1283鈴木先生 は 、 いつも お忙しい 。
 1284高津さん は 鈴木先生 を お宅 まで お送り し た 。
 1285天候 が 回復 し た 。
 1286天候 が 回復 し まし た 。
 1287昨日 、 神戸 に 到着 いたし まし た 。
 1288先月 から 神戸 に おり ます 。
 1289先週 、 東京 から 帰っ て まいり まし た 。
 1290鈴木 と 申し ます 。
 1291わたくし は 、 存じ ませ ん 。
 1292わたくし の 考え を 述べ させ て いただき ます 。
 1293母 は 先月 から 神戸 に おり ます 。
 1294弟 が 昨日 帰っ て まいり まし た 。
 1295鈴木先生 は 本 を お書き に なっ た 。
 1296高津さん は 考古学 に お詳しい 。
 1297鈴木先生 は その 問題 を 詳しく お調べ に なっ た 。
 1298鈴木先生 は その 問題 を 詳しく ご研究 に なっ た 。
 1299もう お帰り です か 。
 1300鈴木先生 は 中 で お待ち です 。
 1301高津さん は 何 を ご研究 です か 。
 1302鈴木先生 は その 問題 を 詳しく 調べ られ た 。
 1303鈴木先生 は 優しく て いらっしゃる 。
 1304高津さん は 有能 で いらっしゃる 。
 1305鈴木先生 は 優しい 方 で いらっしゃる 。
 1306鈴木先生 は お忙しい です か 。
 1307高津さん は 大変 お元気 だ 。
 1308鈴木さん は 高津先生 を お訪ね し た 。
 1309太郎 は 鈴木さん に 本 を お貸し し た 。
 1310お荷物 を お持ち し ましょ う 。
 1311花子 は 鈴木先生 に 結果 を ご報告 し た 。
 1312君 は 女 だ 。
 1313あなた は 女 よ 。
 1314これ は 何 だ 。
 1315これ 何 。
 1316これ 、 ちょっと 辛い よ 。
 1317様子 が 変 だ よ 。
 1318僕 は 、 学生 だ よ 。
 1319様子 が 変 よ 。
 1320私 、 学生 よ 。
 1321こっち へ 来い 。
 1322そんな こと を する な 。
 1323こっち へ 来 て 下さる 。
 1324これ 読ん で 。
 1325君 、 明日 の パーティー 出席 する か 。
 1326これ は 、 君 の かい 。
 1327ちょっと 、 そこ の 本 取っ て くれ ない か 。
 1328明日 の パーティー 出席 する ?
 1329ちょっと 、 そこ の 本 取っ て くれ ない ?
 1330君 も その 本 買っ た の か 。
 1331これ 、 誰 が 書い た ん だ 。
 1332あなた も その 本 買っ た の ?
 1333これ 、 誰 が 書い た の ?
 1334こんな 調子 で は 、 試験 に 落ちる ぞ 。
 1335おれ は 待っ て る ぜ 。
 1336困っ た わ 。
 1337変 な 人 が いる わ 。
 1338変 だ わ 。
 1339美智子 、 行く わ よ 。
 1340田中さん も 、 いらっしゃい ます 。
 1341明日 の 父兄会 出 て 下さる ?
 1342そんな こと 申し まし た ?
 1343夜おそく まで 話し込む 。
 13443 日 で 論文 を 書き上げる 。
 134530 キロ を 走り 抜く 。
 1346そんな こと で 騒ぎ立てる の は 大人げない 。
 1347いくら 読ん で も 読み 足り ない よう な 気 が する 。
 1348この 2 つ を 読み比べる と 、 作者 の 力量 の 違い が わかる 。
 1349明け方 まで 語り明かし た 。
 1350ここ で お降り の 方 は ボタン で お知らせ 下さい 。
 1351とても 変 だ 。
 1352日本 の 大学 は 入学 する の が 難しい の に対して 、 アメリカ の 大学 は 卒業 する の が 難しい 。
 1353鈴木 は 走り ながら 山田 を 追いかけ た 。
 1354私 は 鈴木 を 責任者 として 非難 し た 。
 1355私 は 山田 に 責任者 として 注意 し た 。
 1356田中 は 、 妹 に 自分 の 代理 として 会議 に 出席 し て もらっ た 。
 1357僕 、 あの パソコン 買っ た よ 。
 1358へえ 、 どこ で 買っ た の 。
 1359えっ 、 どこ で 買っ た って 。
 1360僕 、 買っ た よ 。
 1361へえ 、 何 を 買っ た の 。
 1362えっ 、 何 を 買っ た って 。
 1363山田さん は 、 変 な 人 だ ね 。
 1364山田さん は 、 そこ に いる よ 。
 1365山田さん は 、 10 月 生まれ だ よ 。
 1366山田さん は 、 東京 に 行っ た よ 。
 1367山田さん は 、 君 の 友達 だろう 。
 1368食事 の 用意 が し て ない から 、 どこ か で 食べ て 行こ う 。
 1369山田 は 神戸 に いる 間 に わから ない こと を 聞い た 。
 1370山田 が 神戸 に いる 間 に わから ない こと を 聞い た 。
 1371人口 が 増える こと によって 、 地域 が 活性化 し ます 。
 1372年齢 が 高く なる につれて 、 物覚え が 悪く なり ます 。
 1373山田 の 代わり に 出席 し た 。
 1374英語 を 勉強 する かわり に 中国語 を 勉強 し た 。
 1375かわり に 、 私 が 出席 し た 。
 1376山田 は 東京 へ 行っ た きり 、 帰っ て 来 なかっ た 。
 1377僕 は 山田 は 行か ない と 思う 。
 1378君 も そう 思わ ない か 。