コーパス概要 タグ 語の依存関係 文字列検索 ツリー検索
クレジット
English
ABC

      よくばり文字列検索について     Tree fragments 文字列検索

よくばり文字列検索

Liberal Character Mine Strict

僕 の 耳 [に] WORD P-ROLE PP-OB2 IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP-OB2 IP-MAT いつも それ が ユークリッド の ノーモン という 言葉 や 教理問答 の シモニー と[い]う WORD P-ROLE PP NP 言葉 の よう に 不思議 な 響き を 与え た aozora_Joyce-1914_12
彼 は 旅行中 だ から 家 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT い な[い] WORD NEG IP-MAT はず だ textbook_kisonihongo_621
直接 言え ば 済む わけ だ が 遠慮 も あっ て なかなか そう 簡単 [に] WORD AX ADVP PP IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT いか な[い] WORD NEG IP-MAT textbook_kisonihongo_669
これ は 神 の 子たち が 人 の 娘たち の ところ [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ [は][い]っ WORD VB IP-ADV-CONJ て 娘たち に 産ま せ た もの で ある bible_old_163
あなた は 子ら と 妻 と 子ら の 妻たち と共[に] WORD P-ROLE PP IP-SUB 箱舟 に [は]いり WORD VB IP-SUB なさ[い] WORD VB2 IP-SUB bible_old_184
「 あなた と 家族 と は みな 箱舟 [に] WORD P-ROLE PP IP-SUB [は]いり WORD VB IP-SUB なさ[い] WORD VB2 IP-SUB bible_old_191
ノア は 子ら と 妻 と 子ら の 妻たち と共[に] WORD P-ROLE PP IP-MAT 洪水 を 避け て 箱舟 に [は][い]っ WORD VB IP-MATbible_old_197
また 清い 獣 と 清く ない 獣 と 鳥 と 地 [に] WORD P-ROLE PP IP-REL 這う すべて の もの と の 雄 と 雌 と が 二 つ ずつ ノア の もと に き て 神 が ノア に 命じ られ た よう に 箱舟 に [は][い]っ WORD VB IP-MATbible_old_198
その 同じ 日 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT ノア と ノア の 子 セム ハム ヤペテ と ノア の 妻 と その 子ら の 三 人 の 妻 と は 共 に 箱舟 に [は][い]っ WORD VB IP-MATbible_old_201
すなわち 命 の 息 の ある すべて の 肉 なる もの が 二 つ ずつ ノア の もと [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ き て 箱舟 に [は][い]っ WORD VB IP-MATbible_old_203
その はいっ た もの は すべて 肉 なる もの の 雄 と 雌 と で あっ て 神 が 彼 [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB 命じ られ た よう に [は][い]っ WORD VB IP-MATbible_old_204
エジプト [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ [は]いろ WORD VB IP-ADV-CONJ う と し て そこ に 近づ[い] WORD VB IP-EMB た とき 彼 は 妻 サライ に 言っ た bible_old_307
アブラム が エジプト [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB はいっ た 時 エジプトびと [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-ADV-CONJ この 女 を 見 て たいそう 美し[い] WORD ADJI IP-REL 人 で ある と し また パロ の 高官たち も 彼女 を 見 て パロ の 前 で ほめ た ので 女 は パロ の 家 に 召し入れ られ た bible_old_312
その 翌日 モーセ が あかし の 幕屋 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ はいっ て 見る と レビ の 家 の ため に 出し た アロン の つえ [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-MAT 芽 を ふき つぼみ を 出し 花 が 咲い て あめんどう の 実 を 結ん で [い] WORD VB2 IP-MATbible_old_629
努め て 優しく 訓す よう [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV 云っ て も 捕り方 の 声 に 驚かさ れ て 転倒 し て いる 老人 の 耳 へ は それ が 素直 に [は]いりよう WORD N NP が な[い] WORD ADJI IP-MAT aozora_Kunieda-1925_31
「 毎年 初雪 の 降る 日 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT [い]つも WORD ADV ADVP-MSR IP-MAT お米さん は ご機嫌 が 悪く 浮か ぬ お顔 を なさ れ ます 」 aozora_Kunieda-1925_225
今度限り で 彼 の パーティー [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT いか な[い] WORD NEG IP-MAT つもり だ textbook_djg_intermediate_84
子供 だ からと言って 許す わけ [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT いか な[い] WORD NEG IP-MAT textbook_djg_intermediate_98
グローバル な 時代 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT 自国 の こと だけ を 考える わけ に [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT [い]か WORD VB IP-MATtextbook_djg_intermediate_287
これ 以上 金 を 貸す 訳 [に] WORD P-ROLE MD IP-SUB [は] WORD P-OPTR MD IP-SUB いか な[い] WORD NEG MD IP-SUBtextbook_djg_intermediate_362
手紙 が 戻っ て き た という こと は 彼女 は もう この 住所 [に] WORD P-ROLE PP IP-SUB [は] WORD P-OPTR PP IP-SUB い ない と[い]う WORD P-COMP CP-THT NP-PRD こと だ textbook_djg_intermediate_428
来週 は 期末試験 が ある から 今週末 は 遊ん で いる わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT textbook_djg_intermediate_506
親友 の 結婚式 だ から 出席 し ない わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT textbook_djg_intermediate_507
民家 の 屋根 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ [は][い]上がる WORD VB IP-ADV-CONJ など し て 2 キロ ほど 流さ れ た 所 で 建物 の 屋上 に 避難 でき まし た news_KAHOKU_95_76
へび が 家 の 中 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT はいずり込ん だ dict_vv-lexicon_2342
あの 先生 の 話 [に] WORD P-ROLE PP-LGS IP-MAT [は] WORD P-OPTR PP-LGS IP-MAT [い]つも WORD ADV ADVP-MSR IP-MAT 引き込ま れる dict_vv-lexicon_2529
私 の 心臓 は 鉛 で でき て いる けれど 泣か ず[に] WORD NEG IP-MAT [は] WORD P-OPTR IP-MAT い られ な[い] WORD NEG IP-MAT の だ 」 aozora_Yuki-1-2000_88
早く どこ か 室 ( へや ) の 中 [に] WORD P-ROLE PP IP-SUB [は]いり WORD VB IP-SUB た[い] WORD AX IP-SUB もん だ な 」 aozora_Miyazawa-1924_81
二人 は 帽子 と オーバーコート を 釘 ( くぎ ) [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ かけ 靴 を ぬい で ぺたぺた あるい て 扉 の 中 に [は][い]り WORD VB IP-MAT まし た aozora_Miyazawa-1924_107
二人 は 扉 を あけ て 中 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は][い]り WORD VB IP-MAT まし た aozora_Miyazawa-1924_149
しかし さっき 一 ぺん 紙くず の よう [に] WORD P-ROLE PP IP-REL なっ た 二人 の 顔 だけ は 東京 に 帰っ て も お湯 に [は][い]っ WORD VB IP-ADV て も もう もと の とおり に なおり ませ ん でし た aozora_Miyazawa-1924_221
いまさら 契約 を 解消 する わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT textbook_djg_advanced_127
社長 の 頼み と あっ て は 断る わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT textbook_djg_advanced_539
人間 の 身長 は 成長期 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV はいる と グングン 伸び て 行き ます が よく 伸びる 子ども [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-SUB 一 年 で 一〇 センチ も 伸びる と いわ れ て [い] WORD VB2 IP-MAT ます book_excerpt-3_8
夜(よる) [に] WORD AX IP-SMC なっ て も たれ も ねどこ に [は][い]ろ WORD VB IP-REL う と する もの も あり ませ ん aozora_Perrault-1950_14
戸棚 という 戸棚 へや という へや は どれ を あけ て みる こと も 中 [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB はいっ て みる こと も おまえ の 勝手(かって) だ が ただ ひと つ この 小べや だけ は けっして あけ て みる こと も まして はいっ て みる こと [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-SUB なら な[い] WORD NEG IP-SUBaozora_Perrault-1950_27
おまえ は よくも おもいきっ て 小べや の 中 [に] WORD P-ROLE PP IP-SUB [は][い]っ WORD VB IP-SUB た な aozora_Perrault-1950_78
よし そんな [に] WORD AX ADVP IP-ADV-CND はいり たけれ ば あそこ へ [は][い]れ WORD VB IP-SUB aozora_Perrault-1950_80
それ を 見 て は どう し て も 落ちつい て いる わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT aozora_Dazai-1-1940_108
先祖 が 守っ た 土地 を 自分たち の 世代 で 手放す わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT news_KAHOKU_84_34
黒い 雪袴 を はい た 二人 の 一 年生 の 子 が どて を まわっ て 運動場 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ はいっ て 来 て まだ ほか に だれ も 来 て い ない の を 見 て 「 ほう おら 一 等 だ ぞ 一 等 だ ぞ 」 と かわるがわる 叫び ながら 大よろこび で 門 を はいっ て 来 た の でし た が ちょっと 教室 の 中 を 見 ます と 二人 とも まるで びっくり し て 棒立ち に なり それから 顔 を 見合わせ て ぶるぶる ふるえ まし た が ひとり [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-MAT とうとう 泣き出し て しま[い] WORD VB2 IP-MAT まし た aozora_Miyazawa-1934_18
そこで 一 年生 は あるき出し まもなく 二 年生 も あるき出し て みんな の 前 を ぐるっ と 通っ て 右手 の 下駄箱 の ある 入り口 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は][い]っ WORD VB IP-MAT て 行き まし た aozora_Miyazawa-1934_106
それ は 返事 を し ない の で は なくて みんな は 先生 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV は いつ で も 「 お早う ござい ます 」 と いう よう に 習っ て い た の です が お互い に 「 お早う 」 なんて 言っ た こと が なかっ た のに 三郎 に そう 言わ れ て も 一郎 や 嘉助 [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-ADV-CONJ あんまり にわか で また 勢い が いい ので とうとう 臆し て しまっ て 一郎 も 嘉助 も 口 の 中 で お早う と [い]う WORD VB IP-EMB かわり に もにゃもにゃっと 言っ て しまっ た の でし た aozora_Miyazawa-1934_224
悦治 が それ を くぐろ う と し ます と 嘉助 が 「 おら こったな もの はずせ だ ぞ 」 と 言い ながら 片っぽう の はじ を ぬい て 下 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV おろし まし た ので みんな は それ を はね越え て 中 に [は][い]り WORD VB IP-MAT まし た aozora_Miyazawa-1934_376
耕助 は また びっくり し た よう [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV 木 を 見上げ まし た が 今度 は 三郎 は 木 の 上 に [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT [い] WORD VB IP-MAT ませ ん でし た aozora_Miyazawa-1934_660
うしろ [に] WORD P-ROLE PP IP-REL い た 一人 は すぐ 水 に [は][い]っ WORD VB IP-ADV-CONJ て 網 を かまえ まし た aozora_Miyazawa-1934_779
庄助 は まるで 落ちつい て 立っ て 一 あし 水 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV [は]いる WORD VB IP-ADV と すぐ その 持っ た もの を さ[い]かち WORD N NP の 木 の 下 の ところ へ 投げこみ まし た aozora_Miyazawa-1934_780
でも 芸術家 として 育つ [に] WORD P-CONN PP IP-REL [は] WORD P-OPTR PP IP-REL いい 環境 だっ た と 思[い] WORD VB IP-MAT ます ted_talk_10_4
もう 一 度 母 の 胎 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ [は][い]っ WORD VB IP-ADV-CONJ て 生れる こと が でき ましょ う か 」 bible_new_154
だれ でも 水 と 霊 と から 生れ なけれ ば 神 の 国 [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB はいる こと [は] WORD P-OPTR PP-OB1 IP-MAT でき な[い] WORD NEG IP-MAT bible_new_157
それ は 時々 主 の 御使 が この 池 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ 降り て き て 水 を 動かす こと が ある が 水 が 動い た 時 まっ先 に はいる 者 [は] WORD P-OPTR PP-SBJ IP-ADV どんな 病気 に かかっ て い て も [い]やさ WORD VB IP-ADV れ た から で ある 〕 bible_new_312
朝早く また 宮 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV [は][い]ら WORD VB IP-ADV れる と 人々 が 皆 みもと に 集まっ て き た ので イエス は すわっ て 彼ら を 教え て おら れ た bible_new_608
羊 の 囲い [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB [は][い]る WORD VB IP-EMB の に 門 から で なく ほか の 所 から のりこえ て 来る 者 は 盗人 で あり 強盗 で ある bible_new_848
イエス は また 激しく 感動 し て 墓 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は][い]ら WORD VB IP-MAT れ た bible_new_991
買い物 を 背負っ た まま で のそのそ 王城 [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT [は][い]っ WORD VB IP-MAT て 行っ た aozora_Dazai-2-1940_53
「 私 [に] WORD P-ROLE PP-SBJ IP-MAT は いのち の 他 に [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT 何 も 無[い] WORD ADJI IP-MAT aozora_Dazai-2-1940_232
「 いつ まで も 支援 [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB 頼る わけ に [は] WORD P-OPTR PP IP-MAT いか な[い] WORD NEG IP-MATnews_KAHOKU_51_71
世界 [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV [は] WORD P-OPTR PP IP-ADV いろ[い]ろ WORD ADJN IP-REL な 政治制度 が あり ます が わが 国 にとって は 議会制民主政治 が 最も すぐれ た 政治制度 で ある と 私 は 信じ て おり ます diet_kaigiroku-5_90
そして とく[に] WORD ADV ADVP IP-MAT 今 は どんな こと が あっ て も 正気 を 失う わけ に [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT の だ aozora_Harada-1960_123
そんな こと を 考え て いる 瞬間 [に] WORD P-ROLE PP-TMP IP-ADV 眼 を できるだけ 鋭く 窓 の ほう へ 向け た が 狭い 通り の むこう側 さえ 見え なく し て いる 朝もや を ながめ て い て も 残念 ながら ほとんど 確信 も 元気 も 取りもどす わけ に [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT [い]か WORD VB MD IP-MAT なかっ た aozora_Harada-1960_127
たとい 朝 の たった 一 二 時間 は 仕事 の ため [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV 使わ なかっ た にせよ 良心 の 苛責 の ため に 気ちがいじみ た 有様 に なっ て まさに その ため に ベッド を 離れ られ ない よう な 忠実 で 誠実 な 人間 が 使用人たち の あいだ に [は] WORD P-OPTR PP IP-SUB い ない と [い]う WORD VB IP-SUB の だろう か aozora_Harada-1960_161
そんな こと が 起こる 可能性 は みとめ ない わけ [に] WORD P-ROLE MD IP-MAT [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT の だ aozora_Harada-1960_174
わたしたち だけ で は グレゴール [に] WORD P-ROLE PP-CZZ IP-MAT ドア を 開け させる わけ に [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT [い]か WORD VB MD IP-MAT なかっ た でしょう aozora_Harada-1960_201
そうした 不快 な こと を 彼 の 現在 の 状態 [に]おいて WORD P-ROLE PP IP-MAT は いつ か は 家族 の 者たち に 与え ない わけ に [は] WORD P-OPTR MD IP-MAT いか な[い] WORD NEG MD IP-MAT の だ aozora_Harada-1960_501
あるいは 大変 な 労苦 も いとわ ず 椅子 を 一 つ 窓ぎわ へ 押し て いき それから 窓 の 手すり [に] WORD P-ROLE PP IP-ADV-CONJ [は]い上がっ WORD VB IP-ADV-CONJ て 椅子 で 身体 を 支え た まま 窓 に よりかかっ て [い] WORD VB2 IP-MATaozora_Harada-1960_613
昼 の あいだ は 両親 の こと を 考え て 窓ぎわ [に] WORD P-ROLE PP IP-SUB は いく まい と グレゴール は 考え て い た が 一 二 メートル四方 の 床 の 上 で は たいして はい廻る わけ に いか なかっ た し 床 の 上 に じっと し て いる こと は 夜なか で あっ て も 我慢 する こと が むずかしく 食べもの も やがて もう 少し も 楽しみ で は なく なっ て い た ので 気ばらし の ため に 壁 の 上 や 天井 を 縦横十文字 に [は]い廻る WORD VB IP-EMB 習慣 を 身につけ て [い] WORD VB2 IP-MATaozora_Harada-1960_651
実 の ところ 何 も 異常 な こと が 起っ て いる わけ で は ない ただ 一 つ 二 つ の 家具 が 置き変え られる だけ だ と グレゴール は 何 度 か 自分 [に] WORD P-ROLE PP-OB2 IP-ADV 言い聞かせ た にもかかわらず 彼 は まもなく みとめ ない わけ に は いか なく なっ た の だ が この 女たち の 出 たり 入っ たり 彼女ら の 小さな かけ声 床 の 上 で 家具 の きしむ 音 それら は まるで 四方 から 数 を 増し て いく 大群集 の よう に 彼 に 働きかけ 頭 と 脚 と を しっかと ちぢめ て 身体 を 床 に ぴったり と つけ て い た けれども おれ は もう こうした こと の すべて を 我慢 でき なく なる だろう と どう し て も 自分 に 言い聞かせ ない で [は] WORD P-OPTR IP-SMC [い] WORD VB2 IP-SMC られ なく なっ た aozora_Harada-1960_716
つまり 彼 が つい 一 二 時間 前 [に] WORD P-ROLE PP IP-REL は いつ でも じっと 見守っ て い た 居間 の ドア が 開け られ その ため に 彼 は 自分 の 部屋 の 暗がり の なか に 横たわっ た まま 居間 の ほう から は 姿 が 見え ず 自分 の ほう から は 明り を つけ た テーブル の まわり に 集っ て いる 家族 全員 を 見 たり また いわば 公認 さ れ て 彼ら の 話 を 以前 と [は] WORD P-OPTR PP IP-EMB まったく ちがっ た ふう に 聞い たり し て も よい と[い]う WORD P-COMP CP-THT NP こと に なっ た の だっ た aozora_Harada-1960_839
そうはいうものの そんな ふう [に] WORD P-ROLE PP IP-EMB はい廻っ た あと で [は] WORD P-OPTR PP IP-ADV-CONJ 死ぬ ほど 疲れ て しまっ て 悲しく なり またもや 何 時間 も 動か ない で [い]る WORD VB2 IP-MAT の だっ た aozora_Harada-1960_940
回転 を やり 終える と すぐ [に] WORD P-ROLE PP IP-MAT まっすぐ に [は][い]もどり WORD VB IP-MAT 始め た aozora_Harada-1960_1101